中国武術

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

中国武術(ちゅうごくぶじゅつ)とは人間の三大欲望のひとつ。

中国武術 その息吹[編集]

触れずに相手を10m吹き飛ばす、一人で村人100人を相手取って全員を気絶させる、ドイツ軍の銃剣部隊と素手で互角の勝負を繰り広げる、城壁を軽々飛び越えながらお茶をこぼさずに運ぶなどの神秘系の術が多いことで知られる。

中国武術 その精妙[編集]

  • 触れずに相手を10m吹き飛ばす
触れてから相手をどうこうしよう…そんな痴漢レベルでは武術を理解できる訳がない。触れようかな、やめようかな…と考えている瞬間に相手が10m先へ行っている。すなわち中国4000年の重みである。
  • 一人で村人100人を相手取って全員を気絶させる
中国武術の基本中の基本でありながら、奥義に通ずる世界である。武術というものは、一度世に出せば自分一人のものではなくなる。その発露が、とりあえず村人100人程度を相手、と告げてきた先人達の智慧であり慈悲であり厳しい公案でもあって、すべて口伝に集約されている。
  • ドイツ軍の銃剣部隊と素手で互角の勝負を繰り広げる
中国4000年である。ドイツがドイツか誰が誰やら知らないが中国4000年である。いうまでもないことであるが、銃や剣で武術を壊すことがあっても成すことは、叶う次第ではない。「素手で互角」と申すのはチャイニーズ冗句であって、冗句を信じたものは星人たれ瞬時にして瞑して黙するばかり、生きて還る術は皆無である。
  • 城壁を軽々飛び越えながらお茶をこぼさずに運ぶ
お師さん、大きいお師さん、阿仁さん、旦那さん、等など門下に稽古を授ける上層は嵩が厚く高く多岐に亘る。したがって門顧の礼を得た稽古生は日々この重厚な恩義に報いるべく、熱いものは熱いうちに、そうでもないものはそれなりに運ばんとして、複雑な武術院の内部構造の構造内部を忙しく駆け廻るのであり、お茶運び如きは、寝不足で半分は睡眼のままバナナの皮を踏みつつ携帯メール打ち乍らにして自由自在な、児戯に等しき小技である。

中国武術 その真髄[編集]

中国4000年の伝統は、陳腐な日本の言葉や文字では語りつくすことなど、到底かなうものではない。

すべて集約され完成をみたものであるから、今更どーたらこーたら、いうべきものではない。

関連しそうな武術項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「中国武術」の項目を執筆しています。