不思議のダンジョン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「不思議のダンジョン」の項目を執筆しています。

不思議のダンジョン(ふしぎのだんじょん)とは、入るたびに地形・構造が変化するエクストリームスポーツ風来のシレンに用いられる競技会場のことである。

概要[編集]

何故入るたびに構造が変化するのかというと、ひとえにそれが欠陥建造物だからである(ご都合主義で一部の者の間では神の仕業なり、異次元に繋げてしまった祟りだとされている)。会場を始めて稼動させる際エクストリームさとディライトさを醸し出すために最大荷重ギリギリまで妨害要素とアイテムを配置してしまったために、選手一人が入ってきただけで構造崩壊を起こしてしまうのである。もはや修正は不能である。それなのに何故競技として成立するのかというと、崩壊した瞬間に即座に再構築システムが起動するためである。(このシステムを作った奴はおそらく天才)これは起動する際、許容荷重まで戻すための独自の修正プログラムを適用する。具体的には一度完成された迷路の道すべてを破棄して再構築し(全ての道のエラーチェックが面倒臭いため)、その時点で床に配置されていたアイテムを回収して各階層毎に適当に配分しつつ、こっそりレアアイテムを消去している(風魔の盾などがほとんど出現しないのはそのため)。一見やり方が破綻しているようにも思えるが、このシステムのお陰で風来のシレンがエクストリームスポーツとみなされているのである。

罠の選択的発動[編集]

不思議のダンジョンに挑んで理不尽に思われた方も多いだろう。敵は罠にかからない!!。何故かからないのか。それはこの上記で述べた素晴らしい再構築システムのせいである。このシステムは同時にセキュリティも兼ねており、罠は基本的にこのシステムのコントロール下にあり、もちろん踏破者のみに罠が働くようプログラムされている。ただしコントロール精度はあまり高くなく、踏破側の物品が妨害者(モンスターとも呼ばれる)の上に落ちただけで踏破者と勘違いして発動してしまったり、また剥がした罠を妨害者に投げるなどの行為をした場合、システムとのリンクが確立していないため最初の一回だけは必ず罠が単独で起動したりしてしまう。これが意外にも踏破する競技者達にとって罠の「有効活用術」として利用法が日々研究されてきており、理不尽さはあながち否定はされていないようである。

なお、非公式には「ワナ道」なるものが存在し、このシステムをハッキングして乗っ取り、踏破者向けに改造するためのツール(主に、指輪など)が出回っている。当然、こちら(踏破側)は罠にかからず妨害者のみを罠にかける事が可能となる。(※ファームウェアの更新により、最近では地面に設置された罠を引き剥がして入手することも可能)。

伏兵[編集]

実は敵はモンスターや罠だけではない。たまに出くわす民間人、つまり風来人も敵と思ったほうがよい。一見何の害も無いように思えるが、選手とサポーターの分断を狙ったり、おにぎりを要求していることを匂わせておきながらそれを与えると豹変し、襲い掛かってくるなど、結構厄介者なのである。しかし中には本気でこちら踏破側の身をサポートしてくれる人も少なからずおり、これらを見分けるのは各自の熟練された人生観などが要求される。

再構築システムのバグ[編集]

本来妨害要素とアイテムはほぼ均一に配置されるようになっているのだが、稀にシステムがバグを起こすことがある。その場合、一階層の一箇所に異常なほど妨害要素とアイテムが集中することがある。これを俗にモンスターハウスという。なお、一階層全体でこれが生じる場合がある。その時は再構築システムがマヒし、壁が一切構築されなくなる。さらに、本来モンスターハウスには「その階であるべき」妨害者、アイテム、罠などが配置されるのだが報告によれば稀に「その階であるべきでない」異常なモンスターハウスなども確認されており、これが恐怖を集めている。近年「モンスターハウスに入っ途端、勝手に扉が閉まって閉じ込められた」といった閉じ込め事故も多数報告報告されているが、時間経過などで再び開くなどするため「ちょっと建て付けが悪い」で済まされてしまうので注意。

