三重県

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、少し前の三重県全域について記述しているばい! 名古屋共和国に尻尾を振ったカメレオン国家につ・い・て・は「イオン共和国」をCHECK IT OUT!! はい!!!
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情DHMOが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「三重県」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「三重県」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「三重県」の項目を執筆しています。

三重県(みえけん)とは、紀伊半島の東岸に位置する、アサルトライフルの形状をした県である。県庁所在地はギネスにも登録されている世界一短い地名Z

各界からの語録[編集]

「三重県は州都名古屋中部州に入るんだからな!さっさと逃げれば好いものを。」
三重県 について、霞ヶ関
「ハッハッハ! 見ろ!!伊勢神宮熊野三山がゴミのようだ!!」
三重県 について、ムスカ
「見せてあげよう、尾張の雷を。」
三重県 について、張富士夫
「お前にも見せてやろう!名古屋の本当の悪夢をな。」
三重県 について、ナイトメア
海道一の親分静岡県が東海じゃなくて、紀伊半島の三重県が東海だなんて、時間保護法違反よ。」
三重県 について、ユウリ
「それが変なんだ。三重県が近畿(畿内)じゃなくて東海(海道)で、静岡県が東海(海道)じゃなくなってるんだ。」
三重県 について、「パラレル西遊記」でののび太
「ずっと前から狙われていたんだ。危ないなと気付く度に、何度滋賀県に援軍を求めた事か…。どこまで逃げてもかぎつけてやって来るんだよ。多分、滋賀県も襲われただろうな…。」
三重県 について、ククル
「この霞ヶ関による道州制の区割り案が実現すれば、紀伊半島・琵琶湖岸・若狭湾岸の者どもは、誰も三重県に入る事はできないのだ。そして、三重県民は、同じ紀伊半島仲間の奈良県や、琵琶湖岸・若狭湾岸の滋賀県との交流や救援も受けられずに死ぬのだ!!」
三重県 について、ギガゾンビ
「とんでもない奴だ!名古屋なんかに都になられて堪るか!!」
三重県 について、ドラえもん奈良県和歌山県
「あたりまえさ!だから京都のようなミスはしない。三重を支配するのはこの僕達さ!ハハ、アハハハ!」
三重県 について、W・Bリーダーズのふたり(B・H団のリーダーW・H団のリーダー)&千葉県勝浦市
「三重県が名古屋と情死しろですって?名古屋こそ大好きな京の都と情死しなさい!!三重県は大好きな奈良の都と情死します。」
三重県 について、伊勢神宮
美濃や飛騨の銀行で百五銀行のカードが使えるって言うけど、誰が行くの?だったら奈良県の銀行で百五銀行のカードが使える方がよっぽど便利だろ?」
百五銀行 について、南都銀行

概要[編集]

紀伊半島の太平洋岸に位置する県であり、伊勢神宮を擁する事から「神の国」「美し国 (うましくに)」と呼ばれて来た。奈良県と共に近鉄王国として有名であり、交通面で暫く前までは日本国の統治下に入っていなかった。古く奈良県内に都が転々とした時代には、大阪府と同じく「斑鳩の外港」「奈良の外港」であった。コアな三重県マニアの間では『エクストリーム・三重』とも。

津市以北は織田信孝藤堂高虎の領土だった地域で、「新宮に好い顔、名古屋京都に好い顔、奈良に好い顔、大阪に好い顔、安土に好い顔」をしている。ところが、四日市以北は、霞ヶ関の理屈で凝り固まる名古屋共和国に占領されて大豊田連邦に編入(東海併合)されて終った。同じ紀伊半島で日永追分を擁する四日市を三重県に奪還する為、伊勢を初めとする伊勢志摩や、新宮を初めとする熊野三山は、「名古屋の横暴を懲らしめろ!!!」「大阪の妄想を戒めろ!!!」って憤怒を燃やしている。

松阪以南は伊勢神宮と熊野三山の所在地で、江戸時代には紀伊徳川家の分家の領土だった地域であり、「津市に超LOVE、名古屋にLOVE、大阪にLOVE、奈良にちょいLOVE、和歌山にツンデレ」をしており、自分たちは紀伊半島の支配者で偉い存在だと思っている。

なお、伊勢神宮や熊野三社の辺りを「近畿」「畿内」と呼ぶと、大阪府民から猛抗議を受けて横縞を縦縞に変えられる上に、納豆(除大徳寺納豆)アレルギーでたこ焼きお好み焼きをオカズにご飯を食べないと生きていけない体にされるので、扱いには細心の注意を要する。この大阪府民の態度に対しても、熊野三山や奈良県の住民は「紀伊半島の同胞だろ!!」「紀伊半島の両岸の三重県と大阪府なんて、奈良の家来だろ!!」って怒りまくっている。

さらに、志摩の辺りには、玉城町という沖縄を連想させる町がある。一瞬不思議に思う方もいるかもしてないが、三重県が本州の最南端の和歌山県の隣であることから、かつてここは沖縄の領土であったこと考えれば、何ら不自然なことはないと考古学者も言及している。

その上、志摩にはスペイン村もあったことから、いわゆる日本町のようなものが点在していたことがうかがえる。

伊勢神宮と熊野三社という、超メジャーでグレィトゥな施設があり、日本国民の聖地である。というか、伊勢神宮と熊野三山以外にメジャーなものは無いけど、ええじゃないか。伊勢神宮内と熊野三社内に幻想郷への道がある。

統治の現状[編集]

前述した通り、三重県は日本国が行政権を行使していると国際的には規定されているが、実質的には分割状態にある。県庁は津市にあるが、この辺りは近鉄王国に占領されているため、その機能は果たせていない。

