中日ドラゴンズ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

中日ドラゴンズ(ちゅうにちどらんごず)は、名古屋に住む著名な大群である。この地の民にとっては日中古来の竜同様、「神聖」なものとされている。

歴史[編集]

古代中国には御竜氏(ぎょりゅうし)という竜を統率する官職があり、唐の楊貴妃が熱田神宮の女神さまになったときに御竜氏の矢沢家・星野家・落合家などがお供として随身したのを以て創始としている。

織田信長今川義元を斬り殺した桶狭間の戦の時に、熱田神宮の竜群が信長を援護し、感謝した信長が信長塀を奉納した歴史に因んで、竜を祭神とした。この歴史から、今でも愛知県(名古屋清須など)と静岡県(静岡清水など)は非常に仲が悪く、愛知県民は静岡県に陰湿な虐めを繰り返しており、対する静岡県民は「義元を伐った尾張とは一緒になるな!!」を合い言葉にしている。今でさえ、「水戸彦根は和解できても、尾張と駿河は和解できない」「会津長州なんて、まだ甘い」とまで言われている。実際に、和解できない敵対関係の代名詞になっている「会津と長州」も所詮145年であり、「駿河と尾張」はその3倍で453年が経っても和解できていない。まあ、駿河と尾張の双方に顔が利く水戸が仲裁に入らない限り、駿河と尾張は和解できないだろう。一方、静岡県民が「尾張の仲間は駿河(るが)じゃなくて敦賀(るが)だろ!」って言う通り、尾張と若狭は仲が良く、両地域とも琵琶湖京都が大好きな地域である。

外道戦記に「人は竜と一体であった時がある」と記されたように、大男集団と共によく抗争を繰り広げている。昔は御竜氏の末裔星野備前守仙一が必要以上に奮闘し、燃える男といわれ人気を博した。なお昨今は、「竜虎の戦い」という言葉に象徴される通り、諍いの対象を摂津の虎集団にも広げている。

先々代の御竜氏末裔、髙木美濃守守道は、長年にわたって竜に仕えた譜代の老臣である。三代前の落合出羽守博満(後の出羽入道)は「俺竜」と呼ばれる独創的な方針で決闘を行い、だいたい好成績を残したが、諸々の事情で追われた。老臣の髙木が再登板したのは、譜代に波風を立てない繋ぎ役を期待されたといわれる。とか言ってたら突然出羽守が補佐で戻ってきて代わりに外様でありながら譜代以上の功績を上げていた谷繁備後守元信が決闘者兼御竜氏となった。 しかし、備後守の下では振るわず備後守は休養という名目で追放され、代わりに長年出羽守の軍師を務めていた外様衆である森上総介繁和が御竜氏に就任した。


2010年には、何故か万年中位の名古屋様と共に優勝と、気がつけば誰も望んでない「今年のスポーツは名古屋だぎゃあ!」となってるんだが…。

近年の概要[編集]

2006年

この年は春先の井端を除いて大体の主力選手が無双状態となり、リーグ最高打率・最優秀防御率・最多得点・最少失点の四冠を達成。特に福留、ウッズの250打点コンビは圧巻であった。なお、優勝の掛かった試合において、日本テレビはそれを妨害した。その理由について「読売ジャイアンツの目の前で胴上げをしたくはなかった」と説明。それが日本テレビへの焼豚の反感を得てしまった。

日本シリーズは無双状態で臨んだものの、タレント気取りピッコロ大魔王らに全部持ってか行かれ、わずか1勝しかできず敗北。

2007年
中日53年ぶりの日本一の瞬間。

中日ドラゴンズは1954年、球団名称を名古屋ドラゴンズからスポンサー名を反映した現行名に変えた年に西鉄を撃って日本シリーズ制覇を果たして以来、1974年(読売ジャイアンツの10連続優勝阻止)、1982年、1988年、1999年、2004年、2006年と優勝を何回もしてきたにもかかわらず、なぜかパ・リーグを一回も打ち倒すことが出来ない球団に成り下がっていた。2004年に消滅した大阪近鉄バファローズ(日本一の記録なし)を除けば、いつの間にか全球団中最も日本一の地位から離れた球団になっていたのである。

