TUBE電力

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「中部電力」の項目を執筆しています。

TUBE電力株式会社(チューブでんりょく、TUBE Electric Power Co., Inc.)は、名古屋共和国および隣国日本岐阜県三重県長野県静岡県の一部を事業範囲とする電力事業者である。旧社名は中部電力株式会社(Chubu Electric Power Co., Inc.)。略称はチュー電(TU電)、管電。キャッチフレーズは、「とにかく電気を作る」。

ピュアオーディオ界では低域の音感に良くも悪くも評判があり、評価A+である。近年、画期的で特色ある発電方法で注目を集めている。

社名の由来[編集]

TUBE電力の「TUBE」は現在の取締役社長、菅直樹(かん なおき)の姓(菅→管)を英訳したもので、「中部」と掛け合わせている。現在の社名になったのは2000年のことである。

歴史[編集]

1950年に、全国10電力会社の1つとして設立される、以来上記地域に独占的に電気を供給してきた。当時の主力発電方法は言うまでもなく石炭火力発電であったし、それに対して特に疑いもなかった。

しかし1990年代から地球温暖化問題が叫ばれ始めると、他の電力会社と同じく当時の中部電力も発電方法の見直しを迫られるようになった。東京電力関西電力は、温暖化対策の切り札として発電時に二酸化炭素を出さないと謳われているが、危険な放射性廃棄物を出す原子力発電の普及に力を入れるようになり、中部電力も既存の浜岡原子力発電所以外の場所にも原発を建設しようとした。しかし、候補に挙がったいずれの地域からも激しい反対に遭い、徐々に東電や関電に遅れをとるようになってきた。そして世間からも、「環境対策に積極的でない電力会社」と評価されてしまった。中電の地球温暖化対策は行き詰まりをみせていたのである。

2000年に社長に就任した菅は、かねてからその状況に危機感を持っていた。そこで、火力発電の改良や再生可能エネルギー、それも既に世に出ていた太陽光発電や風力発電とはまた違う、それまで誰も考えたことがない(あるいは考えられていても実用化できないと思われている)、常識を覆す発電方法を開発し、最も環境にやさしい電力会社を目指すこととなった。

社員からの懐疑的な声がありつつも、下記に取り上げたような新発電方式を導入していった結果、みるみるうちに温室効果ガスの排出は減少。一昔前とは一転して環境負荷の少なく、安全な電力会社として話題になった。ついでに社員の給与も少し減らし、利益の大幅な増大に成功したのである。

発電方式[編集]

水力発電
195ヶ所の発電所がある。全てを書き記したいがそれを書くには余白が狭すぎる為、省略とする。
火力発電
11ヶ所の発電所がある。全てを書き(ry
原子力発電
浜岡原子力発電所1ヶ所で行われている。時々新聞の全面広告で「地球にやさしい発電」と謳って理解を求めている。さらにCMでも、ストレートに原発の必要性を訴えるようになったが、2011年3月に東北地方太平洋沖地震が発生し、東京電力福島第一原発で事故が発生したことで一気にトーンダウンした。CMはお蔵入りになったとみられる。
ドラゴン火力発電
石炭、石油方式に代わる新たな火力発電の方式。ヨーロッパから輸入してきたドラゴンを使い、ドラゴンが吹く炎でタービンを回して発電する。ドラゴンを使うのは世界的に見ても珍しく、もちろんTUBE電力が最初である。同じ電力量あたり温室効果ガス排出量は石炭火力発電の約10分の1に減らすことに成功した。ただし、ドラゴンのえさにそれなりのコストがかかる上、火を使うため今後は徐々に下記のデンキウナギ発電にシフトしていくもよう。
ただし、名古屋共和国の国策会社中部日本新聞社の意向により廃止まではできない様子…。
デンキウナギ発電
養鰻場で何匹ものデンキウナギを飼育し、そのデンキウナギの発する電気を集めて送電する。従来の化石燃料による発電が熱エネルギー→電気エネルギーの変換を必要としていたが、この発電方法では直接電気エネルギーを取り出すので、ロスが大変少なく(発電効率98%以上)、同じ電力量あたり温室効果ガス排出量は石炭火力発電の実に約1000~2000分の1、原子力発電の約50分の1と非常に少ない。現在、さらに発電所の増設を目指している。
浜松では増産体制を模索中。
発電
雷の電気を集めて発電する方法。デンキウナギ発電と同様、直接電気エネルギーを取り出せるが、雷が起きないと発電できない、熟練者でも発生位置の予測が難しい、集める場所が限られるなどの問題がある。
人力発電
オフィスで働く社員の運動不足解消のため、社長命令で長い間実験レベルの域を出なかったこの発電を遂に実用化した。休み時間に、誰もが一度は見たことがあるであろう発電装置付きの自転車を漕いでオフィスで使用する電気をまかなう。人が食事で得たエネルギーもきちんと利用。こうして社内の経費を浮かせることもできて一石二鳥。もちろん、社員は不満に思っているが。この発電は公式サイト等では公表されていない。他の電力会社も導入している。

関連事業[編集]

デンキウナギバイの販売
役目を終えたデンキウナギを有効活用すべく、静岡名物うなぎパイをヒントにしてデンキウナギをパイにしたもの。百貨店やスーパーで販売中。噛むと口の中で少しピリっとするらしい。本家のうなぎパイ業者からは「まさにパクリの街、名古屋の象徴だ」と不満を漏らしているが気にしていない
購入した消費者の口に入ってエネルギー補給。こうして発電から食用まで、緻密かつ無駄のないエネルギーサイクルを実現した。

関連項目[編集]


NRV remove.gif 第1回ノー削除デー作成記事
本項は記念すべき第1回ノー削除デーに作成されました。
Uporg659371.jpg 株式会社中部電力は資本金が不足しています。
増資をしていただける投資家の方を募集しています。
(Portal:スタブ)