現在、三重県の統治は以下の各国政権による分割状態となっており、三重県の名称は、国造や律令国の伊勢国・伊賀国・志摩国・熊野国と同じく、名目だけの存在となっている。

和歌山県より三重領東和歌山(かつては紀伊の国だった)や、滋賀県より三重領南滋賀(伊賀国)、愛知県より木曽川左岸租借地(木曽岬町)などの植民地を持つという横領っぷりだが、浜松県伊豆県を県ごと滅ぼし、山梨から富士のイメージを強奪した静岡(府中)植民地帝国に比べれば、かわいいものである。

伊勢国・志摩国
四日市以北は大豊田連邦の傀儡国家であるイオン共和国(地域首都:四日市)の支配下。
鈴鹿以南は近鉄王国の支配下で、地域首都は津市。近鉄王国領は伊勢神宮のお膝元でもある。
伊賀国(地域首都:上野
近鉄王国の支配下だが、南近江に根を張る信楽鉄道も支配権を伸ばそうとしている。しかし、実質的な支配者は忍者と狸の置物である。南近江は甲賀国として、滋賀県京都府とは別の国になるかも。
熊野国(地域首都:新宮
熊野三山の所在地で、実質的な支配者はサッカー日本代表と中日ドラゴンズサークルKである。熊野三山のある東牟婁郡は、「人口希少で熊野県の分立が無理なら、伊勢志摩と一緒に三重県に入りたい」って懇願したが、三重県から強引に切り離され、和歌山県に入れられた。しかし、県庁所在地の和歌山は淡路島や大阪に寄ってるのに、東牟婁郡は台風銀座で名古屋寄りである為、伊勢湾台風に襲われた東牟婁郡では「県庁所在地まで200kmなんて遠過ぎ!」って苦情が殺到した。そして、熊野古道の世界遺産登録を契機に、東牟婁郡は三重県に復帰した。紀伊半島の南端に位置するため、紀伊半島の付け根に位置する名古屋共和国大阪民国への牽制と懲罰に執念を燃やしている。
企業王国
亀山は蝋燭王国(政府は大阪へ移転)から奢亜布王国(政府所在地は大阪)に支配者が代わり、鈴鹿は本田王国の占領下にあり、治外法権である。

受けている酷い仕打ち[編集]

愛知征伐中の三重。名古屋なら、伊勢水戸やな。

交通[編集]

交通面で酷い仕打ちを受けている地域は、三重県が最たる例だろう。以下に、三重県が受けて来た交通面の酷い仕打ちを列挙する。

交通面の酷い仕打ち[編集]

鉄路
  1. 三重県が紀伊半島の一角である位置からも判る通り、本来の東海道は三重県を通っている道である。ところが、帝国時代に鉄道を通す時に、京都から名古屋へ至るルートは、彦根や関ヶ原を経由する中山道ルートじゃなくて、甲賀や桑名を経由する東海道ルートで通されるはずだった。しかし、霞ヶ関の理屈を振りかざす名古屋のワガママのせいで、三重県は強引に東海道本線から外され、岐阜や彦根には中央本線じゃなくて東海道本線が通されるという支離滅裂なルートになった。
    • そして、東海道新幹線を通す時にも、岐阜県羽島市出身の大野伴睦が我田引鉄した為に、三重県は東海道新幹線からも外された。
      どう見ても嫌がらせだ。
    • おまけに、お隣滋賀県長浜も、京都・岐阜・敦賀への分岐駅が当初は長浜城近辺(長浜駅)に建設されるはずだったのに、7km離れた郊外(米原駅)に無理やり変更された。
  2. 新宮・名古屋・敦賀・大阪を結ぶ分岐駅も、本来なら沿岸の鈴鹿(伊勢神戸城近辺)に建設されるはずだったのに、沿岸じゃない亀山駅に無理やり変更された。
    • 高崎みたいに、鉄道の分岐駅が誘致された旧城下町が賑わっている現象を見て、鈴鹿市民と長浜市民は、「『市街地に鉄道が来なけりゃ街が寂れる!』って言った仙台市民は立派だよ…」「熊野本線の分岐点を鈴鹿市街地に誘致すべきだったのに…」って悔しがっている。
    • それでも亀山市がちっとも賑わっていないことは誰も気にしない
  3. 国鉄の分割民営化でも、紀伊半島の三重県と愛知県JR西日本に入るはずだった。しかし、宮城県出身の三塚博というアホ政治家のせいで、亀山から東と新宮から東は、JR西日本から強引に切り離され、JR倒壊に入れられた。
    • お陰で、京都から新宮へ行く特急も和歌山経由の遠回りを強いられ、奈良・大阪(天王寺駅)・京都からの新快速(奈良…関西本線。京都…草津線)も未だ乗り入れせず、名古屋から新宮経由で大阪へ行く紀伊半島一周線まで廃止された。県内を走る伊勢鉄道はJR倒壊に乗り入れられているが、その際に青春18きっぷが使えない。
    • しかもそのJR倒壊の路線は非電化の区間ばかりなので、快速電車が快速汽車(気動車)になっちゃっている(でも私鉄がなくて電化区間の全くない徳島県よかはまし)。
    • 新宮以東の熊野灘沿岸は、鉄道がJR倒壊しかない上に、隣接する奈良県との公共交通機関は鉄道計画が頓挫した。この為、那智勝浦から橿原へ行くにも、神武ルートだと21世紀のこの世の中になってもバスしか存在せず、鉄道で行くには津市までJR倒壊で行って、津駅松阪市までJR倒壊で行って、松阪駅で近鉄に乗り換えるか、天王寺駅までJR酉日本で行って、歩いて大阪阿部野橋駅まで行って近鉄に乗り換えなきゃ行けない。
道路
  1. 本来、紀伊半島の付け根同士である名古屋と大阪を往来する場合、琵琶湖ルートは「名神高速道路」として一本の道なのに対して、奈良を経由する紀伊半島の弦ルートは「東名阪自動車道」「名阪国道」「西名阪自動車道」に分断された。
  2. 国道の整備と道の駅の設置は、地方整備局が行っている。しかし、東牟婁郡は三重県から強引に切り離され、東牟婁郡と奈良県は近畿地方整備局(所在地:大阪)なのに対して、残りの三重県は近畿地方整備局から強引に切り離され、中部地方整備局(所在地:名古屋)に入れられた。
  3. 紀伊半島を一周する国道42号は、当初は津市を始点にして新宮を経て和歌山へ至るルートだった。極め付けは、国道42号の始点が、紀伊半島(津市、鈴鹿、四日市名古屋)から外されて、遠州灘沿岸浜松に強引に変更された。勿論、浜松県と三重県の間は海路である。この、紀伊半島の統一を分断する酷い仕打ちに対しては、隣の和歌山県民も「国道26号を大阪から延長しろ!」って怒り心頭である。
航空
  1. 三重県には空港が存在しない。実は、2013年1月1日現在、海に面している都道府県で空港がないのは、京都府神奈川県と三重県だけである。神奈川県は、横浜羽田空港がかなり近いので、特に神奈川県内に空港を作る必要はなさそうだし、京都のほうには、「歴史的建造物の上を飛行機が飛んでいては全てが台無しになる」とかいった理由がありそうだ(奈良県にも空港はない)が、三重県にはそういった言い訳理由は何一つありそうにない。しかしそんなことはもはや誰も気にしない

