下野市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
自治医大と同附属病院(旧南河内町)
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「下野市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「下野市」の項目を執筆しています。

下野市(しもつけし)とは栃木県南部に位置する市。リンチ事件の石橋宇都宮線の終点になることがある駅がある国分寺自治医大の南河内の新設合併で誕生した。市には獨協医科大学病院と並ぶ県内で重要な病院の自治医科大学附属病院があり、市のキャッチフレーズは倒れても安心な街。そう謳っている反面、警察は不祥事があり信用できない。

新設合併ということもあり、市街地が多く、市役所は国分寺、警察は旧石橋、病院は南河内とバラバラともバランスがとれているともいえる状況で、市街地が定まっていない。

概要[編集]

時代の流れに逆行し、住民が2万人を突破した石橋町、ベッドタウンとして以前から発展していたのに自治医大の存在が大きすぎて光を浴びない南河内町、宇都宮線の終点になることがあり武蔵小金井駅に行きたい都民を惑わせてきた小金井駅がある国分寺町が合併して誕生した。いずれの3町も知名度が高いとは言えずに知名度のアップを目論んでいた面もあった。新市名は廃藩置県前の下野国(しもつけのくに)から取って下野にしたのだが、県内では読売新聞と購読数を争う下野新聞があり、「下野と言えば新聞」という状態だったため、むしろ逆に知名度がダウンしている(なお、下野新聞は県内一位の購読数)。また、下野国の国府は自称県都の栃木市にあり、僭称疑惑もささやかれている。

とはいえ、人口は現在も増え続けており、道の駅も誕生した。また、国道4号宇都宮線が市を通っており、東北新幹線が通過しているのどかな街で、事件事故も起きず、地元紙・下野新聞や、地元テレビ局・とちぎテレビでニュースになることもほとんどない。しかし、旧石橋町では非常に大きな事件を起こしており、10年近くを経た今でも語られることが多い(後述)。

合併前の町[編集]

石橋町[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「石橋町」の項目を執筆しています。

交通面では酷道として有名な国道352号(栃木県内は普通に国道である)と東京から青森まで縦断する日本最長距離国道の国道4号(新4号)が交差している。

しかし、警察官の息子が恐喝・リンチし、被害者家族の訴えを「お宅の息子が悪いんじゃないのwww」「麻薬でもしてるんでしょwww」などと捜査怠慢が続いた挙句、被害者が死亡し、桶川ストーカー殺人事件と並ぶ警察の不手際と言われている栃木リンチ殺人事件で警察の不手際が目立った石橋署がある(現下野署)。それ故にのどかではなく実は警察が明らかにしていない事件が起きている可能性がないとも言えない。

国分寺町[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「国分寺町」の項目を執筆しています。

小金井駅があるとはいえ、自治医大駅も国分寺にあり、一番栄えているのは自治医大駅周辺である。小さい町だもんしょうがない。町名の由来でもある国分寺という寺があるが、誰も気にしていない。気にするのは道鏡を愛する叛逆分子だけだが、彼らが行くのは下野薬師寺だ。

下野市発足から現在(平成26年7月現在)まで市役所が旧国分寺町役場に設置されているが、平成26年3月に新市役所の建設計画が決定した。

南河内町[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「南河内町」の項目を執筆しています。

一に自治医大、二に自治医大、三四が無くて後が自治医大という街。住民が提出した条例が成立することも多く、これを聞きつけたプロ市民住民活動に意欲を示す者たちが移住してきて住民が増えていた。

また、ソニーなどの工場もあるが、基本的には救急車の音が鳴り響くのどかな街。

東日本大震災で旧役場に被害が生じ、撤去することが決まっている。

関連項目[編集]


この項目「下野市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)