七尾市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「七尾市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「七尾市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「七尾市」の項目を執筆しています。

七尾市(ななおし、Seven Tails City)は、能登地方に位置する都市である。

能登半島の中心都市であるが、行政的には石川県に含まれる。金沢とその支配下にある半島でない部分の威勢ばかりが強くなったことにより、能登半島は金沢の属領という扱いを受けている。

概要[編集]

七尾」の名は、能登国の前身である鹿島国が7つの尾をもつ荒ぶる神獣によって統治されていたことに因むものである。神獣はヤマトタケルの討伐によって七つ裂きにされ、七つの海の奥底にの如く打ち込まれ封印されたといわれている。

七尾には和倉温泉をはじめとする多様な観光地があり、石川県の知名度向上に多大な貢献しているといっても過言ではないが、裏日本として中央から虐げられている北陸の中でも、特に辺境の度合いが高いことから、金沢によって「石川県の尻尾」と呼ばれ虐げられている。

伝統工芸の宝庫である石川県の中でも、特に職人の比率が高く、「箪笥職人」や「蝋燭職人」から、「ハガキ職人」や「フラッシュ職人」、「萌え絵師」に至るまで、多数の職人が多方面で活躍していることが知られている。

聖数「七」[編集]

皇国において聖数とされる「」に対して、七尾における聖数は「」である。八が「完全」であるならば、七は「不完全」・「全部まであと1個」・「何か1つ足りない」を意味している。しかし、完成してしまえば、文字通り「終わり」である。この記事同様、七尾には希望が残されているのである。その希望はアンサイクロペディアン諸氏に委ねられていることは言うまでもない。

七のつく自治体と提携を結んでいる。かつて七のつく自治体は無数に存在したが、市町村合併によって七尾市を含め7つにまで減っている。

また、海に面しているためウォータースポーツが盛んであり、特に1チーム7名で構成される水球の人気が高い。

なお、七尾奈留は神として認めてないらしい。

地理[編集]

日本海に突き出た能登半島が目印となるため、日本地図から七尾の位置を探し出すことは容易であろう。

そして、高岡市氷見市を見れば一発でわかる。

七つの海[編集]

七尾人による支配の及んだ海域である七尾湾を指してこう呼ぶ。能登島によって三つのと四つの瀬戸に分かれている。なお、日本海は別格である。

  • 七尾南湾 - 能登島の南の海域。七尾市の直轄領である。
  • 七尾西湾 - 能登島の西の海域。海中から熱泉が湧く危険海域であり、その湯気立つ様子から「湧浦」と呼ばれ恐れられている。
  • 七尾北湾 - 能登島の北の海域。北半分は穴水領であり、七尾市域には含まれないが、事実上七尾の支配下にある。
  • 屏風瀬戸 - 南湾と西湾をつなぐ海域。七尾と和倉を結ぶ。
  • 三ヶ口瀬戸 - 西湾と北湾をつなぐ海域。七尾と和倉がある中能登と、奧能登の玄関・穴水を結ぶ。
  • 大口瀬戸 - 北湾と日本海をつなぐ海域。穴水と珠洲を結ぶ。
  • 小口瀬戸 - 日本海と南湾をつなぐ海域。七尾から日本海に出るための重要な海路が通じているため、七尾県の内乱(後述)の際に、高岡によって封鎖されたことがあった。

歴史[編集]

古くから能登国の中心として、水上交易の拠点として栄え、前田利家のお膝元として経済的にも豊かであったが、前田利家が金沢に移ると次第に落ちぶれ、交通の中心が海上から陸上に移行するとともに辺境度も増していった。

明治廃藩置県の際には、能登国全域と越中国射水郡を領域とする七尾県が成立し、七尾に県庁が置かれた。これにより、七尾の復権が達成され、明治の大変革を無事乗り越えることが出来たかに見えた。 そんな矢先、七尾と高岡の反目によって内乱状態となった七尾県は、石川県と新川県によって分割され、七尾の天下は終わったのである。まもなく新川県は石川県に併合されるが、後に富山県として復活を果たしている。

七尾県に射水郡が含まれず、能登一国で一つの県を構成していれば、七尾県の分裂は避けられたのではないかといわれ悔やまれている。富山は独立を勝ち取ったが、七尾は金沢の支配に屈した状況が続いている。

政治[編集]