あの県やあの県だってそうだ。なんでみんな寄ってたかって三重県ばっかりイジめるんだよ。あいつらもそうだし、あいつらだってこんなことを、さらにはあいつらまで、ちくしょあああああああああ!

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

対抗策[編集]

勿論、これだけの酷い仕打ちを受ければ、三重県民だって默っちゃいない。先ずは、伊勢志摩と東牟婁郡が先頭に立って、霞ヶ関の理屈を振りかざす名古屋と大阪を懲罰し、名古屋と大阪を新宮の支配下に入れる作戦である。「紀伊半島の分断を止めさせろ!!」って怒りを燃やす東牟婁郡は、西暦2004年に、新宮・名古屋・大阪を結ぶ熊野古道(含伊勢参宮街道)を、道の世界遺産にまで押し上げたのである。熊野の春を実現したんだ。

これでも懲りず、名古屋のアホは翌2005年に中部国際空港を建設して、紀伊半島と琵琶湖若狭湾岸を真向から分断しようとした。しかし、これに対抗する三重県・滋賀県福井県で結成される東近畿三県同盟は、熊野三山と若狭湾岸を結ぶ連絡高速道路の整備を盟約した。2006年には伊勢志摩と若狭の観光関係者が小浜に集まり、名古屋が近畿州(畿内州)に入らないなら縁を切り、奈良と一緒に近畿州に入る事を宣言した(→イオン共和国)。

そして、名古屋と大阪による分断を阻止すべく、2007年には滋賀県が「ひこにゃん」の存在を、福井県が「ケータイ天皇」の存在をそれぞれ公表すると、当然三重県からも観光客が滋賀県・福井県各地に集まった。福井県⇔滋賀県の交通アクセスが良い点に危機感を募らせた三重県は、2008年に三重県と滋賀県を結ぶ新名神高速道路を開通させた。新名神高速道路の開通により、津市や四日市からも京都への高速バスが開通し、伊勢(紀伊半島東岸)から敦賀(若狭湾岸)までが高速一本で行けるようになった。この新名神高速道路の目的には、「名古屋による紀伊半島分断の阻止」もあるが、真の目的は、「奈良や大阪が災害を受けた場合に備えて、潮岬から敦賀までの交通網を『迂回路』として充実させる」事である。

新名神高速道路だけじゃ終わらない。2008年7月には、奈良や大阪からの新快速を三重県と愛知県(名古屋共和国)に乗り入れさせる為に、関西本線奈良亀山複線電化促進連盟が結成された。勿論これは、名古屋への隷従と紀伊半島の分断を強いる霞ヶ関への勇敢な抵抗であり、勿論、熊野三山から見れば、新宮・名古屋・大阪が同じ近畿州に入って、紀伊半島が統一されるという悲願への前進である。又、関西本線が完全に複線電化されると、名古屋から奈良や大阪(天王寺駅)へ行く関西本線の新快速が走る事になるが、(1)名古屋が奈良への従属を一層進める、(2)紀伊半島の双方の付け根(名古屋と大阪)の距離と往復時間が短縮される;というように、紀伊半島の統一という効果も期待できる。

そして、草津から柘植に至る草津線沿線の市町村は、京都からの新快速を三重県まで乗り入れさせる為に、草津線複線化促進期成同盟会を結成した。勿論、これは三重県・滋賀県・京都府の交流の強化を目的にしている。現在の熊野三山のアクセスガイドでは、名古屋・京都・新大阪が拠点駅になっているが、草津線の存在感が上がると、敦賀から三重県に行く際の乗換え口である草津が注目され、名古屋・草津・京都・大阪の4都市が熊野三山へのアクセス拠点として一挙に掲載されるという効果も期待されている。

とにかく、日本中にベルリンの壁を建てまくる霞ヶ関や、紀伊半島の付け根の奴らが蔓延させた缺陥だらけの日本の行政も、踏んだり蹴ったりにされた三重県民(それに滋賀県の長浜市民)が推し進める政策で、全てが解決する!!東欧民主化革命ならぬ、東近畿脱名古屋革命を起こしてやる!!!名古屋人と大阪人よ、お前らは長浜と同じ豊臣秀吉所縁の地だろうが!!!