しかし、最後の日本一から53年経った2007年、落合出羽守博満が執念4年目にして、接戦となったペナント戦で巨人に負けた悔しさで頭を丸めて(出家して)奮起したこともあり、史上初めて「セ・リーグ制覇をせずに日本一」を果たし、しかも日本一を決めた試合では神の悪戯か「継投で完全試合」なんていうとんでもない記録までも立ててしまった。名古屋における「事実は小説より奇なり」といえるだろう。

日本球界の罰ゲームであるアジアシリーズ2007においては、韓国SKワイバーンズに、日本の出場チームとして史上初めて敗北を喫し、アジア野球史に名を残すこととなる。 その他の代表チームにもはじめは苦戦するが、なんとか乗り切って決勝へ進出。ワイバーンズとの再戦となった決勝でも、終盤まで苦戦するが勝利し、日本球界の面子は何とか保てた。 てか、ウッズ川上憲伸がいないのに全勝しろとは無茶言うなって話。

2010年
2010年日本シリーズの中継。地元でこの扱いだった。

2010年、中日は一時首位の読売に8ゲーム差をつけられた。

しかし読売は去年まで3連覇していて天狗になっていたためキャンプでまじめに練習をしてなかった。そのため後半戦で選手たちがへばっってしまい投手陣が崩壊。おかげで阪神タイガースと中日も首位争いに加わることになった。結局、読売は1番最初に首位争いから脱落。

阪神タイガースも、最終的には真弓明信監督の藤川球児酷使のおかげ9回に[3-1]から村田修一に3ランを打たれ、ダントツ最下位のベイスターズに大逆転負け。次の試合からは1回でも負けたら優勝を逃すという崖っぷちの状態にも関わらずカープに[0-5]であっさり負けてたため中日の優勝が決まり、中日は最終戦でヤクルトに負けたのに落合指揮官を胴上げさせられるという屈辱を味わった。 CSでは、対戦相手がナゴヤドームを超苦手とする読売だったこともあり、あっさり連勝して日本シリーズ進出を決めた。

日本シリーズでは千葉ロッテマリーンズと対戦することとなった。しかし、全国的には不人気球団同士の組み合わせだったため、テレビ中継は極端に貧弱な体制にさせられてしまう。 ロッテに対し韓国の弱小おやつメーカと舐めていたことにより、苦戦を強いられてしまう。ナゴヤドームで行われた第6・7戦では合計10時間以上に及ぶ無駄に長すぎる熱い戦いを見せるも最終的には、ロッテに敗北し初の3位からの日本一という歴史的瞬間に立ち会うことができましたとさ。めでたしめでたし。

ちなみにこの年、奇しくもAKB48とSKE48の主力メンバー2名(前田、大島、W松井)の4名(と同姓の選手)が同時在籍していた。前田より大島のほうが露出が多いところも同じである。それぞれ前田章宏の姉、大島洋平の妹、というのはウソである。

2011年

「優勝はしたけどなんか地味」 そんな去年の試合を見ていたファンから寄せられた意見を反映し開幕ではグスマンが3ランを放ち浅尾が派手にサヨナラ負けをやられるという劇的なゲームでスタートを切った。

しかしそれ以降は、高橋聡文の怪我、グスマンの妨害、ハゲのスランプ、森野のバック転成功率低下による登録抹消、など不幸か重なり例年以上のクソ試合のオンパレードとなる。ネルソン見殺しは日常茶飯事、神宮での河原による暴投サヨナラ負けはニコ動で上位にランクイン、そして低調な打撃陣に「働けクソ打線」のボードを掲げるファンまで出現する悲惨な状態であった。弱いだけならまだ良いが、井端の覚醒剤入り目薬事件によりヤフコメを中心としたニワカ野球ファンにドーピング球団としてのイメージを植え付けてしまう始末。

そんな中日に10ゲーム差を離して首位を走るヤクルトファンは完全に優勝を確信して・・・

【つぶやき大賞】
@to_rain_swallow(武内選手サインボールプレゼント)
豪華だけど迷走する船より、小さいけど風が止んだら皆で漕いで、
浸水したら皆でバケツリレーで水を掻き出す。乗組員と乗客が「心ひとつに」
協力して目的地に向かって進んで行ける船のような、
このスワローズが大好きです。ほら、目的地の港が見えてきた!

