中央・総武観光船

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
出典: 八百科事典アンサイクロペディア(大丈夫、本当の項目名は中央・総武緩行線だから。君は間違っていないよ。
曖昧さ回避
総武線各駅停車」とは異なります。

中央・総武観光船(ちゅうおう・そうぶかんこうせん)とは、三鷹駅から千葉駅まで至る川を観光する船のことである。

概要[編集]

中央線、総武線は非常に池や川に恵まれた路線である。この路線であっても中央線は三鷹付近に「井の頭公園」があり、また新宿から神田まで途中神田川と並列して走り、総武線は沢山の川を渡って千葉に至るのである。川を見る機会がとても多いがため、JR東日本が観光のために使おうと立案。新型電車を導入して観光用の路線に仕立てあげたのである。しかしJR東日本は一筋縄で作るわけもなく、平日は通勤電車として西は三鷹、東は千葉まで行く各駅停車路線として作られたのだ。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「中央・総武緩行線」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「中央・総武緩行線」の項目を執筆しています。

沿線[編集]

――まず、この路線は三鷹駅を出発する。これは中野駅との競合を防ぎ、かつ八王子駅方面からの客を呼び寄せるためだとされている。そして船は三鷹を出発、吉祥寺の井の頭公園を通り、善福寺川を通って行く。中野駅でもう一つの観光路線東京メトロ東西線と別れを告げて、新宿につなぐ。ここで今後並走する神田川を眺めるのも一興と言えよう。

さて、新宿駅を過ぎ、四ツ谷駅手前から神田川は押し寄せる。市ヶ谷、飯田橋と通勤路線という名前をもとに通過しがちな駅に停車しながら、神田川という水道を眺めていく。水道橋では阪神タイガースファンが何か言うが、これは神田川の美しさを語るためのものなので、気にする必要はない。さて、御茶ノ水に来ると神田川は若干遠くに向かう。そのなかこの観光船は電気街(笑)を通勤路線という名目で停車。ここからは川を渡っていく渡河線に変貌するのである。

しかし、両国駅までは神田川は並走を続ける。浅草橋を過ぎても、駅を降りれば若干川が見える。浅草橋から両国で隅田川を渡る。昔はが混じり、とても臭い川だったが、今では綺麗になりつつある。神田川もここに注いでいる。錦糸町では運河が走っている、ただ名前は記載されていない。さて、亀戸を過ぎると旧中川。そして有名な荒川が待ち受ける。旧中川だったゆえ、本当の中川も荒川の近くにいる。さらに小岩は新中川。中川三兄弟とここいらでは有名である…――

さて、ここでは観光船に乗車した場合に流れる放送の一部を要約したものである。ここまででも膨大な量なのに、千葉に向かうほどさらに増える。これを全文流すのはゲシュタルト崩壊につながってしまうため、もし気になるならGoogleマップでも見るのが吉である。

利用状況[編集]

現在は通勤路線としての印象が強いものとなりつつある。これは旧来の「観光路線」が薄れつつあるということであろう。昔は国鉄による特急が走っていた実績[要出典]もあるのだが、JR側もあまり走らせようとしないからというところにある。JR側もこういう路線の扱いを良く知っていることもあり、E231系電車209系電車を活用、通勤路線としてイメージを固定化させようと図っているのであろう。

名前の競合[編集]

Bouncypotato.gif
この記事「中央・総武緩行線」は何故か「総武線各駅停車」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

つまり、そういうことである。一般的に総武線各駅停車は秋葉原以東、中央総武観光船は以西を表しているとされている。しかしこれは観光船という名前を東京に分捕られた千葉県の恨みであり、気にする必要性はない。

関連項目[編集]


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「中央・総武緩行線」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)