県名[編集]

  • 「三重」の名称は、『古事記』に由来する。ヤマトタケルが東方遠征を終えて尾津前(桑名)から能褒野(亀山)へ向かう途中、「吾が足は三重の勾がりの如くあるが、甚だ疲れざる。」と疲れているにもかかわらず見栄を張った。そうして、その一帯は見栄と呼ばれることとなった。しかし、鎌倉幕府成立後、三重県に本拠を構える伊勢平氏(平清盛ら)の没落から、『「栄え(繁栄)を見る」という漢字が不適切である』との源頼朝からの指摘により三重と改称された。全くその通りである。
  • 四日市ぜんそくで汚名を残した四日市が、名誉を挽回する為に「四日市全速!」と言うキャッチでキャンペーンを行ったが、失敗に終わっている。これを見た伊勢市民は、「草津線経由で京都と名古屋を往復する新快速を通せ!」って苦言を呈している。
  • 近畿地方中部地方日本まんなか共和国との三つの地方に重なっていることから「三重」と名付けられたという説も有力である。

スポーツ[編集]

三重県は、野球界では伊賀を除いて中日ドラゴンズの支配下にあり、法隆寺平城京平安京の流れを組む畿内人でありながら、霞ヶ関の理屈を振りかざす名古屋と大阪の分断工作を受けているため、スポーツに関しても冷遇されとる。

  • 伊賀上野に本拠地を置く代表の女子サッカーチームは全員がくノ一であり、全国的な成績を誇るが、男子チームはJ2にすら上がれないため日の目を見やへん。ユースサッカー界では全国選手権での優勝歴を持つ四中工(四日市中央工業高校)が存在し、サッカー日本代表のマークである八咫烏は熊野三山の守り神やのに、肝腎の熊野三山(熊野本宮新宮那智勝浦)に本拠地を置くチームが存在しやんやん(泣)。恐らく、男性の力強いサッカーのプレイスタイルは、忍者の性質が合わへんのやろう。
  • 伊勢志摩や熊野三山はアマ野球が比較的盛んやけど、宇治山田商業高校(伊勢)と新宮高校は全国優勝の経験を持ってへん(泣)。畿内は野球王国やけど、近隣県を見ると奈良県や和歌山県南部や滋賀県よりは愛知県の方が強いので、北勢では、野球の巧い中学生を愛知県の高校(主に名電や東邦など)に輸出する産業が活発。そして、輸出するに値しなかった有力選手は各々の高校へと平等に分散し、平等な弱さ強さとなるため、すべての高校は平等に甲子園へ行くチャンスがある。さすが悪平等な県である。そのためか、ここ10年での夏の甲子園における三重県代表校の初出場率が異常に高い。そして、どこが出場しても平等に弱いため初戦で負けるということはもはや夏の風物詩となっている。2ちゃんねる高校野球板で秋田県を馬鹿にできない数少ない県である。
  • 四日市ドームで硬式野球やると、ホームランした時に屋根が破けてしぼむ。
昔、四日市にはコスモ石油が出資していたサッカークラブがあり、上位カテゴリーに進むためにホームスタジアムの整備が期待されていた。しかし、ハコとして四日市ドームという粗大ゴミを与えられた結果、チームはやる気をなくして解散してしまう。
チームスポーツが根付かない三重県らしいオチである。そもそも、人工芝で4000人しか入れないドームを作って何がしたかったんだ?人口7万人の鳥栖ですら神スタジアムとして有名なベアスタを持ってるんだぞ?
  • 鈴鹿サーキットはどうすんの?
  • 三重スリーアローズなる聞いた事もない野球チームがあったがいつの間にか解散した。

自然[編集]

三重県は四方八方を恐ろしい自然の脅威に囲まれており、とりわけ台風の襲来が多い為に「台風銀座」と呼ばれている。八百万の神々の脅威から伊勢を守るために作られた結界があの伊勢神宮であり、紀伊半島の端っこを制える為の結界が熊野三山であり、伊勢神宮と熊野三山を結ぶ要塞が奈良県の橿原神宮である。

  • vs愛知県:険しい養老山地と荒れ狂う3条の龍(木曽川長良川揖斐川)が横たわっている。隣の愛知県民は、なんとかこれを封じ込めようと輪中という名の防衛要塞を作ったが、全く歯が立たなかった。お陰で、織田信長豊臣秀吉上洛する際にも、鈴鹿(伊勢国)を通らずに長浜近江国)を通って行った。
  • vs奈良県:小高い山地が横たわっており、忍者山窩以外はまともに越えられない。吉野の山々なんて、険しい上に台風銀座だから、越える事はまず無理。
  • vs和歌山県:熊野古道が通っているけど、潮岬から襲撃する台風のせいで、車なんかよりも鳥羽賢島から漁師の船に便乗した方がまだ速い。台風シーズンには、新宮じゃなくて大阪を経由するのがベター。
  • vs滋賀県:600mを越える山々が横たわっており、忍者と近江商人と若狭漁師の外はまともに越えられない。京都へ行くなら、木津川ルートで上野を経由した方が結構便利。
  • vs伊勢湾:東に横たわる伊勢湾は、閉鎖的な水域で、河川からの栄養の過多により生まれた妖怪である紅潮緑潮が支配する、魑魅魍魎の海である。その上に公害怪獣が海から現われて、光化学スモッグを撒き散らす。鳥羽以北の県民に逃げ場はない。
  • vs熊野灘:東に横たわる熊野灘は、リアス式海岸であるが、ここを通る船は、台風の危険に晒される。秋刀魚漁が盛んで、秋刀魚寿司が駅弁に出る。

