中部

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「中部」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「中部地方」の項目を執筆しています。

中部(ちゅうぶ)

  • 中央の部分のこと。
  • 静岡山梨長野新潟富山石川福井岐阜愛知を総称した地域。下記ではこれを説明する。その範囲は非常に曖昧であり、東日本であるか西日本であるか判別が難しいことから、一部の過激派は「中部地方など存在しない!!」と訳の分からない主張を押し通している。北陸、東海と呼ばれることがある。
  • 東京大阪を結ぶ管(TUBE)。
Disambiguation
このページは人間の頭がごちゃごちゃになるのを回避するための項目です。この項目を見た場合は、すばやくここからリンクされている別のページに移動した方が、頭のためになります。ここへリンクしているページがありましたら、他の人の頭をショートさせないためにも、ここから案内される各々のページへリンク変更をしてください。

概要[編集]

嘘と偽りでいっぱいの八百科事典では、妄想に取り憑かれた利用者によって、中部各県は滅茶苦茶に弄くり回され、日本未承認の大豊田連邦立山連邦などのいかがわしい国家のようなものが乱立し、見るも無惨な姿に変わり果てていることは衆目の知るところである。

その一方、石頭の百科事典によると、中部地方にはの9県が含まれ、これが「もっとも一般的な区分」として紹介されている。しかし、一般人の感覚とはほど遠いものとなっている。

地域性の異なる県を仕方なしに寄せ集めた地域であるため、まとまりに欠けており、道州制議論でどの州に加わるかどうかで意見が割れることが多々ある。山梨県伊豆県は中部から離脱し関東への加入を模索しており、福井県嶺南地方にいたっては、近畿地方である滋賀県へ編入している。

北陸から疎まれる新潟県[編集]

北陸地方では、古くから北陸首位の座を巡って新潟市金沢市の対立が続いていた。新潟市が政令指定都市に昇格したことで大きく水をあけられる格好になった金沢市は、中越地方と上越地方の独立運動を煽り立て、新潟県のうち、中越地方を魚沼県として、上越地方を頚城県として分離させることで、新潟市と下越地方を東北に追いやることに成功した。

引き裂かれた長野県[編集]

長野県は、長野市松本市の太古から連綿と続く根深い対立関係に悩まされていた。長野県の歌である「信濃の国」によって辛うじて団結を保ってきたが、長野松本戦争(信州ダービー)の勃発によって、ついに長野県は真っ二つに分断され、中信地方と南信地方が筑摩県として独立した。さらに、東信地方が長野県からの離脱に成功し、新たに佐久県が発足した。その後、残った北信地方は頚城県へ編入され、長野県は跡形もなく解体し、地図の上から完全に消え失せることとなった。

名古屋共和国の脅威[編集]

東海地方では、愛知県が名古屋共和国として日本から独立、名古屋市を中京都(ちゅうきょうと)と改め、名古屋共和国の首都を置いた。

名古屋共和国は東海併合政策によって三重県北勢地方・岐阜県美濃地方・筑摩県木曽地方を併呑し大豊田連邦を樹立した。これにより、北勢地方はイオン共和国に、美濃地方と木曽地方は長良共和国になり、岐阜県庁は高山市への移転を余儀なくされた。

さらに大豊田連邦は、東三河地方と遠江地方が合併して成立したばかりであった浜松県の併合を押し進め、これに筑摩県の下伊那地方を加えて天竜川共和国を設置した。しかし、これ以降の領土拡大は実現しておらず、大豊田連邦・名古屋共和国の力を以てしても中部地方全土をまとめ上げることは困難であると思われる。

結果、東海とは?[編集]

静岡県浜松県大豊田連邦三重県岐阜県筑摩県伊那地方が東海である。

関連項目[編集]