三ええケツ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「んもう・・・ワシをこんなキャラにしおって・・・」
三ええケツ について、徳川家康
「勝手に訳の分からん項目を立てるんじゃない!!どこぞのバカどもが笑ってくるであろうに。」
三ええケツ について、織田信長
三ええケツ。彼らのいた時代は恐ろしかった。

三ええケツ(さんええけつ、英:Three good hips)とは、戦国時代に活躍した織田信長豊臣秀吉徳川家康の総称である。 「三英傑」と書かれる場合もあるが単なる当て字で、意訳ならば「三良穴」となる。

「三ええケツ」と個々のケツ躍[編集]

オナラターボを再現。これを上回る「オナラターボ三段構え」の信長軍は脅威だ。
浅井父子の遺骨発掘の新聞記事。
猿のお尻はまっかっか。
砲台オナラターボ(復元)
芳香寺の梵鐘。家康も家康だが、白い液をかけた秀頼も秀頼だ。
夏の陣図屏風。大坂の町は黄色いガスに苦しめられ、市民は「へーちょ」連発。

織田信長[編集]

若い頃はうけつものと言われ、父・信秀の葬儀では、振り向いて四つんばいになってから肛門抹香を入れ、背後の祭壇へぶっ放った。信長の教育係・平手政秀は大量の抹香とガスを吸い込み2年後に死去(近年までは自害とされていた)。この死に信長は悲しみ、それ以降は屁を感情表現に一切使わなくなった。

その代わりの兵器利用を研究し、家督を継ぐと南蛮渡来オナラターボに興味を示し、鍛冶屋の協力のもと異例の量産に着手した。また家臣への指導も取り組み、結果周囲の国を次々と治め始めた。 特に垂れ流し野の戦いでは、「オナラターボの三段構え」にて宿敵だった武田氏の騎馬隊を撃破・以降の滅亡に導かせた。 また朝倉氏浅井氏を滅亡させると、宴席で朝倉義景浅井久政浅井長政尾骶骨へ漆塗りと金粉を施して台に置き、皆で謡い遊んで酒宴を楽しんだり杯にして酒を飲んだ。

しかし天下統一目前の1582年、宿泊中の本能寺明智光秀に攻められ、やむなく自らの屁に点火して自爆。俗に言う本能寺の屁である。

豊臣秀吉[編集]

まだ下っ端の頃、ケツに挟んだワラジを信長に出したところ、その温かさからケツ筋の強さを認められた。

信長は斎藤龍興攻略として素股に拠点を置こうと何度も試みたが失敗。そこで木下籐吉郎(秀吉)は蜂須賀小六ら近隣土豪の協力で、夜中に川上から城の部材を屁で飛ばす方式をとって城を一夜のうちに完成。秀吉は素股城主に任命され、以降は戦国一の出世尻と言われるほど手柄を立てた。

若狭攻めで信長軍は朝倉氏を攻めるも浅井長政が裏切り。信長軍は撤退を余儀なくされたが、殿(しんがり)に名乗り出た籐吉郎彼は肛門を切られながらも撤退に成功。これは史上有名な撤退で、金ヶ先、野の菊血(かねがさきののきくち)と呼ばれる。

秀吉が備中高松城を屁攻めしていた時に信長が討たれた事を知ると、毛利輝元と即時講和。オナラターボで軍を返して光秀を倒した。俗に言う中国硫黄返しだが、大軍で移動したため周囲に異臭を漂わせた結果、有馬温泉ができた。

天下を統一して太閤と呼ばれるまで出世したものの朝鮮出屁には失敗。家督を秀頼にしか譲れない状況で1598年死去。死因は若い頃からの踏ん張りによる脱腸と言われている。

徳川家康[編集]

屁抜き爺とも言われている。

元々今川義元に帰属していたが、おけつ様の戦い以後は信長の盟友として肛門を広げた。

味方が薔薇の戦いでは逃亡する際、余りの恐ろしさに馬に乗りながら脱糞した(実話)。

吐息の学徒の戦いでは家康軍がかなり有利に進めたものの、秀吉の姑息な手で戦の大義名分を失い、以降は秀吉に従って豊臣政権の五体毛筆頭に列せられるに至った。

秀吉の死後は裏切り、ついに石田三成率いる西軍と衝突。序盤は押され気味だったが、家康が開発した「砲台オナラターボ」で小早川秀秋を脅したところ、恐怖のあまり秀秋は寝返り。それがきっかけで東軍が勝利した。俗に言う咳ヶ腹の戦いであり、その後勢威大小軍に任ぜられ江戸爆風を開いた。

