中央怪速線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
出典: 八百科事典アンサイクロペディア(大丈夫、本当の項目名は中央快速線だから。君は間違っていないよ。
中央本線 > 中央快速線
鉄分過剰
このページには鉄分が過剰なので栄養のバランスが崩れています。
DHMOの摂取やバランスの良い食事をすることを心がけ、鉄分が偏らないように注意してください。

中央怪速線(ちゅうおうかいそくせん)とは、JR東日本が所有する魔列車で、中央本線東京駅東京なのに東京扱いされない高尾駅との間の通勤区間を指すなんちゃって名称でもある。また、快速線とはいえ、痛勤特怪ライナー以外の快速は立川駅から先、高尾までは各駅にまるので注意が必要である。

違う世界へと乗り入れる車両には行き先が表示されない

ヨドバシカメラの歌を持ち出すまでもなく、山手線と並ぶJR東日本の最重要路線である。

怪速線なのに、駅ナンバリングは女子中学生(JC)と言う何とも似つかわしくないナンバリングなんでしょう。ま、ある意味女子中学生は怪しいからww

概要[編集]

乗客の大半が幽霊であり、その祟りによりスピードが時速1m~光速まで変化することから「怪速」の名がついた。だが、1日に平均13回のペースで人身事故が発生し遅延が起きるため、平均時速は他の線と同じである。人間も乗ることができるが、丑三つ時には先頭車両が亡霊専用車両となり、うっかり乗り込んだ生者は死者の冷たい視線に晒されて死に至るので注意が必要だ。

車体はオレンジに塗りつくされているが、これは死者の霊をもっとも引き寄せる色だからという理由である。しかし最近は塗るのがめんどくさくなったらしく、ラインが1本引かれているだけのものも登場した。まあ手術道具が金属製なのと同じ理由で、ヘモグロビンをぶっ掛けられても楽に落とせるようにあんな感じになってんだろう。新しい車両では独特の形状をした黒いつり革がミステリアスである。また、車両の端にはピンクのしましまのワープゾーンがあり、足を踏み入れるとランダムで別の車両へと飛ばされる。

運行状況[編集]

時刻表はあるにはあるが、上記の理由により電車の速度が予測できず、呪いによりドアが故障したり線路が捻じ曲がったり急病人が出たりでしょっちゅう停まるので、大抵は時間欄が空白となっている。(たまに「2日10時間3分遅れ」という表示にもなる)。世界一ダイヤが正確な日本の鉄道の中で、この路線の時刻表だけが幻想文学と言われている。 えっ? なんだって? あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、。。。あああああああああ! うーわーーー!!!!!!!!!!!!! つー、つー、つー、つー、つー。

車両[編集]

E233系
201系の代わりに、2006年から活躍する新型車両。E231系の大幅改善車。京浜東北線などでも仲間が活躍中。
201系
既に廃車になってしまった。鉄道教によると神聖な車両。しかし、大阪環状線では、なんと新型車両として使われている

種別の紹介[編集]

本路線はとにかく種別が多いことで有名である。種別の解説としてTPOにあわせた利用例をひとつ挙げている。

追加料金不要の電車・列車[編集]