文化[編集]

  • 紀伊半島に位置し、伊勢神宮と熊野三山という聖地を擁する為、昔から紀伊半島同胞の奈良大阪、特に奈良の影響が強い。言語も畿内辯であり、養老山地の向こう側で濃尾方言名古屋とは方言も全く違う。愛知県が属国扱いしてる四日市ですら、「みゃー」の濃尾方言じゃなくて、大阪のベッドタウンと同じく「せやねん」の畿内辯である。しかしながら、畿内辯も、瀬戸内海岸の大阪や琵琶湖岸の京都とと比べれば違いが大きい。特に机は「吊る」ものであると言って他県人の失笑を買うことがまま見られる。
  • お馴染みの伊賀忍者は、三重県が原産地である。しかし伊賀忍者であるはずの忍者ハットリくんが、伊賀辯で話さないのは、東京政府の政治的プロパガンダ作品であるからと考えられる。
  • 三重県といえば養殖真珠である。これは英虞の海で育った忍阿古屋貝が生み出したまごうこと無き本物の真珠である。それにも関わらず未だに世界の市場は天然モノが一番という迷信に支配されており、養殖真珠は格下扱いを受けている。

メディア[編集]

テレビ局や新聞でも、三重県は酷い仕打ちを受けている。本来、紀伊半島の三重県は、同じ紀伊半島仲間である奈良県大阪府和歌山県と同じ近畿広域圏や京都本社(或いは大阪本社)に入るはずだった。しかし、霞ヶ関の理屈を振りかざす名古屋のワガママのせいで、三重県は奈良県や和歌山県や大阪府から強引に切り離され、岐阜県と一緒にさせられた。強引に切り離した名古屋にある霞ヶ関の出先機関(東海電気通信管理局)は、「愛知県と岐阜県の濃尾2県だけじゃ足りない。おまけに三重県まで付け加せ!」って言い放った。正に、同じ地形と歴史を共有する地域を、国の都合で強引に切り離す、霞ヶ関の理屈を象徴する事象である。ほんで、電気通信管理局のエリアを見ると、織田豊臣組の名古屋・敦賀・京都が切り離されてるんだから、メチャクチャである。ほんで、愛知県・三重県・奈良県・大阪府・和歌山県が同じエリアの大新聞は、産経新聞だけである。さらには、とあるテレビ番組で桑名市で作られたものを「へぇ~。これ名古屋で作ってたんや~」みたいな言い方をした。これホント。

これに対して:

「(三重県と)何の縁も無い日本アルプスの岐阜県のニュースじゃなくて、同じ紀伊半島の奈良県や和歌山県のニュースを流せ!」
「紀伊半島の愛知県・三重県・奈良県・大阪府・和歌山県を同じエリアに入れろ!」
「名古屋は京都に管轄されろ!三重県は京都に管轄されたい!」
「そんなに名古屋が三重県と一緒になりたいなら、名古屋も近畿広域圏に入れるしか無いわな。名古屋が近畿広域圏に入れば、新宮でもナゴヤドームの中日戦やグランパスTVを見られるし、名古屋でも大好きな京都のニュースを見られるんだから、一挙両得だろ!!」

というように、三重県民の怒りは凄まじい。

同じく奈良県民や和歌山県民も、「奈良県や和歌山県でも、伊勢志摩のローカルニュースを流せ!」「紀伊半島の愛知県・三重県・奈良県・大阪府・和歌山県を同じエリアに入れろ!」って怒りまくっている。

食品[編集]

その粘り気は食欲をそそる 注:納豆コーヒーゼリー)

三重県は、奈良の都に海産物を贈った「御食国(みけつくに)」だった歴史で解る通り、食品事情は比較的豊富である。にもかかわらず、この分野でも様々な嫌がらせを受けている。

  • 伊勢の名物と言えば赤福餅。しかしこれには深い隠喩が存在しており、餡子は女らしさを、生地は男らしさを象徴している。古くは、男性が表面が生地で覆われた餅や団子で、自らが生地の様に中の餡子たる女性を守ることを誓い求婚した。その逆も然り、もし男女関係が冷え切っている時に女の方から赤福を買って来た際は別れが近い。男性諸君は注意されたし。
  • 高級な海の幸の代表例である「伊勢蝦」、実は伊勢の名前を冠しているにもかかわらず、伊勢での陸揚量はほんの僅でしかない。愚な日本人は伊勢蝦をありがたがること甚だしいが、その伊勢蝦の大半は伊勢蝦ではなく伊勢ザリガニなのである。
  • 松阪牛は全国的にも有名な高級霜降り和牛であることは周知の事実であろう。だがそれにも関わらず松坂(だから松阪)はどうもぱっとしない。それもそのはず、青年が名古屋京都・奈良・大阪、はたまた東京へと流出してしまい、牛を育てる後継者は一部の巨乳フェチ以外存在しないのだ。しかも彼らでさえ、和牛が貧乳であることに絶望して大部分が途中で辞めてしまうのだ。しかもなどとは違い、牛肉は冷凍しても味がそれほど悪くならないため、地元までわざわざ牛を食べにくる観光客はほぼない。これは、過疎地帯だ海の幸が豊富な北近畿とは大違いである。その上、「松坂牛(まつざかぎゅう)」と呼ばれたり表記されることもしばしば。正しくは「松阪牛(まつさかうし)」。「松坂牛」表記は中国の牛(日本の松阪牛に勘違いさせるために商標登録された)である。
  • 志摩のもう一つの注目すべき貝類は牡蛎である。なぜならこの生物は女陰に酷似しており、一部の独身男性がこれを用いて性欲をコントロールをするからである。(『和名抄』によれば「牡蛎」とは「おすかき」と読み、「男根を掻く」の意)そのためこの地域へ一部の女性団体から冷たい目が降り注ぐ。しかも牡蛎を使用する男性が次々と中毒を起こして死亡する事例が相次ぎ一時は社会問題ともなった。
  • 鈴鹿にも納豆コーヒーゼリーサンドという最高級のサンドイッチがある。この食品は和洋折衷を真の意味で初めて実現したと名高い[要出典]。しかし、パクリずくめの名古屋市民によって、起源の劫奪が進められており、起源を誤解する者もいる。一方で、「臭い」「粘っこい」「クリームが脂っこい」などと批評を下すものが数多くいるが、その多くは根も葉もない偽っぱちであり、名古屋と同じく霞ヶ関の理屈で凝り固まった大阪市民の陰謀である。
  • 天むす味噌かつは名古屋の発祥物として有名だが、実はどちらも津市発祥。しかし、起源が完全に名古屋に劫奪されてしまった。しかし、2014年秘密のケンミンショーの「お兄ちゃんそれ僕のなんだけどグルメ」という詐欺告発団体が告発、2015年ええじゃないかでも三重県の物だとアピールしている。

