下田市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「下田市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「下田市」の項目を執筆しています。
ペリー硬貨

下田市 (しもだし)は、静岡県の…じゃなかった、伊豆県の南部に位置する温泉都市。

市の概要[編集]

かつては市内中心部に大型のドックを持つ造船所があり、見上げるような巨船を次々と新造していたが、造船不況の影響により会社は解散。 約5000人の「船つくりの男たち」は町を去り、温泉と海水浴の観光地として現在に至っている。 中心街および市内全域はご多分に漏れずシャッターが下りた店舗が目に付く。

幕末にペリー艦隊やプチャーチン艦隊が寄港した史実にしがみつき「開国の港」を標榜するも、浦賀などに比べると歴史の教科書に登場しない半端さは拭えない。

通貨[編集]

市と接する3町に通じる全ての道路には検問所があり、下田市独自の通貨ペリー」と両替しなければならない。 1ペリーは日本円にして1000円。レートが変化する事は無い。日本円の持込は現在のところ可能のようだ(2009年)

廃墟の聖地[編集]

御苑ホテル、下田グランドホテル等、廃墟マニアには有名な物件が多数存在しており、その道の者を喜ばせているが、野良人による不審火などもあり、近年は警察によるパトロールが強化されている。

金目鯛[編集]

日本一の漁獲量を誇る下田港の金目鯛は数少ない名物の一つ。というか何とかの一つ覚え。

観光客は伊豆急下田駅に降り立った途端に金目鯛の看板を見る羽目になる。

市内を観光して金目鯛の文字を見ないで済ますのは不可能と言える。

サーフィン[編集]

大会が開催される名所だけあって近隣の県などから訪れる若者も多い。

中には市内にアパートを借りて、移住してしまうツワモノも。

ロープウエイ[編集]

伊豆急下田駅そばには寝姿山ロープウエイがあり、山頂にはかつて「水の無い水族館」という施設があった。内容はお察しください

海中水族館[編集]

入り口脇のウミガメを見るだけなら無料。

サスケハナ号[編集]

下田港を周遊する遊覧船。黒船の形をしていていかにも楽しそうだが、乗ってしばらくすると普通の船だと気がつく、このタイプの船は日本全国の観光地で見られる。

下田城[編集]

ピラミッドパワーとUFOの展示がなんとも…の個人コレクション美術館だったが現在閉鎖中。

豆州下田郷土資料館[編集]

世界的に珍しい二棟建てアネックス有りの歴史博物館。館とB館の間に私道が走る。 かび臭さは世界一。マネキン多数。


この項目「下田市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)