しかし、この状況を世界で一番喜んでいたのはヤクルトファンや小川監督などではなく中日の球団内に居た。アンチ落合の急先鋒、坂井球団社長である。彼は自分の球団が負ける度にガッツボーズを行った。落合もこれをおとなしく見ている訳にはいかない。本拠地での直接対決を9試合残した状態で、なんとか4.5ゲーム差まで詰め寄ることに成功した。「もしかしたら連覇あるんじゃね?」とファンも感じ始めたその時・・・

遂にフロントは、やってしまった。落合の追放宣告である。首位になってからクビにしたら批判されると恐れた球団は、ヤクルトとの直接対決の3時間前というありえない状況での発表を強行した。

坂井球団社長・佐藤球団代表「これでチームの士気が下がってヤクルトが優勝ワロタwwwwww」

だが選手達もそんな老害の攻撃を素直に受けるほどバカではなかった。荒木は監督に禁止されていたヘスラを解禁。谷繁は飯原を威圧しヘロヘロ送球を誘発、堂上兄は巨人久保にサヨナラ打を食らわす。モーレツな追い上げにより最終的には開幕戦でやられたハマスタで引き分けにより優勝を決めた。

日本シリーズでは1試合2点までしか取れない貧打線の本領を発揮し、対戦相手の福岡ソフトバンクを中日ペースに引きずり込んだ。そして3勝3敗の五分で最終戦を迎えたものの、達川フラグにより日本一を逃し、「日本一監督をクビにした」汚名を逃れた坂井・佐藤らは祝杯を挙げた。

2012年

春先は首位を走っていたが、この年チームは相手と戦う以前に、高木監督が采配よりごんどうごんどうあめごんどうコーチとのバトルに力を注いでしまったせいで、チームの士気が上がらず、交流戦明けには巨人に首位を奪われる。しかも、高木監督はおじいちゃんなのにまるで年もわきまえず血気盛んで、前監督とは色んな意味で正反対であった。これでは選手はとまどってしまい試合に集中どころではない。おまけに前監督の悪い点だった「特定の選手を偏重起用」という采配もちゃっかり踏襲してしまい、そこに加えてそれまで中日を支えてきた中継ぎエース浅尾、抑えの岩瀬が勤続疲労で不調に陥ってしまい、先発エースの吉見もケガで戦線離脱。打線はそれまでの貧打線で攻撃力がアップすることもなく、結局尻すぼみの2位に終わる。結局チームの調子上がらず、尻すぼみの2位に終わる。

このシーズンのCSでは、ファイナルステージまで勝ち上がり、そこで3連勝して巨人を追い詰めた…かに見えたが、あのどんでんも驚きのどんでん返しを巨人に食らい、巨人に敗退してしまい、結局セコムしてますか?監督の時と同じく巨人の引き立て役となってしまった。

低迷期突入[編集]

