中川翔子

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「中川翔子」の項目を執筆しています。

中川 翔子(なかがわ しょうこ ←本当は「しようこ」らしい)愛称:しよこたん は、世界を統治し、平和へと導くであろう女神である。ペットは使徒・マミタス東京都中野区出身。

概要[編集]

1985年5月5日生まれ。その後いろいろあって、現在はブロガー歌手タレントグラビアアイドルサラ金アイドル声優漫画家イラストレーター女優キムタクなど幅広い活躍ぶりを見せる。オタク文化に精通しており、一般に「オタク芸能人=しょこたん」というイメージが定着しつつあるが、中にはそれを疑う者もいる。が、とりあえずアニメオタク戦隊オタクである。

胃腸が弱い。キムタクとしょこたんにより、短足こそ美しいという新たな価値観が提示された。

仔猫吸引を日常的に繰り返していることでも知られ、「マミタス、カワイイ~」と言いながら猫を口に咥え、一時意識不明にさせたことある。

2006年10月4日、TBSのTV番組『個人授業(プライベートレッスン)〜正しい和田アキ子の作り方〜』にて教育係として和田アキ子にオタク学を講義。その際、調子に乗ってアッコを「バカ」呼ばわり(正確には某アニメヒロインのモノマネを)したためにアッコの怒りを買ってしまった。常人ならこの状況ではまず助かる望みはないだろうが、彼女はその後まったくの無傷で生き残る。しかも、その後番組にレギュラー出演し、アッコをものの見事に丸めこんだ。この一件が、彼女に神の力があることを公に知らしめるきっかけとなった。

2013年5月現在 自称:0歳336ヶ月。従って、縦すじ一本であるはずがなく、既に人格を喪失したと見るのが妥当であるが、信者からは「神様だから年をとらないんじゃね?」と独自の解釈がなされている。

冷凍肉まんを電子レンジで10分加熱するなど、料理が苦手らしい。

戦隊シリーズが好きなことで知られるが、当の彼女は現在、戦隊シリーズの裏番組であるポケモン☆サンデー』に絶賛出演中。

松田聖子を崇拝しているが、当の松田聖子はもはや色んなものを超越しているので、中川のことなど全く相手にしていない

ちなみにおっぱいのサイズは一番手ごろなCカップ。また、人並みに性欲もあり、Googleで「セックス」を検索している。 中川隆麻原彰晃=中川翔子

ジョブはピクトマンサー。最近は対象が信者であれば「あやつる」ことができる。

しょこたん教[編集]

2ちゃんねらーにとって彼女は絶対不可侵の存在であり、唯一無二の現人神である。

ただし2ちゃんねるにおいては「田代まさしである」とされていたり、田代は「神ではなくネ申である」とする宗派もある。(また、田代は「神」であって、「現人神」ではないとの議論がなされているが、田代は2ちゃんねるにおいての「唯一神」であることから、本来の神の定義とは異なる。)
しょこたんのジョークに本気で釣られた頭の固い奴らの図

要するに、しょこたん教はヲタク文化全域にはまだ浸透していないということである。そのため、しょこたんを神と定義する者達(俗に「キザぴんく!」修道会と呼ばれる)は、田代教・ひろゆき教徒の2ちゃんねらーからはキモがれている。また、「キザぴんく!」修道会は最近、ウィキペディアでも布教しようとしたが、冗談が通じないことで知られるインテリぶった奴らから追放令を発布され、追い散らされた。→を参照のこと。


経典[編集]

ブログと呼ばれる経典に毎日数多くのありがたいお言葉を書き、教徒は毎日1回以上(通常は6回以上が推奨されている)その経典に対して拝礼を行う。そこで感銘を受けたものの多くは、「キザぴんく!」修道会(有料)に入会し、メシア救世主しょこたん)の来臨を祈っている。

お布施[編集]

翔子教へのお布施プロミス受け付けている。なお、翔子教信者の間ではサラ金業者のマナーを問うことは教義上のタブーとなっている。

書庫単語[編集]

こちらを参照のこと。

関連項目[編集]

Quqpacmanlogo3.png
中川翔子が放った発言は、後世の物好きのために、有志たちによって「Unquotable/歌手」へ収録されています。

外部リンク[編集]

この項目「中川翔子」は、執筆者自身は結構気に入っていますが、どう見てもクソの山です、本当にありがとうございました。ダチョウ倶楽部に訴えられないうちにとっとととりかえることをお勧めします。 (Portal:スタブ)