上杉市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「上杉市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「上杉市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「上杉市」の項目を執筆しています。

上杉市(うえすぎし)は、新潟県西部の都市…ではなく、頚城県の県庁所在地である。

当初は上越市(じょうえつし)を称していたが、全国各地から「上越新幹線で上越市に行けないとは何たることか!」「上越線沿線と上越地方の違いが判らん!」と苦情が殺到した為、当地を本拠として活躍した戦国武将・上杉謙信に因んで、「上杉市」に改名した。

概要[編集]

上杉市は、「平成の大合併」によって多くの周辺市町村を合併し、特例市として区制を敷くなどしている。また、隣接する糸魚川市とともに、北陸新幹線の建設予定地として、地価が下げ止まるなど、新潟長岡とは異なる経済の動きを見せている。さらにスーパーマーケットやホテルなどの大手資本が参入し、魔のストローが延びつつある上越は中下越の二の舞になることは必至とみられる。言葉は現在は標準語近いが、文化的には富山県東部~新潟県下越地方の丁度中間である。

名称問題[編集]

「上越市」という市名は、無用な混乱を招くとして長らく問題視されてきた。昨今、ついに市名変更の気運が高まり、詰めに詰めた協議の結果「頚城市」「上杉市」「春日山市」の三案に絞り込まれ、最終的に「上越市」と字面が似ている「上杉市」を採用するに至った。

しかし今度は、上杉氏に所縁のある米沢市から「神聖な上杉の名を独り占めするとは横柄だぞ!」って抗議が巻き起こったが、上杉市は「米沢は春日山の息子だろ!」「『岩城市』だって、秋田県にある息子じゃなくて、浜通りにある親元が名乗ってるだろ!!」って反発している。

ちなみに、前市長の時には宮古市という使命も提案されていたが、支持率の低下により却下された。

歴史[編集]

上越市発足以前の歴史については割愛し、高田市直江津市の項目に譲ることにする。

上越市は、城下町・高田と、港町・直江津の合併によって成立したため、当然ながら中心市街地も二つ存在する。上越市役所が高田と直江津の中間に位置する春日山に置かれたことにより、都市機能のさらなる分散を招いており、まとまりに欠けた都市であるといえる。

性格の異なる二つの都市が合併に漕ぎ着けたのは、妥協に次ぐ妥協を重ねた結果であることは言うまでもない。妥協の産物に他ならない安易な市名が後の混乱の引き金になることは、誰もが予想していたことであった。

魚津城の戦いでは魚津を守ろうと必死だった。

交通[編集]

脇野田駅(2017年9月撮影)。一大交通拠点を作るに相応しい荒地更地が広がっている。奥は建設中の北陸新幹線。

長野方面から高田と直江津を経て長岡に至る信越本線、直江津から富山に向かう北陸本線、六日町で上越線と合流する北越急行ほくほく線が通じており、直江津は頸城県における交通の要地として一定の存在感を放っていたのである。

ところが、北陸新幹線の新駅が市街地から遠く離れている脇野田に設置されることで、高田・直江津・春日山に次ぐ第四の核が形成され、ますます一体性の乏しい地域になってしまうことに市民は危機感を募らせている。 さらに「ただの通過駅になるなら金は出せん」ということで、国や他県と折り合いが付かないでいる。

ましてや、広域合併によって市域が拡大したため、目的に応じてバスを乗り継ぎ自家用車を乗りこなさなければならない。区役所が設置されたとはいえ、なかなか連絡しづらいのが現状であり、一体感の醸造も一苦労である。

今後は、できる限り北陸新幹線を機会に上杉の魅力を全国に発信することで、いかに多くの資本や人材を集められるかが上杉市の勝ち残りの鍵となりそうだ。

関連項目[編集]


海原雄山.jpg 女将を呼べッ!なんだこの上越市は!!
よくもわたしの前にこんなシロモノを出したな!
今すぐ作り直せ!!ジュンサイの旬は初夏だ! (Portal:スタブ)