各駅停車
まがりなりにも「怪速線」と名乗っていながら、なぜか早朝と深夜だけ運転される矛盾に満ちた幽霊電車。御茶ノ水~三鷹間は総武線を経由して運転される。なお、多摩地区でよくみられる日中の下り「各駅停車」は、単に種別表記をやめただけで実際には「快速」とか「中央特快」等であるので注意が必要。行きは快速だけど帰りは各駅停車か・・・と思わないように。本来の各停停車駅利用者と三鷹以西利用の乗客をイライラさせ自殺させる怖い電車でもある。だから早朝と深夜に中央快速線に乗ってはいけない! 毎朝よく乗ったなぁ。このような本末転倒な種別は当然ながら総武快速線と常磐快速線には設定されていない。そもそも渡り線がない。
普通列車
中央怪速線内は立川駅日野駅豊田駅八王子駅西八王子駅高尾駅に停車する。ほとんどがロングシート車の211系で運転される。かつては後述する快速列車(注:快速電車ではない)と同じ停車駅であり、中央特快より上位の存在であったが、「特快より普通の方が速いってなんなの?」といらぬ横槍が入ってしまったので、現在では各駅停車と同格の下位種別に転落してしまった。各駅停車との違いは両数と使用車両だけである。当然、普通列車の方が(ry
むさしの号
八王子市民が「豊田と日野は邪魔だから日中でも通勤特快運転しておk」としRにダダをこねて新設された列車。この列車を作った人は一橋大学に落ちたので、国立駅までハブかれてしまった。大宮から一日2~3本やってくる。2013年度までは、中央線内では「通勤特快」と同等だった。しかし「普通列車の分際で国立日野豊田に停車しないとは何事!」「特快停車駅なのに普通ごときに通過されるとは屈辱!」との声があまりにも高く、結局2014年度より国立から八王子までの各駅に停車することになった。
快速電車(別名:名無し快速、なんちゃって快速)
本路線での主力電車。通過区間は東京 - 三鷹間。なお、中野~三鷹は荻窪、吉祥寺に停車するが乗客からは「停車するはずのない駅に停車した」との苦情が相次いでおり原因究明に乗り出している。休日に運転される快速列車(青梅線に行かないホリデー快速)とは似て非なる存在であるので、注意が必要。あまりにも本数が多すぎたので、2013年3月から減便されることが決定。京王線の各停の如く、土休日(日中)の快速電車はすべて特快や特急に抜かされることになる。
通勤快速
この電車は電車通勤・電車通学している人が「のろまな快速では家に早く帰れない!」ということで作られた電車。特快より停車駅が二駅多いだけの電車で、東京~三鷹間の休日快速と三鷹~高尾間の特快を縫合手術して出来上がった種別。夕ラッシュに運転される。本当は「通勤特快」と名乗りたかったが、朝の「通勤特快」とは停車駅が違いすぎるので仕方なく「通勤快速」と名乗っている。朝のニュースによるとニューヨークダウが暴落してるらしい。その影響で日本株も暴落。株式投資に手を出していた友人が通勤快速にお察し下さい
中央特快青梅特快
こいつらは朝・夜をのぞいてずっと走っている。中央特快は中央快速線しか走らないが、青梅特快は青梅線も走る。「特快」といっても特別な急行様には負ける。それどころか休日の快速列車よりも停車駅が多い。今日はTOPIXが小幅反落だってさ。全種類の特快が停まる国分寺駅の駅ビルには「特快エレベーター」なるものが存在するが、ガラス張りのくせに特快電車は全然見えない。そのためか、最近になって「快速エレベーター」に改称された。それでも快速電車は見えないが…
2013年からなんと毎時5~6本運行されることが決定した。もはや中央特快線である。
特別快速(ホリデー快速おくたま・あきがわ)
休日にのみ現れる、青梅特快の上位種別。青梅線内では立川‐奥多摩間でも速達運転を行うが、中央線内は中央特快・青梅特快と全く同じ停車駅である。この電車は表向き都心からハイキング客を快適に輸送することを目的としているように思われるが、実際は単に「青梅線内でも通過運転汁!」との要望に応えただけである。
通勤特快
「特快」と名乗っていて、あの日野駅や三鷹駅ですら通過するという、もはやモーニング中央ライナーと呼べるほど停車駅も少ないのに、のろまな特快である。かといって使用している車両も通勤型で、何の目的のサービスを提供しようとしているのか、意図がよくわからない。電車通勤・電車通学している人から「この列車の存在は意味があるのか!」と言う意見があがっている。また今日も会社か…
ちなみに、この種別に限り先頭車両での前面展望の動画の撮影は禁止されている。理由についてはお察し下さい。過去に撮影を試みた挑戦者がいたようだが、見事に検閲により削除されてしまっている。
地獄特快
「快速」と名乗っているが、この段階で完全に当面停車である。マグロ処理の影響が目立たぬように、中央線自体オレンジ色をしているのだが、迷惑なんでやめて下さい
快速列車(ホリデー快速河口湖・ビューやまなし)
冒頭で述べた快速電車とは使用車両も停車駅も大きく異なる、追加料金不要の電車・列車の中では最速達の種別である。中央線内の停車駅はかつて運転されていた新宿始発の普通列車の系譜を引き継ぎ、新宿・三鷹・立川・八王子・高尾のみに絞られている他、直通先の中央本線でも速達運転を行う。使用車両も特急型で、ハイグレードな存在である。本来ならば急行列車と名乗りたいところであるが、現状では急行はまなすが有料急行となっているため、仕方なく快速列車と名乗っている。とはいえ「特快の上位が快速ってどうよ?」との批判が相次いでいるのも事実であり、当局によると、近い将来、急行はまなすが引退したら、(無料の種別として)急行になるのではないかともささやかれている。

追加料金が必要な列車[編集]

特急成田エクスプレス
成田空港から一日2往復だけ乗り入れてくる。特快通過駅の吉祥寺に停まる等、実質的には中央特快以下の存在であるにもかかわらず。A特急扱い&全車指定席なのでガラガラである(500円利用すらできない)。
中央ライナー・青梅ライナー
朝と夕方、夜だけにしか運転されない列車。長い区間は走行しないのにホームライナーなのでお金を取られてしまう。サラ金列車の仲間である。同じ値段であずさ2号の自由席に乗れるのは秘密。日経平均株価が上がった時はこれで家に帰ろうっと! グリーン車が入ってないので、かわりに存在している。
特急かいじ
甲府駅までしか行かない上に停車駅も快速列車(青梅線に行かないホリデー快速)と大して変わらないにも関わらず、追加料金を取るとんでもない列車である。かつては急行かいじであった。JR西日本であれば甲斐路快速として運転していただろうと思われる存在なだけに非常に残念なものである。
特急あずさ・スーパーあずさ
残念ながら8時ちょうどのあずさ2号では松本には行けない。8時1分前のあずさ2号なら大月から東京に行けるが、通勤時間帯に乗り込むので実際には総武線よりも遅い存在である。
あずにゃん
新宿駅で線路貼り直し等をしている時、中野で特急折り返しをして居る時に登場する。

