三行革命

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

三行革命(さんぎょうかくめい)とは、その名前が示す通り、三行で事柄を伝えてしまう文学的に驚くべき革命の事である。

必ず三行に伝えるべき事を納めなければいけない。三行未満ではまず承諾してもらえないだろう。

この革命によって、の使用枚数が激減し、環境保護に貢献した画期的な革命とされている。

ウィキペディア無し small.png
ウィキペディアの専門家気取りたちも「三行革命」については執筆を躊躇しています。


三行革命のメリット・デメリット[編集]

メリット[編集]

  • 書きやすい
まず、最初にメリットとしてあげられるのは文章の書きやすさである。
三行で簡潔に文をまとめる事で、余分な箇所を省略する事ができる。
これは革命が起こった当時、誰もが思ったことである。
  • 読みやすい
三行でまとめる事によるメリットとして、読みやすいことも挙げられる。
その為、新聞もすべて三行でまとめる傾向にあると世間の政治家は語っている。
読みやすい事こそが一番のメリットなのかもしれない。

デメリット[編集]

  • 多くの事柄は伝えられない
三行内で文を書き終えなければいけないので、あまり多くの事柄を書く事はできない。
横に長く文面を繋げればいいのだが、最大のメリットである「読みやすさ」に欠けてしまう。
スペースも限られている場合は、なおさら難しい事である。
  • 内容が流出しやすい
文が短い為、記憶力の良い人物にはすぐ覚えられてしまう。
極秘情報等は厳重に管理しておかないとすぐに暗記されるだろうと指摘されている。
三行であるが故のもっとも致命的なデメリットである。

三行革命の歴史[編集]

三行革命は1800年代のヨーロッパが発祥であり、現在ではどの国々でも知れ渡っている。

日本においては今北産業が最初に導入したとされており、1992年、東芝のワープロに導入され、大きな話題となった(当時のニュース映像)。

この革命の発案者は不明で、未だに解明されていないが、少なくとも人間革命とは無関係であるとされている。

現在の利用法[編集]

  • 詩歌への利用
現在では、俳句を書く際にそれぞれの句を3行に分けて書くことがある。
短歌では、石川啄木の「3行分かち書き」はとても有名である。
また、3連構成の短い詩を書くときにも三行革命は非常に有効である。
  • 広告への利用
そうだ
樹海、
行こう。

関連記事[編集]