持ち込み[編集]

多くの場合、世界風来人協会によって不思議のダンジョンにはおにぎりの類を除いた私物の持ち込みが禁じられている。これは選手の持ち込んだアイテムによって構造崩壊が過度に大規模化し、再構築システムが破綻することを恐れているためである。ただし、一部では持ち込みが規制されていないところも存在する。その場合、私物を持ち込める代わりに再構築時のレアアイテム消去数が通常のおよそ二倍に設定されている。このため、持ち込みが許可されているところではディライトが大きく失われているのである。

必要物資[編集]

エクストリームな不思議のダンジョンを乗り切るにはアイテムが必要不可欠である。

[編集]

注:呪われた装備があるかもしれません。

こんぼう
ゴミ同然だけど無いよりはましといえる。
長巻-2
こんぼうよりはまあまし。
☆カタナ+99
意外と重要な武器である。ロマンチストが好む武器。
どうたぬき
タヌキを自慢する武器ではない。強い。
鍛えた木刀-1
大層な説明文が書かれているにもかかわらず所持者を容赦なく呪うナマクラ。
つるはし
構築済みの壁を破壊する物資。自らもそのうち壊れる。
ミノタウロスの斧
モンスターの得物を強奪する事も風来人には必要。ダンジョンによって片手持ちだったり両手持ちだったり。
成仏のカマ
用途は草刈ではなく落武者狩り。落ち武者が異常に狩りやすく、人気がある。
ドレインバスター
うざい敵にはだいたい利くのでこれまた人気がある。デザインも一部の人になぜかすごい人気。
一ツ目殺し
催眠術者退治に有効。
ドラゴンキラー
ドラゴンと呼ばれる手ごわい妨害者に有効。
妖刀かまいたち
これ一本で三刀流同様の効果が発揮できる便利な武器。
剛剣マンジカブラ
多くの風来人の中で一番強いとされている剣。
秘剣カブラステギ
都市伝説。普通では決して手に入らないお宝。知らない人も多い。

[編集]

注:呪われた装備があるかもしれません。

皮甲の盾
高級品ではない。しかしながらお腹が減りにくくなる。単なる思い込みがそうさせているのかも。
青銅甲の盾
オシャレに言うと「ブロンズシールド」。あんま強くない。
鉄甲の盾
地味だけど強い。
重装の盾
重い。ダイエットにもってこいの盾。
やまびこの盾
入手できればかなりうれしい盾。魔法をほぼ跳ね返すというトンデモな性能を誇る。
うろこの盾
毒が気にならなくなるが、意外に効果はまちまちで、毒の種類によっては全く防いでくれなかったりとムラがある。
バトルカウンター
受けたダメージを相手にもおすそ分けする。名前はカッコイイし強そうだけど意外に使い勝手はいまひとつ。
トドの盾
ひったくりスリに遭わなくなる盾。
風魔の盾
これを見つけると誰もが小躍りしてしまう程強力な盾。
ラセン風魔の盾
都市伝説。見た目も地味だし風来人から殆ど認知されていないが、すさまじく強力。

腕輪[編集]

注:この項目は未識別です。

腹減らずの腕輪
これさえあれば食糧問題が解決する腕輪。仕組みはわかっていない。
室伏広治の腕輪
壷を割る時には絶対に外すべき腕輪。物を飛ばしすぎる。
フィクサーの腕輪
どこの店でもとある事情により半額にしていただける脅威の腕輪。
千里眼の腕輪
システムに介入することによりアイテムや敵対者、すべての行動が丸見えになる。一番人気。
謝罪会見の腕輪
なぜか時々痛いところを突かれる腕輪。痛恨とも。
デバッガーの腕輪
物品についているバーコードを解析して、見ただけで詳細が分かる。めったに出てこない。
悟りの指輪
幽体になれる腕輪。壁や水路を通り抜けられるが、敵の攻撃は当たる。超高級品。

[編集]

