三浦知良

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情乳酸菌が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
三浦知良
名前
本名 カズヨシ
愛称 キング
カタカナ バモラ
ラテン文字 KINGKAZU
基本情報
国籍 日本
生年月日 1967年2月26日
出身地 静岡県静岡市


選手情報
在籍チーム 横浜FC
ポジション FW
背番号 11
利き足 両方



三浦 知良みうら かずよし、1967年2月26日 - )は、日本のサッカー選手であり、日本に君臨する唯一無二の王(キング)である。余談であるが、ブラジルで「キング」「レックス」と言えばペレを指す。

経歴[編集]

誕生~ブラジル留学[編集]

1967年2月26日に、静岡市にて誕生。城内小学校を出たが、この小学校は、徳川慶喜の出身地である水戸市では三の丸小学校に相当する、正に中心部の小学校である。徳川慶喜が「水戸っぽ」なら、三浦知良は「駿府っ子」ということになる。又、徳川慶喜は、「もうダメです。政府を天皇家に差し上げます。」と宣言して徳川王朝を自爆死させ、その後は駿府に転居して「駿府」を「静岡」に改名した人物だが;三浦知良は、胸に手を当てて天皇賛歌を歌うパフォーマンスを創めた、天皇教信者として有名である。

少年時代に、王朝を築くための帝王学を叩き込まれ、世界を凌駕する王となるため、単身ブラジルへ渡航することを決意する。ブラジルでは、当初日本の王を受け入れた政府(サントス)に対する不満を持つ一般庶民の嫌がらせにも耐えながら着々と力を伸ばしてゆく。

この後カズは、所属先を転々としながら熱心に精進し、最終的にはサントスに再び迎え入れられる。なおこのブラジル時代に、のちに日本で起こった第一次国立の陣で対峙するとも出会っている。

帰還~イタリア遠征[編集]

カズは1990年に王として十分な力がついたと判断すると、満を持して日本へ帰還し、後のヴェルディ川崎である読売クラブへ入団する。この帰還は、3年後のJリーグ開幕、アメリカワールドカップ予選という新たな戦争に備えての帰還であった。なお、このときに同じチームに所属していたラモスに出会い弟子入りし、熱心な信者となり、のちにラモス十二使徒と呼ばれる高弟の一人となる。

そして1993年、ついにJリーグが開幕し国内は内戦状態となる。当初はカズ率いるヴェルディ川崎は別名茨城の赤鹿と呼ばれる鹿島アントラーズに押され気味となるが、徐々に盛り返し最終的に翌1994年に行われた第一次国立の陣にて鹿島アントラーズを打ち破り国内統一を果たす、一方で、アジア各国と対峙するワールドカップ予選ではあと一歩のところでアメリカ遠征の夢を断たれたドーハの悲劇という悲劇に見舞われる。

1994年、カズはイタリアを王制国家に変えるべく、単身イタリア共和国へ1年限定の遠征を決行。しかし、鼻を骨折し思うような結果が出ずに帰国。

カズは世界で唯一、サッカー選手で火事場のクソ力が使える存在だったが、鼻の骨をACミランのフランコ・バレージに折られたと同時に火事場のクソ力を使うことができなくなってしまい、長年苦しむことになる。

1995年の阪神淡路大震災では、神戸の小学校に行って、当時6歳だった香川真司を調教した。この調教によって香川は立派な皇軍兵士になったが、その他の皇軍兵士も三浦知良に調教されて、「カズさんとアキヒトさんには逆らえない」連中になったことは言うまでもない。「カズさん」自身が「アキヒトさん」の子分なのだから。

岡田の乱~現在[編集]

帰国したカズは王としてヴェルディの先頭に立った。しかし、1997年から調子を崩してしまう。さらに、フランスワールドカップ予選ではイラン共和国を打ち破ったジョホールバルの歓喜を経験するも、フランスで軍師岡田武史がカズとラモス十二使徒の一人である北澤豪を闇打ちする。危うく難を逃れフランス脱出したカズだったが、このときフランスにを置いてきてしまう。

日本に帰ったカズは1999年ヴェルディを離れ、クロアチア、京都、神戸、横浜と戦地を転々とするが、徐々にかつての輝きを失ってしまう。2005年には日本人として初めて各国地域別戦争に参戦。シドニー軍を率いて勇敢にたたかった。のちに日本に再び帰還し、現在は横浜FCを拠点に現在もキングとして君臨している。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「三浦知良」の項目を執筆しています。


ラモスタブ 冗談じゃないヨ!こんな記事じゃ検閲により削除してるのと同じだヨ!この三浦知良カヒツシュッセしてくれる協力者求めてるヨ!でも、ガム噛みながらやっちゃダメだヨ! (Portal:スタブ)