三角貿易

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』 民明書房『実践!出来る必殺技シリーズ~斧上級編・高速ナブラ』
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「三角貿易」の項目を執筆しています。

三角貿易(さんかくぼうえき、 triangular trade)とは、三角形の品目を取引する貿易のことである。

ファイル:Pyramid Power.jpg
三角形に秘められたピラミッドパワーの神秘で貿易摩擦を打開するのだ!
三角形の品目の効率的な運び方
三角貿易船が回避するべき危険な海域
おにぎりは三角貿易のために開発された食料品である。
三角形の貿易の秘密はね…教えてあげないよ!

歴史[編集]

一国内であらゆるものを生産できない限り、貿易は国家にとって必要不可欠な行為である。しかし国際貿易において貿易収支を均衡させる事は難しい。貿易不均衡は通貨の流出を引き起こし、貿易摩擦による国家間の対立や国家の困窮など深刻な問題を引き起こしてしまうのである。

これらの問題を解決する貿易政策として考えられたのが三角貿易であり、古代エジプトから現代に至るまで国際経済の場で汎く活用されている。

原理[編集]

キリスト教における三位一体や多神教における三柱神などにみられるように、古来より3という数字は神聖な力を秘めるものであった。3を図形として表した三角形も同様に神聖な物でありとんでもないエネルギーを有しているため、三角形の品目を輸入することで流出する通貨を大きく凌ぐ活力を国家に与えることができるのである。国際経済学でピラミッドパワーと呼ばれるこのエネルギーを利用して貿易赤字のもたらす問題を克服・相殺することができる。

批判[編集]

三角貿易では三角形の物品以外の取引が禁止されるため、機能・デザイン上に大きな制約を生じ競争力を削がれる場合がある。たとえば自動車を輸出する場合、前面が三角形をしているデザインか、原動機付三輪車とし上からみると三角形であるようにしなければならない。そのため多くの工業後進国では輸入された大量の三輪車が街中を走り、外国人の失笑を買っている。このような状況からコストや品質に問題があっても国内代替工業による生産品が歓迎されており、貿易のもたらす利点を大きく削ぐ結果になっているといえる。

また、輸送にも問題を有する場合がある。大抵の船や飛行機、トラックにおける輸送は四角形の荷台を有しているため、三角形の物品を積む事に適していない。このため、直角三角形(もしくは直角二等辺三角形)の品目を二つあわせることで長方形もしくは正方形にして運ぶか、三角形の船や飛行機を作る必要がある。後者の場合、建造に多大な追加コストが必要である。

また輸送船に満載された三角形の物品はピラミッドパワーを大量に保有しているため、霊的バランスを崩しやすくなる点も問題である。特にフロリダ沖では三角形パワーが重なり、そのエネルギーがオーバーフローして逆流するため船のバランスが崩れてしまう。誤って海域に進入した三角貿易船が遭難する事故が相次いでいる。

解決法[編集]

ピラミッドパワーの入手には何も三角形の商品を輸入する必要は無く、原料を輸入して三角形に加工してから消費することでピラミッドパワーをもたらすことができる。現在ではピラミッドパワーの研究が進み、国内消費分のパワーを回収、国際通貨問題への変換が可能になったため実用化された。元来輸出用だった三角形の形をしたおにぎり、トルティーヤチップスやコーンスナックなどが国民食として愛されているのは、この様な事情によるものである。

類似技術[編集]

三角形以外にも六芒星(ヘキサグラム)や五芒星(ペンタグラム)、五角形(ペンタゴン)といった図形も神秘的なパワーを秘めているが、これらの形のものは輸入しても使い道があまりないため、輸入されることは少ない。

関連事項[編集]