中国包囲網

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

中国包囲網(ちゅうごくほういもう)とは、中国政府がその建設を推進している、地球を包囲する広大なネットワーク(網)のことである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「一帯一路」の項目を執筆しています。

概要[編集]

中国政府は早くから、アフリカ諸国を始めとする発展途上国への資金援助などを通じて、地球環境をより自国に有利なものとするための活動に邁進してきた。その最終的な目的は、中国を中心とする一大経済圏の構築、すなわち、すべての道が中国に通じる経済ネットワークの建設である。これを中国による地球を包囲する網に例えて、中国包囲網と呼ぶ。単なる経済圏にとどまらず、実際に鉄道や道路などを建設し交通網を築き上げる構想もあるという。

沿革[編集]

戦前の日本は、大アジア主義を掲げて中国や東南アジアに進出し、軍事力を背景とした一大経済圏の構築を目論んだ。だがそのやり方は領土獲得、すなわち「」の拡大に大きく依存していたため、その急速な膨張に耐えることができず、ついにはヒビが入って粉々に玉砕してしまった。中国政府は、こうした日本の失敗を他山の石とし、面(領土)の獲得に過度に依存することをやめ(やめたとは言ってない)、代わりに伸縮性のあるとすることで、経済圏の範囲と寿命を飛躍的に伸ばそうと試みたのである。戦後70年の確かな技術の進歩がそこに見て取れよう。

日本の貢献[編集]

この中国包囲網に早くから関心を示してきたのが日本である。前述のように日本が似たようなことを構想した時期があったため、戦前の輝かしい歴史を懐かしむ保守系の政治家・評論家の多くがこのアイデアに一貫して賛成の意を表明しており、「中国包囲網はもうすぐだ!」と日本国民の期待を煽り続けてはや数年が経過したが、そのあまりに壮大な計画のために実効性を疑問視する声が少なくなかった。そのため長く公式には距離を置いていた日本政府であったが、2017年に安倍晋三首相が中国包囲網の一部である一帯一路構想への賛同を明言したことで、ようやく彼らの願いは叶い、親日的なトルコ、タイ、東南アジア諸国などと手を取りあって、ともに中国による網の目の一部を担うことになったわけである。

関連項目[編集]