三郷市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイくじけぬ心が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。

三郷市(みさとし)は、彩の国さいたまの南東端にある市。

概要[編集]

南側で隣国である日本の首都東京葛飾区と接し、東側は江戸海峡を挟んで千葉島と向かい合う。東京の郊外にあることから倉庫群や建設会社や工場も多く、また、近郊農業もそれなりに営まれており、市内はとても混沌としている

市内をJR武蔵野線つくばエクスプレスが通っていて、南部は葛飾区常磐線金町駅に近接することから、東京からの移住者が1970年代以来急増した。 現在ではその移民者の多さや急激な発展からさいたまのラスベガスと呼ばれている。しかしラスベガスと違い治安はまだまだ悪く、三郷駅周辺ではストリートファイトが頻繁に行われている。

中心市街地というものが存在せず、市民にまとまりが無いのも特徴。たとえば三郷市の中心駅は、JR時刻表では武蔵野線の三郷駅となっているが、JTB時刻表ではつくばエクスプレスの三郷中央駅となっており(※三郷駅と三郷中央駅はだいぶ離れている)、市の中心駅さえ決まっていない。

そ ん な 都 市 で あ る。

また、三郷市中央部の三郷インター付近に超大型のサトーココノカドーイトーヨーカドーが最近になってできたため、買い物の中心もサトーココノカドーと三郷駅に二分されている。だが、越谷市に出来たレイクタウンも見逃せない。

最近では、全く何も無かった新三郷地区も発展し始め、注目の的となっている。ドンキホーテIKEAは不良品の名産地との噂も。 ららぽーともでき、生意気にもそこら一帯は「ららシティ」という名がついている。

最近の動き[編集]

2004年につくばエクスプレスが開通したことで、東京都心が一気に近くなった。

それまでは都心に出るには、武蔵野線で南越谷まで出て東武伊勢崎線に乗り換えるか、もしくは新松戸まで出て千代田線常磐線各駅停車)に乗り換え、あるいは南浦和まで出て京浜東北線か、武蔵浦和埼京線しかなかった。

しかしつくばエクスプレスなら北千住浅草秋葉原まで乗り換えなし、しかも素早く行けるので、つくばエクスプレス三郷中央駅付近は開通によりベットタウンとして、そしてアキバ系にも一気に魅力的な場所へと変化した。

今後の三郷の変貌がある意味楽しみである。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「三郷市」の項目を執筆しています。


この項目「三郷市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)