不気味の谷現象

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
不気味の谷から転送)
移動: 案内検索
被験者の萌え的反応は、二次元キャラクターの擬人性に対して決定される。不気味の谷現象は「人間に近い」二次元キャラクターに対して萌え的反応が否定的になっている部分である。

不気味の谷現象(ぶきみのたにげんしょう)とは、二次元美少女キャラクターを三次元化して人間に近付けていくと、ある段階で急に不気味になって萌え的反応が落ちる現象である。


概要[編集]

二次元美少女キャラクターの現実化という願望は成人男性の多くが持ちうる感情で[要出典]、古くより二次元美少女キャラクターを現実化する試みは幾つもなされてきた。しかし、そこで得られた経験則は「二次元美少女キャラクターを中途半端に現実の人間化するとかえって不気味になってしまう」というものだった。東京工業大学の森政弘はこれを実験により確かめ「不気味の谷現象」と命名した。この現象は特に着ぐるみで出現することが多く、幼女向けキャラクターショーでは着ぐるみキャラの醸し出す不気味さに泣き出してしまう幼女が後を絶たない。この「不気味の谷」を乗り越えた先にはコスプレがあるとされる。

不気味の谷現象の例。左から右に向けて人間に近付ける過程において、不気味の谷が出現していることが認められる。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「不気味の谷現象」の項目を執筆しています。


解説[編集]

不気味の谷の前に泣き出す幼女。幼女が泣いているのに笑顔なのもまた不気味である。

二次元ではあれほどかわいかったキャラクターが何故現実世界に現れると不気味になるのか、その理由は二次元美少女キャラクターの大半が「目玉の怪物」であるためとされる。現実にはありえない程の巨大な目玉をした怪物である彼女らは、二次元という仮想世界においては違和感無く存在できるが、ひとたび現実世界に現れればそれは退治すべきクリーチャー以外の何物でもない。また、不気味の谷現象の多くは着ぐるみに認められ、ショーで怪人に叩かれようが蹴られようが常に笑顔を絶やさないことも不気味な理由の1つである。

しかし、顔表現を再現さてもそれはそれで困る事が多いので、ここまで再現するとやはり別のテクノロジーで二次元回帰するしかないのである。たが、もうここまで来るとアナログハックされる領域になるのでお察し下さい

関連項目[編集]