上田市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「上田市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「上田市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「上田市」の項目を執筆しています。

上田市(うえだし)とは、長野県の東において、上田県を勝手に組織し、周辺市町村を子分としている市である。

概要[編集]

高原が二つある。菅平高原に住む人々は都会のことをほとんど気にせず、少数山岳民族としてレタスを作りながら狩りをして暮らしている。実はスポーツ合宿のメッカである。小県という名前をかつては良く聞いたものだが、絶滅寸前である。市の西部にある青木峠では幽霊が出るというウワサがある。呪いの峠である。

温泉がやたらに多い。塩田にある別所温泉は有名だが、行きかたがわからずあきらめてしまう人が多い。もったいない場所である。塩田と言う地区名は、海が無いくせに塩が多く取れると嘘をついていたことに由来する。丸子にある鹿教湯温泉はその地区ごとお湯がぶっかけられたとウワサされているが、山奥なので客はあまりにも少ない。

夏祭りの名称は「上田わっしょい」というものの、なぜか神輿は登場しない。詐欺である。神輿を見たいなら、その2週間前に開催される「祇園祭」を見に来ればいい。

上田城の裏には急な崖があり、いずれ崩れるだろうと言われている

最近、戦国BASARA実際には戦績ゼロの真田幸村サマーウォーズなどで観光客を引き寄せようと頑張っていた。そろそろ賞味期限が切れそうなタイミングで、2016年大河ドラマが「真田丸」に決まって市内は浮かれているが、タイトルの真田丸が大阪にあることからして期待通り上田がクローズアップされるかどうかはわからない。

県庁横取り計画[編集]

長野市頚城県に編入された後も、上田市は「佐久県第一の都市」として県庁を横取りしようとしばしば企てており、その性質は戦国時代から変わってないと考えられる。1990年代には、一時的に日本の支配者になったこともあるが、数年で政権奪回された。2009年頃にも日本の乗っ取りを計画しており、国号を「大上田帝国日本族自治区」と改称する予定である。隣の青木村でも、鉄道業を根こそぎ強奪しようとした五島慶太を出している。

現在でも長野大学、国立長野病院が上田市内にあり、上田電鉄長野電鉄と同じ汚物車を常に走らせる、住民が長野市と松本市と久佐平市にしかないスタバの誘致運動を起こしている。岩村田が新幹線開通のどさくさに小諸から新幹線を分捕って県庁所在地になろうとしたが、上田の有力者が軽井沢・小諸・岩村田の対立を煽ったと風聞されている。ナンバープレートも長野である。ウィキペディアにおいて、長野市民を詐称して荒らすアイアムザパニーズ行動がみられたことがあり、これも佐久県庁分捕り計画の一端と考えられている。長野銀行は松本に取られた。

交通[編集]

松本から上田へ行く方法は、三才山峠青木峠のルートがあるが、三才山峠は料金所があるうえ、道に迷うと平井寺峠に行ってしまい通行料金を余計に取られ面倒である。青木峠は金がかからないので便利だと言いたいが、夜通るときは特に注意。その場所で一生忘れられない物を見てしまうかもしれない。(交差する道路がない直線にある謎の信号機には注意。その信号が赤になった時、一生忘れられない物が横断しているかもしれない。)保福寺峠という別ルートもあるが、詳細は禁則事項です 生存者によると、有刺鉄線と柵で道路から一歩も外に出ることができなかった。

原付のナンバープレートは六文銭をかたどった独自のものであり、交通戦争において常に死を覚悟し運転するという安全運転への願いが込められている。バイク用語で言うところの「特攻」と同義語である。上記の通り、長野乗っ取りのため、原付を除く自動車(二輪含む)のナンバーは、全て長野ナンバーに偽装されている。

長野から上田へは国道18号線が唯一のルートとなっている。しかし、途中のがけ山には注意した方が良い。上信越自動車道も通っているが、長野から上田まで高速を使うのはもったいないだろう。せいぜい東京上杉へ行く時に使うようにしよう。

関連項目[編集]


この項目「上田市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)