三芳町

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「三芳町」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「三芳町」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「三芳町」の項目を執筆しています。

三芳町(みよしまち)は、田舎でもないのにになれない負け組都市である。

読み方は「みよしちょう」ではなく「みよしまち」であって、「みよしちょう」と読んでしまうと全く関係のない徳島県三好町にワープしてしまうので注意が必要である。だが「みよしちょう」と読んでしまう町民が多く、二つの三好町に飛ばされてしまうため三好町では人口が増えているが三芳町では人口が減っているのが現状である。

地理[編集]

さいたま国の南に位置し、日本国の首都、東京にも程近い。日本人が仕事場に遊びに行くのに便利な場所なので、日本人が勝手に住み着いた。なので町民の90%以上がさいたま人ではなく日本人とされる。三芳町役場は何度かさいたま国の支援を受け、不法に住み着いている日本人を武力で排除しようとしたが、毎回失敗に終わっている。

ときおり、「あの百穴のあるところね」と言われるが、それは吉見町ですから。

町内には、軽自動車検査協会 埼玉事務所所沢支所がある。払い出しナンバーは所沢である。町内からは、なぜ三芳ナンバーにならないのか不満がでているが、三芳ナンバーだと原付きナンバーだという声や、どこのナンバーか分からなくなるというという声があり、変更の予定はない。

歴史[編集]

明治時代に三芳村が出来たが、いつのまにかになってしまったと三芳町住民は皆口をそろえて言っている。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

交通[編集]

三芳町には鉄道路線が皆無であり、町民は所沢市西武鉄道富士見市ふじみ野市東武鉄道を利用することを余儀なくされている。まさに川島町さながらの不平さを町民が味わってるいる事になるが、そんな事を言ったら川島町にシツレイ極まりないくらい不平不満罵声が交通面にはある。

合併[編集]

三芳町では早くになろうと努力しているが、パクリ都市で貧乏自治体であるふじみ野市富士見市と合併するのはまっぴらごめんだということで、三芳市の成立に向け動き出している。そのためさいたま国は、三芳町の動きを25時間体制(キリがいいから1時間増えたらしい)で監視している。

しかし、三芳市という名前にすると「みよしし」と「し」が連続してピアニッシシモ、フォルティッシッシモ、シシマイ感が出るということで、新しい名前をと思ってはいるが、どうみても市制施行に必要な人口5万人をクリアするのは無理ゲーっぽいので、放置状態である。

だが実際当の三芳町としては所沢市川越市ふじみ野市富士見市、せめて新座市くらいは吸収合併したいというか友達になって欲しく、クラスメートで言うといわゆるいじめられッ子である。高飛車な川越市とはまさに対極的でもある。

合併も市制施行もしないでいたら、いつの間にか入間郡の仲間たちから距離をおかれるようになった。

北朝鮮の基地疑惑[編集]

三芳町はやけに工場や倉庫、流通センターが多い。そのため隣の北朝鮮の核実験専用都市新座市で使用する核兵器は三芳町で製造されているのではないかといわれている。その製造されているとされる武器の一部にはミャンマーイスラエルにも密輸されているため事実上日本経済の要でもある。

また、工場等からの税収から、日本では数少ない、地方交付税の不交付団体である。お金持ちのため、周辺自治体を貧乏自治体と蔑んでいる。


この項目「三芳町」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)