中島信代

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

中島 信代(なかじま のぶよ)とは、けいおん!では主人公達の3年次のクラスメイトとして、ドラえもんでは登場人物のジャイアン母親として登場した架空の女性である。後者での登場時では結婚後なので苗字が「剛田」に変わっているが、本稿では結婚後の話に触れる節以外では表記を「中島」姓で統一している。

人物像[編集]

両方で大柄な女性として描写されている。歳を取っても頭上のおだんごのヘアスタイルは変えなかった。

登場作品[編集]

けいおん!![編集]

「けいおん!」のアニメ第二期である「けいおん!!」では、主人公の平沢唯含む同級生のメンバー達が三年生進級時に全員同じクラスとなった際に同時にクラスメイトとなった。劇中で初めて台詞が確認出来るのは、8話にて進路が決まらない為NEETになろうか迷っていた唯がクラスメイトから{{意見募集}}を行った際に「酒屋を手伝う」と言っていたシーンである。その後、モブキャラが頻繁に出て来るようになると、当然彼女も出番が増えて、14話から変更された新OPではアニメ、ジャケット(通常版)共にかなり目立つポジションにいたり放課後ティータイムの学園祭ライブでは最前列にいてヤジを飛ばしていたりで、モブキャラの中では一際異色な存在だったと言えよう。

ドラえもん[編集]

けいおん!で高校を卒業後の進路については家事手伝い自宅警備員ではなく、有言実行で実家の酒屋を手伝う事にしていた。しかし、何らかの手違いでドラえもんのタイムマシーンに誤乗してしまい、昭和時代練馬区にタイムスリップしてしまう。そこで途方にくれた彼女を受け入れてくれたのは、後に人生の伴侶となる剛田さんだった。剛田さんの家は酒屋であり、実家での経験を活かして酒屋の売上向上に貢献した結果、そこに嫁入りすることになり、剛田さんと結婚した為、名前を「剛田信代」に改名する。

まもなく、夫との間には二児をもうけ、長男を「武([1])」長女を「検閲により削除[2]」と名付けた。しかし、長女はともかく、長男が近所の余所の子をしょっちゅう泣かせるせいで息子の評判が悪くなったことにストレスを増し、以来息子を厳しくしつけている。劇中では「たあぁぁけぇぇしぃぃ!!」しょっちゅう息子に対して制裁を下すシーンが見られ、登場シーンの多さは前作を大いに上回った。

かくして、日本一の酒屋になったかはともかく、あの泣く子も黙るいじめっ子ジャイアンが「かあちゃんゆるして」と怖れる程の日本一怖いかあちゃん像となった。

脚注[編集]

  1. ^ ジャイアンはあくまであだ名
  2. ^ 作者の藤子・F・不二雄氏の意向による。

関連項目[編集]