2013年

案の定、去年後半の失速の勢いをそのままに、オープン戦を最下位で終え、今年こそBクラス転落が囁かれた中で開幕。ベテラン勢が全く打てず、4月をぶっちぎりの最下位で終え、5月14日の広島戦では普通です井端弘和とバトルしてしまい、チームは誰が見てもボロボロの状態に。しかしながら、野手陣は当たり外国人エクトル・ルナが5月末まで打率4割をキープして打線を引っ張り、さらにはドアラをセカンドで起用する攻撃的な布陣を引く。投手陣では岡田俊哉田島慎二武藤祐太ら、酷使三兄弟をリード時・ビハインド・敗戦処理・セットアッパー、果てには岡田・田島は先発でも使うなど、役割を完全無視して酷使しまくるなどして、一時は3位にも食い込む大健闘を見せる。が、8月にルナが故障し、帰国。さらに、先発の頼みの綱だったダニエル・カブレラも弱点を完全に見破られると、案の定失速。8月に4位に転落してからは全くAクラス入りの気配さえ見せず、4位に終わる。ちなみにチームの最多貯金投手がラジコン(5勝2敗)だったため、まーた寿命を延ばしてしまった。なお、オフには普通ですら、監督・コーチ陣はまとめておさらばされ、再度落合政権が復活し、来季は谷繁元信が選手兼任監督としてチームを率いる事になる。なお、高木とバトルした井端はオフに落合ともバトルし敗れると宿敵巨人へと敗走する。

2014年

新ユニフォームの黒で恐竜再燃を目指しスタートする。投手陣では先発陣が去年同様次々に行方不明になったので、福谷浩司又吉克樹田島慎二祖父江大輔酷使四天王を作り上げる。このリリーフ陣のパワーアップにより、7月までは数日間だけ3位に入るなど、4位ながら1位またはAクラスを見据える位置にいるなど健闘を見せる。また燃えよドラゴンズも発売され、チームも上昇気流に乗っていくものと思われた。が、8月に和田が故障すると2週間で11敗するなど、奇跡的な失速。8月は7勝20敗で勝率.259であった。この数字は打率ではなく勝率である。以降はAクラスの気配はなく最終的には前年同様の4位で終了する。黒星を多く重ねたためにオフには大量の粛清を行う。

2015年

交流戦明け、セントラルリーグは世紀の大混戦になってしまい、どこが優勝してもおかしくない状況だったのに、ドラゴンズだけ取り残されてしまい、最下位は免れたものの5位に終わってしまった。

2016年

球団創設80周年という節目のシーズンだったのに終わってみれば19年ぶりの最下位。あぁ・・・情けない。

ナゴヤドーム[編集]

何回も火災で焼失したり、熱血の名を借りた暴力監督による怒号と鉄拳によりボコボコにベンチを破壊されたばかりか、運営会社が潰れたりしたなど数々の災いに見舞われたことから、呪いがあるのではないかといわれていたナゴヤ球場から、1997年に移転してきた竜大群の新本拠地。もっとも、東京大阪にもドームが出来たため、「自分の所も、ぜひ」といった感じで造ったといって良い。しかしおかげで、名古屋駅をはじめとする市の中心部から離れた立地の為に、大分行きにくくなってしまった。

また、開設時には雨漏りを起こしたり、豪雨で水没してしまったりした原因で、試合を中止させた珍妙な経験を持ち、火難のナゴヤ球場とは逆に水難の性がある。今では見られないが、傘をさして試合を見ることの出来るドーム球場として注目されたこともある。某傘振り応援球団も真っ青である。

マスコット[編集]

ドアラ[編集]

この記事を参照のこと

シャオロン[編集]

シャオロンの肖像画(ナゴヤドームへ行ったことのない者の想像)

1997年、竜大群が鎮座する場所を移動した際、どっかから現われついてきた新しい竜(?)である。

しかし竜にしては、機動性が著しく劣る。自分で飛ぶことさえできず、常にバイクに乗って移動していたが、チアリーダーひき逃げ事件を起こしてからバイクは封印された。

パオロン[編集]

2000年、これまたどっかから現われついてきたピンク色の竜。カバではない。どうみてもカバだが…。

シャオロンよりも小柄だが、機動性はシャオロン以下。自分で飛ぶことはおろか、何かに乗って移動することすらできない。

2007年より、李炳圭を唯一寵愛し続けた生物である。

Zガンダム[編集]

ロッテ時代の落合博満選手の三冠王を記念して作られたアニメ。このアニメの主人公のシャア=アズナブルことクワトロ=バジーナはロリコン・シスコン・マザコンの三冠王であり、三度の三冠王を取った落合博満と大変関連が深くなっている。

