上本崇司

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「上本崇司」の項目を執筆しています。

上本崇司((うえもと たかし)、1990年8月22日- )は広島県で製造されたリーサルウェポン第2号のコードネームであり、2017年現在、赤い悪魔に所属する内野手である。

来歴[編集]

大4の2012年、ドラフト3位で広島東洋カープに指名される。 2015年に、打てなさすぎてスイッチヒッターに転向。

特徴[編集]

  • 初代の反省を生かして作られた。兄には広島出て行かれちゃったけど弟は地元で(ムードメーカー的な意味で)活躍してます。
  • 遠投100メートル、50メートル走5.9秒は兄とほぼ同じ数字。それでいてプロ通算打率.121と、兄とは打ってかわって守備極振り。高校時代の監督いわく「打撃は兄、守備は弟」だそうです。
  • 「兄弟足して2で割らなかったような選手が欲しい」と両球団のファンから開発者に要望がいく。しかしお金大人の事情により却下される。
  • 性格は明るい方。お立ち台の選手に水をかける習慣を生み出したのは彼。でもお立ち台に立つ側にはなれない。雨で試合が中止になると兄や辛いさんのモノマネをやりだす。

関連項目[編集]


ExSport.png この項目「上本崇司」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)