三笠市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「三笠市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「三笠市」の項目を執筆しています。

三笠市(みかさし)は、市のカントリーサインにも描かれているように湖(桂沢湖)の西部に要塞(ダム)を持ち、市のいたるところに軍事用シェルター(坑口)や軍事施設(炭鉱の残骸)を保持している。市民には知らされてなく、軍事都市として機能している。 またこれには以下の説がある。

兵器工場説[編集]

坑口や竪坑は現在閉められて(塞がれて)いるものが多く、中で何が行われているのかも市民は知らない。それにとって炭鉱が閉山した後にあらかた炭鉱施設を片づけ、自然に風化させ、何が行われているのかをカモフラージュさせている。僅かではあるが伺えることは内部で何らかの兵器(有毒兵器)を製造し、備蓄しているのではと考えられる。ほとんどの塞がれた坑口には排気煙突や硫黄成分が含まれた水が出ているほか、ズリ山(人為的につくられた排石の山)の山頂部だけは冬になっても顔を出し、熱が出ている事が確認できる。また、何でもないことを装うように炭鉱跡ツアーなんて紛らわせも行われている。

空知防衛施設説[編集]

湖にはダムを模した発電供給要塞、幾春別川上流に位置し、地理的に低地にある坑口を利用したウラン濃縮炉、幾春別にあり、大きめの奔別縦坑を利用したミサイルサイロ、唐松付近にあり新幌内竪坑の足元をコンクリートで固めた発射台、幌内奥地に眠る幌炭跡を利用した大規模兵器備蓄施設、達布山の上にあり、辺り50キロ四方を楽々見渡せる達布山簡易観測所。これらの施設がどのように使われるのかというと空知支庁全域カバーである。石狩支庁との合併を拒む深川あたりが南部空知支庁防衛のために温存しておいた手段で南部空知~石狩支庁空知寄で石狩支庁族と北部空知、留萌支庁同盟が紛争状態になった時勢力を鎮圧するための軍事用施設である。

北海道連邦道東防衛説[編集]

北海道連邦を大日本帝国から死守する為の、道内有数の防衛施設である。地理的条件や炭鉱跡なと利用施設の立地条件が比較的内陸にあるため良好な三笠市が利用されている。これは札幌政府の陰謀で炭鉱閉山や衰退を促したのも札幌政府である。これらを説明すると炭鉱のガス爆発は人為的に仕組まれたものであり、地下の空間確保である。それで余計な不要人口を減らす為の閉山というわけだ。全国2番目に人が少ない市というようにみるみる人口が1万前後にまで減り、事業が活気を失うまでに至った。政府はこれらを余計な防げを減らしただけにある。これで計画の運行がしやすくなったと考えられる。達布山観測所で石狩平野の大部分が望め、支笏まで見渡せるのは利点として札幌近郊の防衛に適していることが三笠の利点。からなず帝国軍が攻めるであろう平野部を集中カバーできる。また軍用施設の大部分が炭鉱跡を使っているため内地人の土地勘からでは見つかりにくい。奔別炭鉱跡は敵航空勢力を黙らせるために備えてあるミサイルサイロ。新幌内炭鉱は上流坑口などでつくられた核弾頭などの破壊兵器を打ち出すための発射台になっている。ダム要塞は緊急シェルターとして利用でき、発電施設は軍事施設への電力供給源となっている。幌炭跡は新幌内炭鉱と繋がっているため、兵器備蓄施設にされている。

囚人陰謀計画説[編集]

三笠を切り開いた朝鮮人や囚人たちが企んだ復讐計画で囚人の子孫が計画をすすめており三笠のどこかにあのような(カントリーサインに描かれている城)要塞があるのかもしれない。だがこれを企んだ囚人や朝鮮人の頭が意味不明なので当時の開拓使達には理解不能であったのだろう。よってこの説は理解出ず未だ謎のままである。