市議会議員から県議会議員、落選して市長』という成り上がり伝説が2代続き、前職の市長は市議から成り上がるも知事と対立し引退。現在の市長は県知事の側近。

市議は平均年齢は60歳以上で40代の議員は皆無。この町で若くして議員になる奴はいないだろうと思っていたが、2009年の議員選挙で30歳の若造が長老議員に対抗して当選。ベテランにさっさと潰されると思ったが、自民党議員秘書出身だけあって長老議員や市幹部を上手く利用しており、したたかで政治力はあるが、頭皮は薄い。2013年の議員選挙で後述の若手2名を抑えて圧勝するが、頭皮は薄い。

若造の評判を聞いて勘違いした同じく40代の塾講師が補欠選挙に立候補。親が労組幹部で過去最高得票で当選する。したたかな若造議員と違って実績や力は全くない。

同じく塾講師の同級生が2013年の議員選挙で若造議員を潰そうと東京から急遽引っ越して立候補。しかし若造議員に歯が立たず、代わりに現職議長の票を奪ってまさかの当選。本人もまさかの当選のため、議会でも役所でも相手にされず仲間がいない

交通[編集]

鉄道[編集]

JR七尾線が和倉温泉まで電化されたのは平成になってからである。

徳田七尾和倉温泉田鶴浜笠師保能登中島地味だったのにアニメ効果で有名になっちゃった西岸と、見事に「7」駅ある。

非電化のまま残った七尾線の末端区間は、JRから経営を押しつけられた第三セクター・「のと鉄道」によって細々と運行され、七尾 - 穴水 - 輪島間を結んでいた。のと鉄道は、穴水から珠洲市の蛸島方面に至る路線も有していたが、穴水以北の区間はすべて廃止されている。

JR七尾線は、和倉温泉という切り札がある限り安泰であろうと思われていたが、北陸新幹線の開業にともない北陸本線がJRから経営分離された場合、七尾線の孤立は免れず、その行く末が案じられている。

バス[編集]

バスに関しては北陸鉄道が分社化し「七尾バス」となり、現在は「能登西部(ライオンのマークではない)バス」と合併し、「北鉄能登バス」が和倉温泉~七尾駅などを中心に運行を行っている。この区間は毎時2本という能登屈指の運行本数を誇る。一般路線バスでありながら富山県内の一部までわざわざ足を伸ばす便もある。県境を越すのは大抵マニアである。

その他循環バス「まりん号」や能登島交通が七尾~能登島を結んでいる。あとは、田鶴浜の「はなバス」(「はま」ではない!)と月水金運行の運賃無料の中島げんきバスがあり、年寄りで賑わっている。田鶴浜のバスは今までバス停というものが無かった(小さな看板だけはあったか記憶に無い)が、最近バス停が設置されるようになった。『三引第2ゴミステーション前』、「検閲により削除宅前(個人名なので)」など個性溢れるバス停があなたのご来訪をお待ちしております。

道路[編集]

