中日新聞

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

中日新聞(ちゅうにちしんぶん)とは、名古屋共和国首都名古屋市に本社を置く地方向け梱包材である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「中日新聞」の項目を執筆しています。

名称[編集]

名称の「中日」は「中部日本」(Central Japan)とされるが、実際には「世界の中心=名古屋」(名古屋天動説)思想に基づき、その中核を担う新聞として名づけられたものである。「日」は日本のそれと同じく、「日が昇るところ()=世界の始め」という優越思考を意味している。

よって、いくら反日反米媚中の記事に満ちているからといって、朝日新聞 (ちょうにちしんぶん)の「朝日友好」姿勢同様、「中日友好」を図る新聞の意味だろうなんて失礼な誤解をしてはいけない。中国に技術移転等の朝貢貿易を行っている「トヨタ様」はじめ製造業でようやく食べている共和国民のプライドをどえりゃー傷つけ、敵に回すことになる。

地域主権国家・名古屋共和国内で中日新聞は、ソ連における「プラウダ」のようなもので、共和国民が読んでいることは当然のものであると見られている。その購読率は共和国内で70%以上、周辺の岐阜県滋賀県(若狭を含めて湖西を除く)や三重県(含東牟婁郡)でもこれに近い状況である。理由は、一見他紙と大して変わらない一般記事では無く、地方記事や大量の折り込み広告つきカラー梱包材(以下めんどくさいので折り込み広告)であるといっていい。折り込み広告を読んでいない者は、この国に住むと大損するため、皆が否が応にも読み、ついでに一般記事もチラ見して「共和国民としての反日的常識」も身につけることになる。

国民が読むのは当然である以上、中日新聞は購読者を獲得する為のコストを使う必要も無い。粗品もカレンダー程度である。そんな物に金を使って何とか生き延びているのは、反日ぶりが中日新聞に劣る日和見左翼の朝日新聞や、中道右派の読売新聞である。一番右の産経新聞なんか、お客が頼んでも新聞販売店が配達を断るほどで、だからますます情報鎖国は続いていく。名古屋共和国民に、共和国外の日本での新聞勧誘の話をすると、常識外なのか不思議がられることも多い。つーか、海外どころか、共和国外で起きていることについてだっても、無関心で知らないんじゃないの?知らなきゃ腹が減るわけじゃないからね。

前述したように、「尾張版」とか「地域版」の記事は豊富である。ここへ生涯に1回は、名古屋共和国民たるもの載るのが当然とみなされている。

デイリー梱包材出荷ランキングでは、グループである東京新聞を含むと約350万部となり、読売新聞(約1000万)、朝日新聞(約800万)、毎日新聞(約400万)に次ぐ4位。日本経済新聞(約300万)より上である。なおここ(公称550万)を含むと5位だが大人の事情により除外する。

歴史[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

紙面[編集]

まず1面だが、最近は見出しの文字が大きくなっている。これは読者の目を引くための工夫である。しかし見出しを大きくすることで記事の分量が減り、1つの視点からしか物事を報道しなくなったようである。日本の愚民化教育にも一役買っていると言える。

政治面は、(自由のない民主党の機関紙である。岡田克也など近隣県の民主党有力議員のことは大好きな、地域密着型の新聞である。ちなみに愛知県出身の海部俊樹自由民主党議員であったことから、扱いは半端であった。

「中日」新聞なので、中共人参政権に大賛成なのは言うまでもない。

地域主権国家名古屋共和国与党民主党の機関紙として、真実を伝えずに共和国民の不安をいたずらに煽ることは責任ある報道とは言えない。よって、たとえば、仙石「文化大革命」→「文化的な革命だ」、小沢「人民解放軍」→「人々を開放する戦い」のように、与党の真意を共和国民に正しく報道し、「ここ中国の朝貢国なんかじゃない、独立国だ」と、共和国民に安心感を与えている。

社会面では、最も注目を集めているのは3コマ漫画の「ほのぼの君」である。この漫画が休載となると、かなり大きな面積を割いて休載の案内を行う。面積を比較すると、アンディ・フグの訃報と同じくらいである。しかし、今では「ちびまる子ちゃん」に交代した。これは密かに、今川義元の領土を名古屋共和国に取り込む事を目的にしているとも噂されている。新しく連載する漫画をめぐり論争がおき、まず浜松県に地盤を固めるべきだとする「苺ましまろ」派と、今川義元の領土を網羅する為に静岡県まで地盤に入れろという「ちびまる子ちゃん」派で社内は真っ二つに割れた。しかし、最終的に団塊世代が「苺ましまろ」を知らないことがわかり、この論争は「ちびまる子ちゃん」派が勝利した。

スポーツ面では記事の面積を比べてみると、松井秀喜松坂大輔と、中日ドラゴンズの新人選手堂上直倫や平田良介がほぼ同じ扱いを受けている。このあたりは、東京人の感覚との乖離が著しいと言える。

最近の中日新聞の調査によると、「背番号1と背番号3といえば?」という質問に95%の人が「福留立浪」と答えた、とされている。長嶋茂雄王貞治(ON)時代の栄光を知らない人々が多く、名古屋が閉鎖的社会だといわれる要因の一つとされている。あるいは知っていても、反巨人党に属するため無視しているとも考えられる。

また、最近では「T.ウッズといえば?」という質問に88%の人が「タイロン・ウッズ」と答えたとされている。一般的には「タイガー・ウッズ」と答えるため、これも名古屋が閉鎖的社会だといわれる要因の一つとされている。

そんなローカルチックな同新聞であるが、稀にヒット作を飛ばして全国的に熱狂的な支持を受けることもある。以下のものとか。


柳沢、沈痛 目うつろ 好機にFW金縛り
日本―クロアチア 後半、決定的なシュートを外し顔を覆う柳沢(AP=共同)
声はか細く、目はうつろ。柳沢は試合後、沈痛な面持ちで、この日最大の決定機を振り返った。
「ぼくのシュートチャンスはあの一本だけだった。急にボールが来たので。 足の内側でければよかったが、外側でけってしまった」
悔やんでも悔やみきれない。後半6分、加地が右サイドから送った低いセンタリングを痛恨のシュートミス。目前にあったゴールの枠さえとらえることもできず、ボールは力無く右へそれた。日本の決定力のなさを象徴するシーンだった。
好機はありながら、初戦に続き頼みの2トップが沈黙。柳沢とコンビを組んだ高原は、それでも気丈に言った。
「チームとして何回かいい形ができた。全体的にミドルシュートを打ったし、クロスもあった。初戦も良かったが、それが90分できなかった」
しかし、展開がどうあれ、わずかなチャンスに賭け、それを生かすのがFW本来の職責だろう。
1回のミスが命取りになる守備陣に比べ、90分の間に1点でも決めれば御の字。ストライカーという高度に専門化されたポジションでは、こうした独善的な思考が気持ちの余裕を生む。
W杯に集結した世界トップクラスのFWを見れば分かる。襲い来る敵の動きを逆手に取ったり、GKのタイミングをずらしたり。人を食ったようなふてぶてしさと冷静さを併せ持つ。ジーコ監督就任後の4年間、練習で最も力を注いだのがシュートだったが、相変わらず「早く足を振り抜きたい」という焦りは収まらない。「なかなか落ち着いてプレーできなかった」。柳沢の嘆きに触れ、世界との歴然とした格差を思い知った。
(2006年06月19日)中日新聞 (小杉敏之)


間違いなく、中日新聞史上最も有名な文面であろう。

関連項目[編集]