停車駅[編集]

各駅停車のみの駅は総武線各駅停車を参照。

東京駅
「全ての道はローマ東京に通ず」といわれるが、東海道本線総武本線京葉線武蔵野線横須賀線などと共に、数少なく本当に東京駅まで電車が来る在来線が中央線である。
神田駅
一応、名義上はここが中央線の起点らしいが、分岐駅とはいえても起点とはどう見てもいえない駅。ここより中央線は秋葉原オタク巣窟電気街を避け、西へ向かう。折り返せないくせに、各駅停車「神田」行の方向幕は用意されていた。
万世橋駅
秋葉原は電気・カルチャー系のみならず、鉄道系のマニアや御宅も集まることで有名だが、その要素の一つが2006年までこの地に交通博物館としてあった。最も、駅の役割は戦前の段階で消えていたが。
御茶ノ水駅
御茶ノ水が取れた駅。今では秋葉原電気街や神田古書街の喧騒を避け、神田川沿いの狭いながらも昭和ロマンを感じる駅として知られている。
四ツ谷駅
何が四個(よっつ)や、四ッ谷駅。近所のお菊さんを思い出すと怖さと共に飛び去った一文字も戻ってくる。何故か毎夜21:53に特急かいじ121号甲府行が意味もなく停車する。どうやら某政治家の鶴の一声で止まることを強制されたそうだが、本当はお察し下さい
新宿駅
新宿の代表駅。満員電車の殺到で駅はしばしば凄まじい状況に。ここから中央線であることを思い出す。
中野駅
カルチャー系の街として中野はまた有名。秋葉原とは別の雰囲気を持つオタクの街。
荻窪駅
丸ノ内線の始発が使える地味に勝ち組な駅。
吉祥寺駅
吉祥寺という寺は無いが、何故か街の名としては知られる。自称日本一住みたい町(笑)
三鷹駅
かつてこんないい駅をきみは見たか? あと、ジブリミュージアムも見たか?
武蔵境駅                                                  ;多磨霊園が近くにあり、武蔵国(江戸外壁)と霊界の境目にある駅としてこの名がついた。またここは、某動画サイト上にいるとある方の最寄り駅。中央特快や青梅特快で歓喜の意を込めて通過できる。まあ、武蔵境停車なんて西武だけでいいn(某氏の検閲により削除)。
東小金井駅
びびるほど何もない(けど駅舎だけは立派)。ここまで、1度だけダイヤ乱れで、メトロ15000系が入線している。
武蔵小金井駅
たいして何もないくせに武蔵小金井行きがある謎の駅。府中の運転免許試験場へ行くのにお世話になる人も多い。ある酷い事件の事件現場の最寄り駅。
国分寺駅
奈良時代の名残…ここが東京から川越方面へ向かう唯一のルートの中継点であった時代など、最早忘れられている。 西武線とのダイヤが噛み合わなさ過ぎるため、エクストリーム・駆け込み乗車の競技が中央線内で最も熱い。
ここからの通勤特快によるエクストリーム·満員電車はとても凄まじい。
西国分寺駅
武蔵野線との乗換駅。武蔵野線の線路はなぜか3本ある。その真ん中には、貨物が重すぎて運ぶのを諦めた貨物列車がとまっている。残酷にも中央特快青梅特快は止まらない。また、中央線と武蔵野線との本数の違いを言及、批判することは禁則事項です
国立駅
間違っても(こくりつ)と読まないでね。確かに国立はあるけどさ。
立川駅
壮大な直線も終わり、「青梅の里へ行く人の 袂を分かつ立川」を過ぎる。駅ビル、デパート、オフィスビル群を建設しまくって多摩のニューヨークを自称し、大威張りしている。モノレールにも乗れーる。中央線の乗降員数第二位の主要駅にも関わらず、スーパーあずさが立川を毛嫌いしてスルーしてることに住民たちは怒りを隠せずに暴動になり、お察し下さいなことになりかけたことから、今ではほぼ全てのスーパーあずさを無理やり停めている。カナリアE231系はここまでくるが、どうせここまでくるなら豊田まで延長運転すればよいのではないか?
日野駅
100年以上前の民家風ボロ駅舎をいまだに使い続けている。駅にはたいやき茶屋があったり駅名版は「日野馬澤」だったりで、ローカル線にありがちな駅と何ら変わりない。駅前広場も中央線の中ではダントツのしょぼさである。ここも通過芸の聖地。
豊田駅
TOYOTAはここにはないのであしからず。八王子に行かない豊田どまりの電車の存在は日野市民の誇りである。
西豊田駅
架空上の存在とされている幻の駅。「スペースファイヤーとよだ」の建設が進められている。
八王子駅
東京から独立した層化王国。横浜線八高線が交わりかなり賑やか。
西八王子駅
市役所や図書館がある八王子の重鎮。南口は、はちがくの生徒とのりまさ大学に向かう学生で賑わっている。
高尾駅
乗り越し客をためておくために存在する駅。その件数はもちろん日本一。テングの鼻がでかい。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「中央線快速」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「中央快速線」の項目を執筆しています。