注:この項目は未識別です。

席がえの杖
あなたの位置とわたしの位置を無理矢理代わってもらえる杖。
縛りの杖
思う存分縛れる秘術がこめられた杖。縛り方は各自自由。
お持ち帰りの杖
とりあえず相手を階段までお持ち帰りできる杖。ただし1回で1人まで。
突き飛ばしの杖
どいてくれない相手を前方に思いっきり突き飛ばすことができる杖。対象まで多少距離があっても大丈夫。
見下しの杖
相手を思い切り見下す方法が書かれている。使用すれば相手にレベルが下がったと思わさせられる。

巻物[編集]

注:この項目は未識別です。文字はレーザー加工されており水に濡れても乾かせば問題ないが、稀にインクのみの場合もあるので、消えてしまった場合は自分でまた新たな内容を書いてください。

管理人の巻物
物品についているバーコード1つまでなら、何でもシステムを参照して内容を解析できる。
武器強化の巻物
持っている剣が鋭くなる巻物。入ってる化学薬品とダイヤ粉末をペースト状に練り合わせ、刃に付けてつかう。
盾強化の巻物
持っている盾が硬くなる巻物。中には木工用ボンドやセメダインなどが入っていて用途に合わせてつかう。
鍍金の巻物
表面を塗装する。金属液にパテ、はんだに何とフラックス付き!
解析の巻物
1つのフロアの動き全てを見通せる巻物。もともとはデバッグ用だが使用が許され、配給された。
催眠の巻物
周囲の敵を強力な睡眠ガスで眠らす巻物。無機物だろうが問答無用だが、復帰直後に副作用で2倍速になるというオマケつき。
幻惑の巻物
対象者に強力な猜疑心を一時的に植え付け、同時討ちを誘う仕掛けが詰まった巻物。マジシャンの技術を応用した。
困った時の巻物
困ったときの神頼み。システムに問い合わせて、困った状態の緩和を催促できる。システムの適当な分析により状況が適当に把握され、適当に対処される。
例の巻物
この巻物には強力な命令が施されており、このタグを貼られた者、更には関連するグループや一族はダンジョンから速やかに退去させられる。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

[編集]

注:この項目は未識別です。

漬物の壷 保存の壷
アイテムがいっぱいもてる壷。おにぎりも傷まない。
マギー司郎の壷 変化の壷
縦縞が横縞になる壷。
検閲により削除の壷 合成の壷
装備強化には必須の壷。
宅配便の壷 倉庫の壷
レアアイテムを入れたい壷。
野比のび太の壷 やりすごしの壷
緊急避難用の壷。
カービィの壷 底抜けの壷
宅配便の壷と間違えるととんでもないことに…。

[編集]

注:この項目は未識別です。

ノベルな草 弟切草
ドリンクするとバイタリティがワンハンドレットヒールするグラス。
メディシンな草 薬草
ドリンクするとバイタリティがワンハンドレットのクウォーターヒールするグラス。
キャンディな草 無敵草
ドリンクするとボディがアンタッチャブルになるグラス。
リバイブな草 復活の草
ハヴしているとダイしてもリトライできるグラス。
コンタクトな草 めぐすり草
ドリンクするとアイがスーパーになってトラップをシーできるグラス。
GTOな草 毒草
ミステイクしてドリンクするとパワーがワンダウンしてレッグがスローになるグラス。
ドリンカーな草 混乱草
ミステイクしてドリンクするとボディがスパイラルムーブするグラス。
ドリームな草 睡眠草
ミステイクしてドリンクするとバイオレンスされてもリアルにカムバックできなくなるグラス。
リュウタロスな草 ドラゴン草
ドリンクするとマウスからフレイムがシュートされるグラス。
バースディな草 しあわせ草
ドリンクするとエイジをワンアップさせるグラス。
ブルーな草 くねくね草
ミステイクしてドリンクするとエイジがワンダウンするグラス。
ホープレスな種 超不幸の種
ミステイクしてドリンクするとエイジがワンになるシード。
サンドラ・ブロックな種 すばやさの種
ドリンクするとワンターンにセカンドまでアクションできるシード。
ジャンキーな種 キグニ族の種
ミステイクしてドリンクするとブレインがヒートしてセガール・トレインするシード。
ギャル曽根な種 胃拡張の種
ドリンクするとストマックがビッガーになるシード。


