世界に一つだけの花

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「1番になりたかったですね。僕はナンバーワンになりたい。 オンリーワンになりたいとか甘いこと言ってるヤツが大嫌いなんで」
世界に一つだけの花 について、イチロー
「ナンバーワンにならなくてもいい~というが、 花屋の店先に並んでいる花は農場での出荷選別作業に勝ち残ったエリートばかりだという事を忘れては駄目だからな」
世界に一つだけの花 について、四次元殺法コンビ

世界に一つだけの花(せかいにひとつだけのはな)とは、その名の通り世界中に1つしかないのことである。

概要[編集]

この花は、世界にひとつしか存在しないといわれているが、世界にひとつしか存在しないことを証明することは、宇宙人UMAが存在することを証明するより難しいとされる。

これはある生物などが存在するか否か、といった時によく言われることだが、存在することを証明するには、その生物を連れて来るなどして、存在する証拠を提示するだけでよいが、存在しないことを証明することは、その存在自体が生物学的に無理が生じない限り実質的に不可能である。

しかも、この場合の世界にひとつとは、ある場所でその花が確認された場合、他の世界中にある、いかなる場所においても存在しないことの証明をしなければならないことになる。そのため、今まで伝説として語られるに過ぎなかったが、このたび槇原敬之によって証明された。

花としての存在意義[編集]

しかし、植物が花を咲かせる主な理由として、花の中にあるおしべとめしべを受粉させることによって種子をつくり、種の拡大、保存などがあげられるが、この花の場合、常に世界にひとつしか存在ないため、可能性として種の拡大は除外される。また、常に世界にひとつは存在するために、わざわざ受粉を利用して種を残すというのは非常に非効率的である。実際に竹などは地下茎を通して生息域を広げているため、花を百年に一度の周期でしか咲かせない。

種の保存方法[編集]

そのため、この植物も地下茎を広げることによって生息域を広げていると考えられる。この場合、地下茎を通して繋がっているため地上では群生しているように見えても、個体としてはひとつである。

上記から、世界にひとつだけの花は生殖として機能していないことが考えられる。まあ、発見者があの人だし…。お察し下さい

分布[編集]

極楽に咲く花とされる。あるときは青色の花、あるときは黄色の花、あるときは赤色の花、あるときは白色の花が極楽で確認されたという。(とっかえひっかえ新しい花を咲かせていると思われる)

星の王子さま』に記述があるため、かつては地球外植物説が主流だった。物語の概要を説明すると、王子様は花(物語中では薔薇とされる)と愛欲生活を送るも、花のワガママに耐えかねて出奔、地球にて学んだテクニックで花を飼い慣らす、といった内容。

極楽とは、とある行為を意味するメタファーではないかとの説もある。

花はちんこの意であるという説[編集]

槇原はいつもちんこのことばかり考えていた。そんなある日、彼がゲイ専門店の行ったときのこと。その店は、ちんこのでかさによってランク付けされていた。そこで槇原は「大きいのも小さいのも僕は好きなのに」と思った。そこで槇原は、「すべてのちんこを平等に愛するように」という意味で「世界に一本だけのちんこ」というタイトルで曲を書き上げた。しかし、このままだとPTA週刊誌が黙ってはいない。槇原はこの曲を若い男の子を中心に歌ってもらいたかった。そこで、ちんこを花に変える事で槇原は計画を遂行できることに気づいた。さらに、ホモで有名なジャニーズ事務所に所属している槇原好みのSMAPに歌わせれば一石二鳥と確信。こうしてこの曲が完成した。SMAPがよくこの曲を歌うときに人差し指を動かすのは、一人一人のちんこを表現しているものと思われる。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「世界に一つだけの花」の項目を執筆しています。


Abe いいこと思いついた お前 がテンプレ貼った この項目「世界に一つだけの花」に加筆しろ
男は度胸 !  何でもためしてみるのさ きっといい文になるぜ
ほら遠慮しないで 書いてみろよ (Portal:スタブ)