不下校

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

不下校(ふげこう)は、主に学校で行われるエクストリームスポーツの一種。

概要[編集]

読んで字のごとく下校をしないというエクストリームスポーツ、それが不下校だ。一見簡単なことかと思われるかもしれないが、この競技を始めたが最後、その学校を卒業するまで学校を出ることは許されない。

同種の競技に「不登校」があるが、こちらは不下校より遥かにやさしいと言えるだろう。不登校は「学校に行かない」ということだ。この競技の主たる戦場は「自宅、あるいは自身の設定した拠点」である。ネットカフェや高級ホテルや国会議事堂ホワイトハウスでずっとじっとしていればよいのだ。不下校は違う。この競技の競技場は「自身が通う教育機関の建物の中」である。教育機関の中というのはどことなくヒンヤリとした空気が漂っている。それは教育機関の建物が堅牢に造られている何よりの証拠だ。堅牢に造ることに頭を使いすぎて、キレイに見せる努力を怠ったのだ。この温かみを感じない建物の中で、ふつふつと湧き上がってくる寂しさに耐えながら篭城を続けるのは、並大抵の努力では適わない。

参加資格[編集]

基本的に誰でも参加できる。参加したくなったら担任の先生にその旨を伝えると良い。先生は君を必死になって引き止めるだろうが、参加したい思いを血眼になって伝えれば参加を許してくれるだろう。また、必ず参加しなければならない人たちがいる。帰宅部のみなさんだ。多くの中学校、高校では試験シーズンになるとこのような掲示が行われる。

帰宅部帰宅禁止.PNG

この掲示に従い、全国の帰宅部員は自らの活動内容である「帰宅」を自粛し、学校に篭り続けることになる。

ルール[編集]

自身が通う教育機関の建物の中において競技を行う。建物内なら場所はどこでもいいが、自分が所属するクラスの教室がベストであろう。部屋を決定し、競技が開始されたら建物から出ることは許されない(まぁ、学校の敷地内であれば、建物の外に出るのは良いかもしれない)。そして、出てはならないのは、放課後になっても同じである。競技終了まで学校に篭っていなくてはならない。

ちなみに、学校は長時間篭城するのには、向いていない。たとえば……

下校放送
子ども達をできるだけ早く帰投下校させるために放送部がシコシコやっている日課。できるだけ悲壮感を煽る曲(運命やモーツァルトの40番など)を流し、下校を促す。これを聴けばどんなに篭ろうと心に決めていても「帰りたい」と思うようになる。
警備員
いいところの学校だと暗くなった後に警備員をはべらせるていることがある。彼らの任務は「不審者の排除」である。夜中にもかかわらず学校内に人がいたら、殺害し屍姦する。そうすれば雇い主の偉い人から美味しい美味しいエサがもらえるのだ。エサのためなら生徒だって容赦はしないだろう。いや、そもそも警備員は外部の人間だから生徒の顔なんて知りもしないのだ。地元の人間で作る自警団も同様。
照明
君は、夜の学校に篭ったこと無いだろうから、知らないと思うが、学校という建物は暗い。
廊下などは前が見えないほど暗くなる。一応、廊下に保安灯はついているものの光量が弱かったり、まったく点かなかったりでまったく役に立たない。これは学校の維持費が公費から出されているためだ。建てる際にも人が夜遅くまで入っていることなど想定していないから照明関係にはあまりお金がかかっていないのだ。そういうことであるから真夜中になってくると前が見えなくなり、次第に競技続行不能な状態に陥るのだ。

前項で先生が参加を止めようとする理由がわかって頂けただろうか。一生を無駄にしたくなければ参加しないことだ。

得点[編集]

競技終了時に最も獲得点の高かった者が優勝となる。なお、前述の通り基本的に競技終了=卒業であるが、試験中の帰宅部に限り試験の終了が競技自体の終了となる。ただし希望者に限り、帰宅部を退部する、あるいはエクストリーム・幽霊部員との同時参加により競技を続行することが可能。

  • 警備員に遭遇したが逃げおおせた - 100点
  • 警備員に確保されたが脱出した - 200点
    • ただし学校の敷地外に出される、親に引き渡される、殺害される等した場合はその時点で失格となる。
  • 下校放送に合わせて踊る - 50点
  • 下校放送に合わせて歌う - 150点 (声量等によって若干加算される場合がある、ジャイアンに限り無条件でさらに300点加算)
  • 下校放送に合わせて歌って踊る - 300点
    • この場合、踊る・歌う単体の得点は加算されない。
  • 廊下を利用したボーリング大会の開催 - 500点
    • 多くの場合警備員、あるいは用務員との攻防へ発展するため高得点が期待できる。
  • 体育館で一人バスケットボール - 600点
    • 一人でやるむなしさに絶える精神力が必要。

この他にも、芸術点等特別点が加算される場合がある。

関連項目[編集]


11059583579444.jpg この項目「不下校」を執筆した人は、キラの力により殺されてしまいました。そこでこれを見ているあなたにこの記事の未来を託します
無理にとは申しません。だって執筆者は殺されている訳だし…。 (Portal:スタブ)