中出し

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「中出し」の項目を執筆しています。

中出し(なかだ-)とは、ある程度の大きさを持つ閉鎖されたもしくは一部分だけ開口部のある物体(以下物体A)に対して、器具などを用いて「物体Aの内部には本来存在しない物体」(以下物体B)を注入する行為のことを指す単語である。

中出しの効果[編集]

  • 物体Bの保存性向上及び運搬性の確立
物体Bとして用いられる物は外気や衝撃に対する耐性が低い傾向にあり、それを安全に保存するためには容器を用いることが望ましい。その為、なるべく外気に触れないように器具注入を行うのである。
また、物体Aごと運搬することで簡便にかつ迅速に物体Bの座標移動を可能にする効果もある。
  • 物体Cの生成
物体AとBの化学反応により、本来ならばどちらの物質も持ち得ない特性を持った第三物質の生成が行われることがある。
物体Cに対して更に中出しを行うことで物体Dやそれ以降の物体の生成も理論的には可能だが、物体自体の強度や生成性を鑑みる必要がある。
  • 物体Bの隠匿
物体Aとなる物体は物体Bよりも大型であることが求められるため、物体Bを隠すための一時避難場所として中出しを行うこともある。
ただし取り出しの際に物体Aの物理的解体が求められる場合がある。これは上記の物体Cにおいても起こりうる。

生物史に於ける中出し/人類文化における中出し[編集]

生物史に於ける最初の中出しは、単細胞生物の時代まで遡る。当時の生物界を支配していた真核生物が捕食の際にアクシデントでαプロテオバクテリアを中出しされてしまい、その際に様々な化学反応が起きた(上記の物体C生成が行われた)。
それにより多くの新しい利便性を見出した真核細胞は多細胞体への進化を促され、それが元で現在のような多細胞体生物の時代が訪れたことになる。
つまり、生物進化は中出しによって行われたのである。
人類文化に於ける中出しの元となったのは、容器の発明である。
当初は何に使うのかわからなかった人類だが、やがてDHMOを中出しすると運搬する際非常に作業が楽になることに気がついた。その後、DHMO以外の物体も中出ししてみた結果「物は頑丈な物に入れると運びやすい」「大きな物に入れると外部から見えにくい」という英知を手にしたのである。
DHMOの漏洩を防ぐ為に口が窄まった「壷」や、中を隠すため「蓋」など様々な文化が生まれ、人類文化は中出しの結果どんどん発展して行ったのである。

生成される物体Cの例[編集]

焼きあがったシュー生地の側面(或いは上面)に金属製の器具を挿入し、その後クリームを中出しすることで生成される。精神安定や脳機能の活性化など様々な効能を持つ栄養素。
生地とクリームの化学反応が重要なため、両者を単独で食べても生成されない。あくまで中出しの結果でなければならない点に注意が必要。
半熟に茹で上げたゆでたまごに金属製の器具を挿入し、その後調味液を中出しして作る。昨今のラーメン店では日常的に行われているポピュラーな中出し。
「味玉」と呼ばれることも多いが、生成されたとみなすのはあくまで黄身だけであり白身は省いて考える。
  • へそくり
引き出しやトイレのタンク内、もしくは人体の内部に金銭を挿入した結果生成されるもの。「物体Bの隠匿」として扱われることが多いが、実際には「労働報酬として得た金銭を、「家計簿上存在しない金銭」に変換する行為」であるため生成とみなすことが1962年のストックホルム会議で合意に至った事は皆様承知のとおりである。
へそくりの存在は人生における一大事において予測不能なトラブルにつながることがあるので、迂闊に推奨できない類の中出しでもある。
雌性成体に対して雄性成体遺伝情報に関する要素を中出しすることで生成される、両個体の特性を受け継ぐ小型体。雌雄に関しては法則性はなく、完全にランダムである。
生成された小型体も同じく矮生同一種生成が可能だが、生成可能要素を満たすには最低でも10~15年を要する。満たさないうちに再度中出しすると、小型体を破損する可能性もあるので注意が必要。

関連項目[編集]