トライク

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
三輪車から転送)
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「トライク」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「三輪車」の項目を執筆しています。

トライクとは三輪車のことである。様々な形状のものが実用化されているが、人力で運行されるものは主におばちゃんょぅι"ょショタが愛用する。

開発の経緯[編集]

これはオートバイを、現在の技術で実現可能な形で設計し、実用化したものである。エンジンのついたタイプとついていないタイプ、その中間があり、最近は駐車禁止の場所でも公道を簡単に合法的に交通妨害できるとして一部企業が悪用している。

ゆりかごから墓場まで[編集]

ゆりかごを出て最初に乗る乗り物であり、同時に老い死ぬときまで乗る乗り物でもある(四輪タイプもある)。大型の荷台を持つものは通称トラックと呼ばれる。現在は4輪以上のトラックが多く、オリジナルの三輪貨物車は「オート三輪」と呼んで区別する。

法律上の問題[編集]

法律上はヘルメットなしでも乗れるが粉々になりたくないなら、ヘルメットをかぶって乗るのが無難である。

日本で登録すると車両区分が、軽三輪は小判の3ナンバー 普通三輪は貨物用が6ナンバー、乗用が7ナンバーになる。

一部の車両は、音楽著作権を侵害するとして弾圧対象になっている。これについてはピアジオ・MP3を参照のこと。

また道路交通法により歩行者・二輪車専用道路を通れない、速度制限がつけられる、車道を通らなければならないなどさまざまな規制をされている。エンジンやブースターなどがついていなくてもである。

海外での利用[編集]

東南アジアではタクシーとして利用する例もあり、「ドリフトしながらタクシー乗り場に突入する」「自転車用道路を強行突破する」「燃料がなくなると漕ぐ」「お客を並走する列車に放り投げる」など柔軟な対応ができることから便利な乗り物であった。しかし、近年では、エンジンつきのトライクをタクシーとして用いることは、環境保護や検閲により削除などの理由から廃れつつある。

語源[編集]

トライクの語源は、制御(オントロール)する車輪が3個ある、という意味である。バイクには2個のタイヤがあるとされた伝説に基づくものである。しかし、ユニックという乗り物は一輪車ではなく、大抵4輪か、さもなくばタイヤすらついてないはたらくくるまである。一輪車は現状では名称が未確定であり、クハ、ク、クロモノックシンクネコなどと呼ばれる。なお、クオックスはバビロニア地方に生息していた四本足のドラゴンであり、四輪車ではない。

駆動輪(どうりん)が3個であるから、という俗説もあるが、トライクの三輪駆動車はごく少数であり、多くが一輪もしくは二輪を駆動するため、明らかに誤りである。

電車の場合は、通常4軸8個の車輪がついているが、全部が同じように動くため、クは1個しかないものとみなされる。

外部リンク[編集]

この項目「トライク」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)