落合が中日の監督に就任した際、公式マスコットキャラクターに採用された。理由はもちろん落合がガンダムファンだからである。

球団歌[編集]

球団歌として有名なのは燃えよドラゴンズ!であり、かの河村市長も名古屋共和国の国家にしたいと息巻いている。正式な歌詞が大量にあるため思い入れのある時期によってこっちが本流だと竜党の間でも喧嘩になるある意味困った歌である。

ちなみに、嵐の英雄という同じように竜を讃えるために作られた曲もあるが、こちらは今では黒歴史化している。

ドミニカでのスピードくじ事業[編集]

ドラゴンズは優良球団なので読売阪神、などのように、拉致事業や無駄な大型補強はほとんど行っていない。と、きれいごとを言っているが実際は強奪したくてたまらないのだけれど貧乏球団で、お金が無いから拉致できないだけ(笑)。そのため基本的には河原、中村紀洋、佐伯貴弘、小田幸平などの捨てられたり他球団で飼い殺しにされていた選手をリサイクルするなどして補強していたが「それだけでは勝てないだろ…」ということで2005年から毎年、ドミニカンスピードくじ大会に参加して戦力強化を行っている。このスピードくじを引いていたのは主に森繁和ヘッドコーチであったが、2011年に森がクビとなったため2012年のスピードくじ大会からは不参加となった。

……と思ったら、くじ引きの人間を変えただけで普通に参加していた。

くじ引きの結果[編集]

2005年

ハズレ ルイス・マルティネス

ハズレ ルイス・ブラウン

ハズレ クリスチャン・ベロア

2006年

ハズレ クラウディオ・ガルバ

2007年

ハズレ ジョー・バレンタイン

ハズレ サンティアゴ・ラミレス

ハズレ フランクリン・グラセスキー

ハズレ ユリケン・ラミレス

ハズレ ラファエル・クルス

2008年

アタリ マキシモ・ネルソン・・・サトウキビ畑のデカブツはいつの間にか大物に。2011年ブレイクしたが、肩が爆発して翌シーズンでクビに。恐ろしいほどのムエンゴ男。

ハズレ トマス・デラロサ・・・なぜかクビにされたにもかかわらずスカウトとして生き残っている。

2009年

ハズレ ネルソン・パヤノ・・・オフにフロントがハズレとして処理・・・と思いきやスピードくじ創始者がまた発掘。超ノーコン。

アタリ トニ・ブランコ

2010年

アタリ(笑) ディオ二ス・セサル・・・一世紀に一度あるかないかの大当たりだった

ハズレ エドワード・バルデス

ハズレ フォアキン・サンタマリア

ハズレ カンディド・ヘスス

2011年

アタリ(笑) ジョエル・グスマン・・・地味だがセサルに負けず劣らずの大当たりだった。が、人に強いが血に弱い男にはやたら強かった。

ハズレ フェリックス・カラスコ

2012年

ハズレ ビクトル・ディアス

アタリ ホルヘ・ソーサ

2013年

アタリ ダニエル・カブレラ

アタリ エクトル・ルナ・・・ただしチームはLunatic

2014年

ハズレ アレクシス・ゴメス

アタリ アンダーソン・エルナンデス

2015年

アタリ リカルド・ナニータ

※アタリ(笑)はCR機における2R通常扱い

運が良ければ優良選手でも格安で手に入る。ブランコの初期投資金額はウッズの年俸の20分の1である2760万円でゲットできた。とはいえドミニカにいい選手はあまり居ないということで2011年からはベネズエラでのスピードくじ大会にも参加する予定である。もしも「ドミニカにいい選手が居ないんじゃなくてモリシゲの見る目が無いだけじゃないの? (マキシモ)ネルソンを引き当てたのは通訳のルイス君らしいしwww」なんて口走ったら…バキューン!!

選手名鑑[編集]

中日ドラゴンズの選手一覧参照

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「中日ドラゴンズ」の項目を執筆しています。