配置されている妨害要素[編集]

モンスター[編集]

マムル一家
マムル、あなぐらマムル、洞窟マムル、しろがねマムル、おうごんマムルなど。
洞窟以上になると成金状態の侮れないモンスター。
チンタラ一家
チンタラ、ちゅうチンタラ、おおチンタラなど。
強さと図体が正比例の関係のモンスター。
天然一家
にぎりみならい、にぎりへんげ、にぎり親方、にぎりもとじめ、畠荒らし、壷荒らし、物荒らし、大物荒らしなど。
世間ずれしておらず、貴重品の概念が無い純真なモンスター。だけど嫌われ者。
視線一家
ゲイズ、スーパーゲイズ、ハイパーゲイズなど。
すぐ選手を自己破産させようとする困り者モンスター。やまびこの盾を恐れる。
おでん一家
おばけ大根、めまわし大根、ねむり大根など。
やたらと選手に野菜を食べさせようとするモンスター。
武士道一家
鬼面武者、はんにゃ武者、将軍など。
転んでもただでは起きない海千山千のモンスター。
落武者一家
亡霊武者など。
武士道一家を破門されたモンスター。ジゴロな奴。
廃棄物一家
ミドロ、ゲドロ、オドロ、ドドロなど。
光りものに嫉妬して下水を浴びせてくるイヤなモンスター。
貞子一家
ノロージョ、ノロージョの姉、ノロージョの母など。
もったいない精神で流行に合わせて装備品を変えるチャラチャラした選手を戒める頑固なモンスター。
音楽家一家
シューベル、メンベルス、ベルトーベンなど。
やたらと音楽会を開いてモンスターを集めるモンスター。
スケベ一家
クロムアーマー、チタンアーマー、メタルアーマー、ケンゴウ、イアイ、シハンなど。
やたらと選手を裸にしたがるいやらしいこと極まりないモンスター。
恥辱一家
タイガーウッホ、タイガーウホホ、タイガーウホーンなど。
やたらと選手を恥ずかしい体勢で抱え上げて放り投げるいやらしいこと極まりないモンスター。
スカートのぞき一家
とおせんりゅう、ドラゴンヘッド、スルードラゴンなど。
やたらと選手の足元にもぐりこんでパンツを見ようとするいやらしいこと極まりないモンスター。でもスカートの選手がいない…。
焼肉一家
タウロス、ミノタウロス、メガタウロス、チキン、マスターチキン、グレートチキンなど。
食材にしたらとっても美味そうなモンスター。でも腕っ節は無茶苦茶強い。
トンだ一家
デブータ、デブーチョ、デブートンなど。
食材にされることを恐れてか遠距離攻撃ばかり仕掛けるモンスター。
強奪一家
ぬすっトド、みどりトド、アイアントドなど。
苦労して集めたアイテムをひったくっていく腹立たしいモンスター。
スリ一家
ガマラ、ガマグッチ、ガマゴンなど。
苦労して集めたギタンをスッていく腹立たしいモンスター。
ウィリアム・テル&軍事オタク一家
ボウヤー、クロスボウヤー、コドモ戦車、ちびタンク、オヤジ戦車、ガンコ戦車、イッテツ戦車など。
すぐにぶっ放す血の気の多いモンスター。
ヤク中一家
キグニ族1~99。
敵味方見境無い隔離推奨モンスター。
詐欺一家
ンドゥバ、ンドゥルーなど。
レアアイテムかもしれないと思って接近すると見事にその期待を打ち砕いてくれるモンスター。
けんだま一家
アイアンヘッド、チェインヘッド、ギガヘッドなど。
けんだま好きで、自分の頭までけんだま仕様にしてしまったモンスター。
痴呆一家
パコレプキン、パコレプキーナ、パコレプキングなど。
痴呆が進んでしまい、まっすぐ進むことすら困難なモンスター。
空気一家
エーテルデビル、ミラージュデビル、ファントムデビル、アストラルデビル、エーテルもどきなど。
壁を抜けられるほど存在感が無くて誰にも気付いてもらえないモンスター。ただしもどきだけは存在感を放っている。
火だるま一家
火炎入道1~99。
焼身自殺中のモンスター。
アメフト一家
ドレムラス、ハードレムラス、マッドレムラスなど。
タックル大好きなモンスター。壷を割るのが趣味。
カースト最下層一家
タベラレルー、クダカレルー、トカサレルー、トリコマレルー。
現実世界で言うなら植物レベルの最下層モンスター。泣けてくる。
じじい一家
こごとせんにん、みかわしせんにん、からぶりせんにんなど。
話が長かったり、攻撃をよけたりなどうざいことありゃしないモンスター。やるかじじい。
ワニカマキリ一家
ナイフゲータ、サーベルゲータ、ブレードゲータなど。
ワニだかカマキリだかわからない連続攻撃モンスター。
まずそうな蟹一家
ギャザー、ヘルギャザー、キラーギャザーなど。
食べたら腹壊すの間違いなしのモンスター。しかも特殊効果無効のため厄介。
ピコッ!一家
いやしウサギ、きゅうめいウサギ。
ピコッ!という音とともに傷ついた仲間に駆けつける善良なモンスター。
ホーホー一家
やみふくろう、ようまふくろう、あんこくふくろうなど。
フロアを暗闇に変えてしまう。当然屋外では無力。
アシモ一家
カラクロイド、エレキロイド、スチームロイドなど。
倍速で働くが、罠を作ったら休むサボり魔。彼のおかげで地下水脈の村の店は破産寸前である。
部族という名の変態一家
正面戦士、正面ファイター、正面マスターなど。
ダメージを1に変える強力な防具を装備している。ただ変態なので正面にしか装備していない。よって雑魚である。
最凶一家
ドラゴン、スカイドラゴン、アークドラゴンなど。
お馴染みの最強種族モンスター。気が利くので、すぐ選手にタバコの火を貸してくれる。
偽最凶一家
ヒーポフ、カエンポフ、ゴオオポフなど。
DSリメイクの際に出てきたドラゴンたちの劣化。一直線しか炎を吐けない、ミスする、能力が低いなど何のために居るんだとしかいえないモンスター。

