中華料理

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「中華料理」の項目を執筆しています。

中華料理(ちゅうかりょうり)とは、中国料理を基にして生まれた中国風日本料理である。

概要[編集]

記念日が作られるほど中華料理は日本人に愛されている。

かつて日本において「渡来したもの」は一段上の物として扱われることが多かった。舶来品であれば何でも高級品となり、海外から来たのだから価値が高いはずだ、と皆が思っていたのである。例えばバブル期には、日本円で換算すると(関税などを考慮しても)千円程度で買えるはずの安いウィスキーを、「舶来品」というだけで一万円近くで販売することも普通だった。更にそれを店で飲ませる場合、うっっっっすい水割り一杯がこれまた一万円するなんてこともあったのだ。あんなもんもう水割りじゃねぇよ水だよ

そこに目を付けた食品産業関係者が「香辛料を大量に使う→エスニック料理」「カレー粉を使う→インド料理」「カロリーの塊→アメリカ料理」という形で次々と他国の名前を当てはめた料理体系を構築していった。そのなかでも戦後引揚者が伝えた中国料理をアレンジした中国風料理に「華やかさ」をプラスして作り上げたのが中華料理である。

定義は厳しくなく、とにかく「中国的な要素」があればそれで中華料理となる。冷やし中華など「麺が中華麺」というだけで中華とついているが、何の問題もない。主な要素としては「中華鍋を使う」「カラフルな炒め物」「基本的に大皿」「牛脂や胡麻油など癖の強い油を多用する」などが揚げられる。極端なところでは「名前が漢字」というだけで中華料理扱いされることもある。

中国料理との主な違い[編集]

食材
中華料理で使用される食材は中国料理と同じく多岐に渡るが、中国料理の主要食材である人肉段ボールなどは用いない。[1]一時期中国の食品メーカーが自国向けの段ボール肉まんを日本に輸出してしまったことがあったが、激しく不評であった。
味付け
中国料理は基本的に塩味が多いが、中華料理は日本料理なので醤油が多い[2]。醤油味が基本なのでほとんどが白飯と相性がいいのが特徴である。
サーブ方法
中国料理はコース制が基本であり「前菜→スープ→メイン料理→その他料理→麺飯類(シメ)」となるが、中華料理はそこまで厳密ではなく大皿でドンと出てきて各々が取り分けて食べる。
マナー
中国料理では麺などを啜ってはいけないし、すべて食べきると「卑しい」と思われてしまうので少しずつ残すのが礼儀。しかし中華料理の場合は音を立てて麺を啜ってもいいし、出された料理は食べきるのが作り手への敬意である。完食は一番身近なエコロジー、キレイに食べきって心もいっぱいにするべきなのだ。

中華料理の一例[編集]

麻婆春雨
中国料理の麻婆豆腐をアレンジしてつくった春雨料理。出来立てをすぐに食べないと、春雨がスープを吸い尽くしてしまうというスピード勝負の中華料理である。これは中国にも輸出され、「螞蟻上樹」という名前で広く食べられている。
焼餃子
中国本土の「水餃子」から派生したといわれているが、それは誤りであり「形が似ている」ということで名づけられた。そもそも水餃子用のモチモチした皮は焼くのに向かない。どちらかといえば春巻きの親戚である。最近では進化して羽根が生え、各地の食卓で親しまれている。
酢豚
引揚者が広東でレシピを仕入れた甘酢あんに、安価で手に入った豚肉の唐揚げを混ぜたもの。彩に多くの野菜を入れるが、これはあくまで見た目上のためであるため火がちゃんと通っていないこともある[3]。これも中国にわたり「古老肉」という名前で親しまれている。
マンゴープリン
イギリスから香港に渡ったものを「ファンロード」のゲゲボツアーに参加した日本人が広めたもので、中国本土には日本から紹介されたスイーツ(笑)。厳密には中華料理でも中国料理でもなくイギリス料理だが、そこには誰も触れないことになっている。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

脚注[編集]

  1. ^ これらは癖が強すぎ、日本人の口に合わないからである。
  2. ^ ただし中国で広く愛されている毛醤油は、日本では入手できないため使わない。
  3. ^ たまにパイナップルが紛れ込むこともあり、これを許すか否かで激しい論争が巻き起こっている。

関連項目[編集]


Maiale.jpg この中華料理スブタです。まだ食材しか揃っていませんので、食べられません。じっくり美味しく料理して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)