人物[編集]

三重県は世界的に見ても数多くの有名人を輩出してしている。特に、三重県ではその地理的閉鎖性と伊勢神宮のご神光により、常に新たな文化が生まれている。その文化的優秀性から、三重県は「知のフロンティア」と呼ばれ世界中の羨望を一心に浴びているが、そのためなのか、三重県出身者は不当な評価しか得られていない人物がほとんどである。

  • 岡田克也四日市
    • の置物集め」という分野を開拓した第一人者(実話)であるが、名古屋共和国民主党の陰謀によりあまり知られていない。
  • 小倉隆史鈴鹿
    • 某スポーツライターから「レフティーモンスター」と呼ばれたフットボーラー。「奈良に好い顔、大阪に好い顔、名古屋に好い顔、新宮に好い顔」と、余りの八方美人振りで、倒狂の一部のメディアは「オグは愛知県の出身だろ?」って誤解されている。
  • ドン小西津市
    • ドンだけ~」の創始者。元々、「ドン小西だけ浮いてへん?」が略されて、「ドンだけ~」となったようだが、現在IKKOとかいうわけのわからんオカマがさも自分のネタであるかのように使用しまくっている。しかし、元々は津市が発祥の言葉なのである。
  • 松尾芭蕉上野
    • 三重県生まれのニート、じゃなかった、安濃津藩の間諜。落ちぶれた忍者ではない。三重県では落ちこぼれすらエクセレントォ!!
  • 平清盛伊勢
    • 日本を代表するエグゼクティブサムライである。実は日本共産党の生みの親(平清盛の項参照)である。源頼朝を神聖視する憎き東京の陰謀で悪人という評価を受けている。
  • 増田こうすけ(どっか)
  • 磯野貴理南伊勢
    • 「うるさいオバはん」と言う評価は、「太平洋岸は除け者」と決め付けるシンスケによって貼られたレッテルに過ぎない。三重県を侮辱したシンスケには、伊勢神宮や熊野三山の神々から天罰が下るであろう。
  • デューク更家新宮
    • 「歩いて健康になる」という療法を開発したお医者さん。熊野詣を繰り返して来たから健脚になったんだろう。

その他、あの人やあの人などなど、他の県出身の連中とは一味も二味も違う佳人ばかりなのに、なぜ評価されないんだ。絶対裏で工作されてるに違いない。まったく、なんで俺らばっかりがよぉ…

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

治安[編集]

三重県警…ではなく、超合体戦士サンゴットVの二人が、日夜三重県の平和を守っている。

教育(三重県が日教組に犯sあ何をするやめrftgyふじこlp)[編集]

この節を書いた人は当局により粛清されました


その他[編集]

三重県の話題を関東人に振ると A「三重県ってどこ?」 B「松阪牛とか鈴鹿サーキットがあるところだよ」 A「あー。で、どこ?」 と言う会話になる確率が99.997%である。これは1924年に、日本関東会話研究チームによって証明されている。

三重県は本当は地味な県ではない。世界に名だたるべき素晴らしい県なのだ。にもかかわらず、他にもいろいろな分野で様々な迫害を受けている。

影が薄いばかりではなく、割と目立たないところで最初の踏み台のような扱いで出演していたりする。

結局サブカルチャー分野でも迫害を受けているのである。


更に、こうした三重県を詳細に取り上げている体で書かれた記事ですら、実際には三重県に存在しない「東牟婁郡[1]」という地域がさも三重のものであるという風に書かれているなど、最早誰も興味が無いのではないかと思われるほどに認知度が低いことを利用した嫌がらせであろう。

三重県の壁[編集]

ベルリンの壁といえば分断ドイツの象徴であるが、日本で最も有名な「ベルリンの壁」は、紀伊半島を分断している「三重県の壁」である。この「三重県の壁」は霞ヶ関の理屈とも呼ばれており、徳川時代(江戸時代)までは存在しなかったが、帝国時代(東京時代)になった途端に立てられ、経済大国時代(引き続き東京時代)になっても変わっていない。

