下着泥棒

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

下着泥棒(したぎどろぼう)とは、泥棒役のオフェンスと住人役のディフェンスに分かれ、洗濯物である下着をめぐり得点を争うエクストリームスポーツである。あくまで対象となるのは洗濯後に干してあるものであり、箪笥等にしまわれているものは競技対象外である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「下着泥棒」の項目を執筆しています。

概要[編集]

競技者は攻め手(泥棒)と守り手(住人)に分かれる。 慣習的に泥棒役は男性であることが多いが、特別男性でなければならないとは明記されていないため、女性がやっても問題は無い。競技者の年齢に対しても制限は設けられていない。住人については特に規定は無い。 日時や場所、天候等についても規定が一切無いため、いつでもどこでも、手軽に楽しむことが可能である。そのため世界中で親しまれているエクストリームスポーツである。

競技自体は守り手は洗濯物として下着を干し、攻め手はそれを守り手に見つからないように奪取するという至って単純なものである。しかし守り手は様々な防御策を講じることが可能であり、それに応じて攻め手も手法を変えなければならず、年々競技は難易度を上げ、奥が深くなっていっている。あくまで対象は洗濯し干してあるものであり、乾燥後にたたみしまわれた下着は対象外である。それらを盗った際は、競技無効とはならないものの、同協会からは厳重注意が出される。

ルール[編集]

住人は洗濯物を干す。攻め手は守り手に見つからないようにそれを入手し撤退する。 無こと安全圏まで逃げられたら攻め手の勝利、途中で守り手に発見されたり通報されると守り手の勝利となる。勝利時の得点計算は、対象となった下着の種類や守り手の防御策に応じた技術点によって算出される。また、いかなる環境であっても競技を行うことが出来るため、その時々の天候、環境に応じた状況点が加算されることがある。勝者はある程度まで得点が累積されると世界大会への出場権が獲得できる。

得点[編集]

下着の種類[編集]

攻め手は奪取した下着、守り手は獲物として使用した下着の種類に応じてポイントが加算されていく。このポイントは攻守同一である。ここでは代表的な下着についてのみ見ていくこととする。

パンツ
+15点。一般的な獲物であり、当たり外れが少ない。攻め手を誘引する材料としては役不足な感はあるが、若者のパンツであった場合、或いはある程度の年齢の女性のものであった場合のどちらも、純白パンツである評価は高く、他のパンツと比べても入手難易度に対して得点は高めに設定されている。なお、他のパンツは「パンティー」と表記されるが、白だけは「パンツ」と表記される。これは他の色が後に追加された項目であるのに対し、白パンツは競技が考案された当初から対象であった名残とされる。
パンティー
+25点。セクシーさが高く、獲物となりやすい。黒いブラジャーと組み合わせるとボーナス点が加算される。またレースが付いていることが多く、これもボーナス対象となる。単品では低めのポイントであるが、ボーナス点が付きやすいため、人気は高い。
有色パンティー
+20点。上記の白黒パンティー以外の色のパンティーである。これらはその色に関わらず一律この点数であるが、開催国によってはパンティーを勝負下着とみなし、更に加点を加えることがある。
豹柄パンティー
+20点。比較的若者が穿くことが多いため、対象居住者の年齢を推測しやすくなるという効果がある。その為接触難易度と比較しても低めの点数となってしまっている。
ふんどし
特殊な下着であり、35才以下女性のものと確認できた場合は+75点、それ以上の年齢のもの或いは男性のものと確認できた場合は-75点となる。入手難易度はきわめて高く、夏祭りのシーズンなどには稀に見ることがある程度。
ブラジャー(白)
+12点。比較的入手難易度も低く、複数枚同時に入手出来る確率も高い。
ブラジャー(有色)
+18点。パンツと違い白以外ののものはここに統一される。これは色彩やの多様化により、詳しくそれぞれについて得点を付けていくことがこと実上不可能となってしまったことによる。

防御策[編集]

防御策については、攻め手と守り手それぞれ得点が違ってくる。攻め手は困難な防御策であるほど攻略時の点が高くなり、守り手はいかにシンプルな防御策で防ぎきれるかによって得点を与えられる。以下、(攻め手の得点)/(守り手の得点)となる。

室内干し
+28点/-15点。一気に難易度があがるものであり、攻め手の高い侵入技術が要求される。守り手としては安全性が飛躍するため、減点対象となってしまう。
番犬
+15点/+2点。
家族の洗濯物を混ぜる
+17点/+8点。独身女性などは不可能であるが、家族で住んでいる場合、防御策としては効率的なものである。ここで攻め手は、若い対象の下着を選別する能力を問われる。間違ってばばを引いた際は減点となることもある。

状況点[編集]

ここでは攻め手のみ、加点が加えられる対象となる。

マンションの上層階
+(階数×4)点。ただし2階以上が加点対象となる。高ければ高いほど、ベランダに干された洗濯物へ辿り着く技術が要される。方法は特に問われないため、攻め手の柔軟な発想が試される。
警察署の近く
+25点。
下調べ無し
+21点。対象住居に対する下調べを一切せずに競技を試みた場合に与えられる。守り手の家族構成などが分からないため、難易度は高くなる。

ボーナスポイント[編集]

下着セット
+7点。黒パンティーと黒ブラジャーをセットで入手できた場合、特別点が加算される。
攻め手撃退
+35点。守り手が攻め手と接触した際、それを撃退することが出来た場合に加点される。ただしこのとき、下着は奪われると奪われた個数×3点分、ここから引かれる。
攻め手逮捕
+75点。方法の如何に問わず、守り手が攻め手を逮捕、あるいは警察による逮捕に貢献した場合に加点される。

関連[編集]


Syazai kaikenp.jpg この項目「下着泥棒」は、執筆者が徹夜でやろうとしていたかもしれませんが一身上の都合により書きかけであれなんです。お願いです社員は悪くありませんから検閲により削除してくれたら検閲により削除なんですが… (Portal:スタブ)