三千世界の鴉を殺し、主と朝寝がしてみたい

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

三千世界の鴉を殺し、主と朝寝がしてみたい (さんぜんせかいのからすをころしぬしとあさねがしてみたい) とは、毛沢東の指の如き戯言である。

概要[編集]

『三千世界の鴉を殺し、主と朝寝がしてみたい』を単純明快に説明すると「朝ゆっくりしたいから煩いカラスを全部ぶっ殺す」というものであり、文字どおりトンデモ理論である。三千世界は「全宇宙」などとにかくでかいスケールを表す仏教用語である。つまり、三千世界の鴉を殺すという事はこの世から鴉を一羽残らず抹殺するという意味である、怖い。それに続く「主」とは「あなた」と訳すことができ「朝寝」は遊女(現代的にいえばホステス的なもの)とイチャイチャする事の喩えである、そんな事のために種族一族郎党皆殺しにされるカラスは悲惨なものである。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「都々逸」の項目を執筆しています。