帝国時代になると、霞ヶ関の出先機関が紀伊半島の双方の付け根である名古屋と大阪に設置され、名古屋と大阪の霞ヶ関官僚が紀伊半島を分断した。経済大国時代になっても、世界分割ゲームの縮小版として「三重県の壁」レジームは一層強まった。この世界分割ゲームを紀伊半島に当て嵌めると、三重県が東ドイツに、奈良県が西ドイツに相当する。なお、壁が無かった時代、即ち徳川時代までの三重県については「東近畿三県同盟」を御覧下さい。

以下に、「ドイツ史&世界史=三重県」の順で、関連用語を解説する。

ヤルタ会談=王政復古の大号令
東京時代始動後の、日本各地の統治方法を決めた会議。
アドルフ・ヒトラーの自殺=大政奉還
徳川慶喜が、後に明治政府をぶっ立てる薩摩藩長州藩の圧力に屈服し、「もうだめです。政府を天皇陛下にお返しします。」とギヴアップを宣言した出来事。これにより、徳川王朝は末期症状に陥った。
零時(ナチス敗北宣言)= 明治維新(江戸城明け渡し)
江戸城が明治政府軍(薩摩・長州・天皇一味)に乗っ取られ、徳川王朝が名実共に消滅した事件。ベルリンが陥落し、ナチスドイツ政府が降伏文書に調印すると、の4ヶ国軍に乗っ取られた。
東京時代の始まりとなる大事件であり、近畿(=畿内)の歴史が灰燼に帰して、紀伊半島の分断が始まった事を意味する語。三重県以外にも、今川武田徳川組に当たる静岡県浜松県でも、東海(=海道)の歴史が灰燼に帰して、東京政府と名古屋市民による「東海」の詐称が始まった事を意味する。
連合国占領時代=帝国時代の三重県
帝国時代には、電話の局番が、奈良県和歌山県大阪府が「07XX」なのに、三重県だけが静岡県山梨県などと一緒に「05XX」にさせられた。警察や裁判所の管区も、三重県は、紀伊半島仲間の奈良県・和歌山県・大阪府から強引に切り離された。新聞も、朝日新聞は、帝国時代のうちに三重県を大阪本社から強引に切り離し、名古屋本社に入れた。
モーゲンソープラン=東牟婁郡の和歌山県編入
三重県を衰弱させる為の大日本帝国政府の計画。伊勢神宮と熊野三山を別の行政区域に分断し、霞ヶ関の出先機関も伊勢神宮と熊野三山を切り離す内容。
連合国占領時代には、三重県を関東と一緒に美国単独占領地域に、三重県以外の紀伊半島(奈良県・和歌山県・大阪府)を美共同占領地域にする恐るべき分断計画が練られたが、天皇裕仁ダグラス・マッカーサーが妥協したために白紙撤回された。
小倉の幸運=紀伊半島の分断の回避
天皇裕仁とダグラス・マッカーサーの妥協により、紀伊半島が分断を回避したこと。日本国政府とアメリカ合衆国政府は秘密裏に紀伊半島分断計画を実行しようとしたが、紀伊半島民はこれの計画を知らないまま、計画は撤回され、紀伊半島は分断を免れた。
紀伊半島以外でも、東北地方では、蒲原を美国占領地域に、蒲原の同胞である会津庄内から蘇連邦占領地域に切り離す分断計画が秘密裏に練られたが、こちらも紀伊半島と同じく回避された。
長崎の凶運=朝鮮半島の分断
大日本帝国による支配から解放された朝鮮が、紀伊半島とは逆に分断され、南半分を美しい国に、北半分を蘇連邦に分割占領されたこと。紀伊半島の「小倉の幸運」、朝鮮半島の「長崎の凶運」と呼ばれる。
ガリオア資金=四日市コンビナートの建設資金
日本国政府が中京工業地帯と阪神工業地帯を建設する為に、奈良県と和歌山県を除く紀伊半島にばら撒いた資金。
ベルリン封鎖=三重県封鎖
三重県民が紀伊半島各地(奈良県など)や京都の情報を入手したり、三重県民が紀伊半島各地や京都に転出する事を阻止する為に、日本国郵政省の電気通信管理局が、三重県をテレビ局の「近畿広域圏」から強引に切り離して「濃尾広域圏」に入れた事件。名古屋のマスコミによる「東海三県」という詐称も、この三重県封鎖が始まりである。
ハルシュタイン原則=三大都市圏
大阪に立地する霞ヶ関の出先機関のエリア内が近畿地方であると定義し、名古屋に立地する霞ヶ関の出先機関のエリア内が中部地方または東海地方であるという原則。
東側諸国=名古屋支配圏
名古屋にある霞ヶ関の出先機関に支配されている地域。紀伊半島の東半分を占めている事から「東側諸国」と呼ぶ。
西側諸国=大阪支配圏
大阪にある霞ヶ関の出先機関に支配されている地域。紀伊半島の西半分を占めている事から「西側諸国」と呼ぶ。
ワルシャワ条約機構=中部圏知事会議(名古屋条約機構)
名古屋に本部を置き、愛知県知事を座長とする知事会。
NATO=近畿ブロック知事会(大阪条約機構)
大阪に本部を置き、大阪府知事を座長とする知事会。
ベルリンの壁成立=三重県の壁成立
霞ヶ関が、三重県を「近畿地方○○局」のエリアから完全に切り離した事件。これにより、霞ヶ関は「三重県は近畿じゃない」という誤った地理認識を日本中に弘めた。マスコミも、産経新聞を除いて、三重県を紀伊半島仲間から強引に切り離し、名古屋本社に編入した。
キューバ危機=伊勢湾台風
瀬戸内海岸を除く紀伊半島一帯を襲った台風。これにより、紀伊半島一帯に当たる大阪府・和歌山県・奈良県・三重県・愛知県は、災害時の救援に関する危機管理盟約を結んだ。
東方外交
大阪府・和歌山県・奈良県が、三重県との交流の正常化を目的とした施政方針。具体的には、近畿ブロック知事会への三重県の加入や、関西国際空港観光ガイドでの三重県の掲載などが実施された。
第二次ベルリン封鎖=JR倒壊への編入
国鉄を分割民営化する際に、三重県と愛知県がJR西日本から強引に切り離され、JR倒壊に入れられた事件。
プラハの春=熊野古道の世界遺産登録(熊野の春)
三重県から大阪府まで紀伊半島沿岸の道が世界遺産に登りつめ、紀伊半島の統一に向けての機運が最も盛り上がった運動。トヨタと愛知県庁は、この紀伊半島の統一を分断する為に中部国際空港を建設した。
悪の帝国発言=橋下徹知事の州都誘致発言
橋下徹・大阪府知事による州都誘致発言。道州制の施行は未定だが、橋下知事は大阪市を州都にするよう名乗りを上げ、分断紀伊半島のレジームを継続しようとしている。

