上本博紀

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「上本博紀」の項目を執筆しています。

上本博紀((うえもと ひろき)、1986年7月4日- )は広島県で製造されたリーサルウェポンのコードネームであり、2017年現在、黄色いおもしろ球団に所属する二塁手である。


来歴[編集]

入団3年目まで[編集]

プロ入り前は捕手が足りないとかでコンバートされたりしつつ、そこそこ二塁手として活躍し、大4の2008年、ドラフト3巡目で指名。そして阪神では何事もなくプレーしていた…が。

2012年2013年[編集]

2012年の手抜き試合オープン戦で、いきなり負傷。(しかも守備中)開発者の手抜き工事が球団にバレる。

2013年は、無謀にもWBC強化試合・WBC日本代表VS阪神の阪神側遊撃手として出場。案の定というか打球を追ってこれまた典型的な打撃極振り と衝突。結果、西岡剛に二塁手のレギュラーをかっさらわれた上に、プロで(初)三塁の守備をやるハメになる。

選手会長就任中2014年2016年[編集]

2014年から面倒ごと阪神の選手会長を引き受ける。そして6年目にして初めて開幕を1軍で迎える。ケガしすぎだろ仕事しろ開発者。

しかし初っ端に西岡が重傷を負い、棚ぼたで上本が正二塁手を獲得。やられたらやり返せ、である。

とか思っていたら5月、雄平の打球を受けて親指骨折。当然ながら守備中。開発者に改造してもらった方が良い守備力である。

シーズン全体では、なんだかんだいって初めて規定打席に到達し、打率.276、出塁率.368、7本塁打、38打点、20盗塁、17失策[1]といういずれも自己最高(最多)の成績を残した。

去年の勢いそのままに、2015年も正二塁手として出場。しかし前年より打撃・走塁ともに不振だった。守備?これ以上悪くなりようがない。

選手会長の任期は2年で終了…のはずだったのだが、まさかの延長。[2]2016年も引き続き面倒ごとを務めつつ二塁手争いをしていたが、頼みの打撃が極度の不振に。2軍落ちを経験するなど、散々なシーズンだった。

ブレイクスルー・2017年[編集]

この年、ようやく狩野恵輔に選手会長を押し付けることに成功する。そして心機一転、背番号を4から00に変更。

すると、これまた西岡の大怪我もあり、なんと開幕からほとんどすべての試合に二塁手として出場。毎年恒例の守備中のケガもあったけど気にしない。 課題の守備も見れるレベルにはマシになり、人生最大のブレイクスルーを経験する。

2017年現在、走攻守(ただし守備範囲はドーナツ型)そろった二塁手として活躍中。

特徴[編集]

  • ファイナルウェポンだったりアルテマウェポンと言われることもあるが、ここではリーサルウェポン(略称ウェポン、ウエポン)で統一する。
  • 開発者が「ウェポンといえば攻撃だろ!」と考えて製造した結果、打撃極振りであり、ボール球を振らないこととバットに当てることとボールを飛ばすことに関しては得意。なお守備
  • しかし開発者がハード面にかける金をケチったのか、非常に貧体(173cm、65kg)なため、パンチ力の割にホームランが少ない。しかも壊れやすい。
  • 細かいことが苦手。なぜならばリーサルウェポンだから。守備範囲がドーナツ型。最近守備力が向上したが、守備範囲は外しか広がらなかった模様。
  • 性格が暗い。とにかく暗い。開発者いわく「仕様です」。のせいで余計目立つ。ヒーローインタビューがお通夜状態だったことがある。しかしヒーローになれるだけ弟よりマシだろう。

リーサルウェポン故障歴[編集]

故障しやすい。というか毎年のように故障する。 守備中の故障が多い。

  • ~2011年 そもそも試合出場が少ない。
  • 2012年 オープン戦の守備中に左肘副靭帯を痛める。
  • 2013年 強化試合の守備中にハヤタと衝突。右目と左足首を損傷したうえに左足首の方は再発させるという重傷。
  • 2014年 ヤクルト戦の守備中に雄平の打球を食らって親指骨折。
  • 2015年 広島戦の守備中にダイビングキャッチを無謀にも敢行し腰を痛める。
  • 2016年 打撃練習中に去年の腰痛を再発させる。守備中のケガではない希有な年。
  • 2017年 広島戦の守備中、こどもの日に集まったたくさんのファンや子供たちの前で難しい打球に飛び付き案の定故障。開始数分で担架で退場する。

結論:守備下手すぎる。

脚注[編集]

  1. ^ 2014年のセントラル・リーグの二塁手では最も多かった。
  2. ^ 後継者候補が軒並みレギュラー争い真っ最中(大和今成など)なのが原因。なおこの当時上本も西岡、大和とレギュラー争いをしていた。

関連項目[編集]

ExSport.png この項目「上本博紀」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)