[編集]

木の矢
オーソドックスな罠。競技によっては弾丸補充にも使える。
鉄の矢
上に同じ。
毒矢
上に同じ。当たると脱力してしまう。競技によっては凶悪なアイテムと化す。
丸太
一気に移動できるある意味便利な罠。
地雷&大型地雷
敵を葬ってくれるモンスターハウスではありがたい?罠。競技によってはオーブントースターにもなる。
デロデロの湯
おにぎりを腐らせる罠。でも競技によっては強力なおにぎり製造機になる。
落し穴
前の階層に戻ったり、緊急避難にも使える強力な罠。だけどアイテムを目前にひっかかってしまった時の悔しさといったら…。
バネ
たいしたこと無いように思えるが、サポーターと分断されてしまう脅威の罠。

不思議のダンジョンの開発者[編集]

元祖不思議のダンジョンの製造元。
リアルで不思議のダンジョンを建造しようとしたが、肝心の再構築システムを再現できず失敗した。

現在地球上に実在する不思議のダンジョン[編集]

国全体と国民のが不思議のダンジョンでできている。
再構築は20年に一度とサイクルは遅いがこれも不思議のダンジョンである。
数ヶ月~数年で再構築が行われる。
言わずもがな。
未だに全貌を把握している者がいない。

関連項目[編集]


この項目「不思議のダンジョン」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)