(↓起こると吉いね…)

汎ヨーロッパピクニック=汎近畿ピクニック
若狭湾岸から潮岬までを、紀伊半島東岸を経由して縦断する大規模ピクニック。日本海側始点は小浜か永平寺で、沿道の小浜寺院群、安土城、近江八幡、信楽宮跡、伊賀上野伊勢神宮、熊野三山などを縦断して、これらの沿道が「同じ地理と歴史を持つ地域」であることを宣伝し、これらの沿道が同じ行政区域に入ることを目的とする運動。
ベルリンの壁崩壊=三重県の壁崩壊
メディアや行政機関において、紀伊半島の同胞たちから強引に切り離された三重県が、外の紀伊半島の同胞全員(奈良県・和歌山県・大阪府)と同じエリアに復帰すること。
例えば、(1)大新聞の名古屋本社が続々と廃止され、旧名古屋本社が京都本社に編入される変革;(2)JR倒壊が廃止され、紀伊半島一帯がJR西日本に編入される変革、(3)三重県が、霞ヶ関の「中部地方○○局」から脱退して「近畿地方○○局」に加入する変革など。
東欧民主化革命=名古屋の影響力の失墜(脱名古屋革命)
「愛知県の裏庭」と呼ばれる近畿東部三遠南信北陸(親不知以西)において、名古屋にある本社や支社(による支配)がドミノ倒し式に倒され、京都や東京にある本社や支社に雪崩れ込む変革。近畿東部で起こった場合は「東近畿脱名古屋革命」、三遠南信で起こった場合には「三遠南信脱名古屋革命」というように、地域名を頭に付けて「○○脱名古屋革命」という。
今川武田徳川組(三遠南信、静岡県筑摩県山梨県)や上杉前田組(石川県富山県頚城県魚沼県)においては、大阪と名古屋と東京による分断支配がドミノ倒し式に倒されて、新に浜松富山(いずれも東京と京都の中間地点)に立地する本社や支社に加入する変革も含まれる。
ドイツ再統一=名古屋の近畿州編入(近畿再統一)
愛知県から大阪府まで紀伊半島一円が同じ行政区域に編入され、名古屋と大阪が州都の資格を剥奪され、京都または奈良を州都とする近畿州(畿内州)が樹立されて、近畿が統一される事。
欧州連合=京都または奈良を州都とする州政府または地域連合(近畿州、近畿連合)
大阪主導の近畿ブロック知事会と名古屋主導の中部圏知事会議が廃止されて、新たに樹立された、京都または奈良を州都とする州政府または知事会。

三重県がこの言われなき差別を回避するためには[編集]

以下の手順は某国の学者達が虐げられている三重県民の為に考えてくれた良案(自称)である。多少無理なところもあるが、地勢学・歴史に基づいて考案されたものなので、気を悪くせずに生暖かい目でおきき願いたい。

  1. フィリピン海を古称である「東海」に改称させる
  2. 八束水臣津野命に頼んで三重県を「東海」上の小笠原諸島大東諸島沖ノ鳥島に囲まれた海域に移動させて日本の経済水域を増やしてもらう。
  3. 温暖な気候を利用してハバネロを栽培してみる。
  4. キムチ作り用にハバネロを大阪方面へ出荷する。
  5. 県内でキムチを作って商品としての付加価値を高める。
  6. より高品質のキムチを作るためにキムチ大国のある朝鮮半島を八束水臣津野命に頼んで志摩半島の先に引っ張ってきてもらう。(以後朝鮮半島の住民を民族差別を避けるため半島人と呼称する)
  7. 半島人はビザ無し訪問できるようにする。
  8. 外国人参政権を認める。
  9. 帰化条項を無制限にする。
  10. 朝鮮王家を復活させる。
  11. みんなもやってみよう、いくよ?ランランルー













名古屋共和国を名乗る日本からの分離独立派の愛知県は、三重県と滋賀県が本州から離れると名古屋共和国による植民地支配に支障を来す為、この案を露骨に嫌って、なかったことにしようとしている。逆に、「紀伊半島の三重県は、歴とした畿内であって濃尾ではない!」「織田豊臣組の名古屋なんて京都の家来だろ!」って、三重県民は、紀伊半島仲間の奈良や大阪、琵琶湖若狭湾地域の草津京都長浜敦賀福井との連携を強化できる、上記の案を支持している。

関連項目[編集]


死ねっ! はっはっは!見ろ、「三重県」がゴミのようだ!! 君のアホ記事には、心底うんざりさせられる。今すぐ加筆して、このを満足させてくれたまえ。三分間待ってやる! (Portal:スタブ)