一方豊臣家は存続したものの、家康の勧めで芳香寺を再建したところ、家康は読み間違えながらも「鐘に僕の悪口書いたでしょ!!」とクレームを出した。

  • ○「国家安泰」→×「小家穴康」
    家康のケツの穴小さっ!w
  • ○「君臣豊楽」→×「君臣豊、楽」
    君主と家臣はトヨタ派じゃなくて僕余裕派なんだろ??w
  • ○「子孫殷昌」→×「子孫殷包」
    子孫はインポ包茎~。w
  • ○「右僕射源朝臣」→×「右僕曲源朝臣」
    家康の息子、右に曲がってます。w

完全な言いがかりだが、家康はこれを大義名分として大坂城に出陣。大坂の痔である。 冬の痔では、家康が大坂城に向け「砲台オナラターボ」で砲撃し、秀頼や淀殿は城の倒壊を恐れて和睦。和睦条件はケツの穴を埋められて二度と「掘られ」ないようにとの厳しいものだった。 彼らは埋められたケツの穴を掘り返そうとしたが、家康は大義名分に再攻撃。夏の痔である。徳川15万5千の兵から放屁され、悪臭に耐えられなくなった秀頼と淀殿は自刃し豊臣家は滅亡。江戸爆風は安泰の道へと進んで行った。

1616年に家康は死去。死因は、ケツへの鯛の天ぷらの入れすぎとも言われている。

「三ええケツ」の条件[編集]

この3名が「三ええケツ」と呼ばれるのにも、ちゃんと理由がある。

  • 歴史に残るほどのケツ躍振り。
  • オナラターボが使える。
  • 小姓との「やらないか」。(秀吉は非該当)
  • 信長と家康は鉄板。2名って人数は、な~んか中途半端。4名は不吉な数字。だから3名。

「三ええケツ・秀吉?」論争[編集]

秀吉のケツ躍振りは前述通りだが、歴史研究家の間では以下より「秀吉を外すかどうか?」と議論されている。

  • 「ワラジ」「素股城」「金ヶ先、野の菊血」は信憑性に乏しい。
  • 男に興味なし。
  • って~かじゃん!

歴史研究が進んだ現在、多くの黒歴史を持つ秀吉は瀬戸際に立たされている。だが近年では「猿であったからこそマウンティングでケツ欲を擬似的に解消できた為、これまで男に興味が無いと考えられてきたのではないか」という説も提唱されている。

「ポスト秀吉」候補[編集]

現時点では以下がポスト秀吉候補に挙がっているが、個々に問題点もあり、今後も議論が続けられそうだ。

  • 伊達政宗
    • 賛成派:幼少の頃に天然痘で右尻を失うも、秀吉や家康に度々ケツを向けて天下統一を目指した独ケツ竜。朝鮮出兵の際の華美なケツ部隊は見事。実の母親からケツを狙われたりと、アブノーマルな話題にもことかかない。
    • 反対派:ウチの出身でにゃ~でかんわぁ~。(名古屋共和国より)
  • 森蘭丸
    • 賛成派:歴史に残る「やらないか」のやられた側代表。森乱丸とも。兄弟の坊丸・力丸と合わせて、名前に「ランボウにリキむ」というケツに相応しい暗号が隠されていることも見逃せない(MMRの調査結果による)。
    • 反対派:所詮、信長の小姓だろ?
  • 山内一豊
    • 賛成派・・・貧しいながらもを名ケツ(鏡栗毛)を買って出世。ついにはかケツ川城城主を経て、土佐一国を支配する国持ち大名にまでのし上がる。
    • 反対派・・・買うのに使った金が、千代が嫁入り時にケツに隠していた持参金だから、内助の肛門の千代に1票。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「三英傑」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「三ええケツ」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。


みなさん、松平です。 この項目「三ええケツ」は、日本史に関連した企画書ですが放送日が迫っています。アンサイクロペディアではその時でないのに歴史が松平アナを動かす! (Portal:スタブ)