世界三大イタ病

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイ母性が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。

世界三大イタ病(せかいさんだいいたびょう)は、WHO(世界保健機関)により認定されたイタい病気である。

概要[編集]

どれも、健常者から見て、非常にイタいのが特徴。常人には理解できないイタさがある、治療が非常に困難であること。と言った共通点が見られる。患者は自覚症状がないというのが大半である。各国において、様々な研究が積極的に行われているが、未だこれといった成果はない。また発病の時期もさまざまで小学生のころから発病するものもいれば、社会人になって始めて発病するものや、高齢者になって発病するものもいる。

三大イタ病[編集]

現在定められている「三大イタ病」は以下の通りである。各病気についてはそれぞれの記事を参照してもらいたい。

中二病
三つの内で最もイタい。類似の病気として高二病大二病などが知られている。風疹やはしかなどと同じく、子どものころに一度発病すると免疫が出来て二度と発病しないと言われているが、まれに大人になって再発するケースがあり、注意が必要である。ごくまれに生涯にわたり中二病を発症したまま過ごすかわいそうな方もいる。
釘宮病
近年認定された、三つのうちでは最も新しい病気。近年日本を中心に患者数が急増しており、患者のほとんどが男性であるが、まれに女性患者も存在する。発病者は、くぎゅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅうぅぅぅぅぅぅぅぅぅう!!!!!!などの奇妙な叫び声をあげて死んでいくとされるが詳細は不明。
妄想癖
患者数が最も多い。患者自身が発病したことに気付かずに放置し症状が悪化するケースが多い。症状が悪化すると、鬱病誇大妄想などを発病し、最悪の場合死に至る。一般的に被害妄想といわれているのはここに入る

研究[編集]

  • 各病気に関しては、ワクチンの製作や有効な治療方法開発に多くの学者が関わっているが、有効な治療法がどの病気でも確立されていない。ある研究者は「三大イタ病の治療方法はあと500年分、人類の技術が発達しなければ無理なのでは?」と発言している。彼はその後学会を追放された。
  • 俗に「バカは風邪をひかない」などと言われているが、世界三大イタ病に限って言えば、知的レベルの低いバカほど発病しやすい、という研究報告もある。なぜそうなるのかについてはお察し下さい
  • ある研究者の家族が、小学生の内に中二病と同様の症状を起こしたことがあったが、彼はナルシストであったというデータが存在していたため、中二病はナルシストの延長線上にあるのではという推測がなされている、ちなみに、その弟君はうるう年生まれだったようである

関連項目[編集]


この項目「世界三大イタ病」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)