国道159号線
鹿島バイパスと言えばしっくり来るかもしれない。七尾から東回りで羽咋の方へ行けるバイパス。ずっと片側一車線で朝・晩は混む。沿線にTSUTAYAとナッピィがあるが、とにかく出入りしにくい。能登有料道路が新幹線なら、こっちは在来線みたいなもの。
県道244号線(国道159号線・旧道)
鹿島バイパスができる前の国道。羽咋市内で現道と合流する。平野部の南側を右へ左へ縫うように走る。沿線には古い企業や民家が多く、道が狭い。鹿島バイパスが在来線ならこっちは山岳鉄道みたいなもの。
国道249号線
159号線と接続。七尾市街から通称田鶴浜道路経由で穴水方面へ行ける。七尾から穴水に行く場合、まず小丸山公園下の交差点から、能登の一般道では珍しい片側2車線区間に突入する。そこを越えるとずーっと1車線になりほとんど追い越し禁止。通称田鶴浜道路に突入するが、雰囲気が小松-加賀の8号線そっくりで錯覚してしまう。クソ遅い車がいたら、イライラしつつ、そのうち高田ICが現れる。そこで降りないと高速道路(一応、もどきではなく、「本物」だ!)に突入してしまうので注意が必要だ。あとは、海岸沿いののどかな道をのんびり羽咋へ。
国道160号線
159号線と接続。氷見の市街地に入るまでは、ここもずーっと片側1車線で追い越し禁止である。海岸線をずっと走る。七尾湾や、時々立山連峰が見えるため、観光客には人気である。七尾とは関係ないが氷見に突入すると「女子口」「女良」などという地名が登場するのも一部の方々には人気である。氷見からは国道415号線で羽咋へ。
能越自動車道
輪島から七尾・高岡を経て東海北陸道、徳田大津を経て能登有料道路とつながる予定の高速道路。これが完成すれば金沢より近いのに山越えが必要で面倒くさかった氷見・高岡への移動が非常に容易になる。もちろん七尾より高岡の方が飲食店・商業施設・娯楽施設などは充実しているという有様なので多くの七尾市民が高岡方面へ流出することが懸念されている。七尾市民を七尾から流失させないことは七尾市の未来を考える上での最大の課題であるから理解してほしい。新幹線が開通すれば、新高岡駅へのアクセスルートになるので七尾線もピンチである。全線開通時には、越中富山に行く海沿いの道ということもあり、「越中さ富山海道」の蔑称愛称が与えられる予定である。
県道60号線(旧・能登有料道路)
金沢~穴水を結ぶ高速道路もどき。七尾市内では旧中島町・旧田鶴浜町内だけ通っている。2013年3月に無料化され羽咋市の陰謀により「なぎさドライブウェー」にされる。無料化により、こちらも商業施設などが格段に多い金沢やその近郊への流出が懸念される。もちろん併走する七尾線なんてさらなる赤字必至の危機である。高速走行不慣れな枯葉マーク年金ジジィが無料化に釣られわんさか押し寄せた暁にはお察し下さい
よくわからない新名称が付いているが、羽咋市の陰謀により旧称である「海浜道路」と呼ばれる模様。
県道2号七尾羽咋線
七本目の幹線道路。

文化[編集]

京都の影響を受けた金沢の影響を受けており、京文化を積極的に取り入れ豊かな文化が花開いた。しかし当然のことながら、コピーの繰り返しは劣化コピーを生んだに過ぎず、本物を超えることはなかったのである。

そのなかで唯一本物を超えた物がある。それは七尾市発の企業「スギヨ」によってカニの代用品として開発された「カニカマ」である。カニを模したコピー食品に過ぎなかったカニカマが、いまでは世界中で本物のカニを超える人気を誇るようになり、「スリミ」と言えばカニカマのことを指すという誤った用法が定着するまでに至っている。このように一企業が世界に偽情報を蔓延させるというアンサイクロペディア顔負けの運動を展開していることは特筆に値するであろう。七尾高校理数科に入学すれば、スギヨ開発部長を招いて味覚に関する講演を拝聴することができる。理数科生徒はカニカマ食べ放題である。

七尾の女子高生文化[編集]

金沢では未だにスニーカーやスリッパみたいな靴にスニーカーソックスにブランド物のリュック、長めのスカートという独特のJKファッション文化が根強い(最近は変わりつつあるが)が、その反面七尾では古くより紺色ハイソックスにローファーという「ごくごく一般的な女子高生」のスタイルが見られる。女子高生の制服評価をまとめたウェブサイトではそういった古き良きセーラー服がなかなか良い評価を得ている。現在でこそ殆ど見られない(それでも一部いる)が、私立高校の一部ではルーズソックスが大流行していた時期もあった。

観光[編集]

祭事[編集]

柏祭
でか山」と呼ばれる山車は、とにかく巨大であり、戦車を彷彿させるほどである。は七尾を象徴する色であり、青は「七尾市の色」として公式に定められている。慶事や弔事では、紅白幕や鯨幕を用いず、青白二色の「浅葱幕」を用いることが通例である。
奉燈祭
奉燈」と呼ばれる燈篭の登場するの総称である。奉燈が天高くそびえる様子は巨大な大砲を思わせる。大陸からやって来る禍いや、心身の穢れを聖火によって浄化するというものである。

名所[編集]

和倉温泉
湯の湧き出づる浦」、「湯気立つ海」と呼ばれる七尾観光の中核である。

名産品[編集]

日本海を挟んで北の国に対峙する地政上の重要性から、伝統工芸品という名の兵器の生産が盛んであり、名だたる職人たちがしのぎを削っている。

七輪
神官の力を借り、光化マジカリウムを充填することで、魔光砲を放つことが出来る。
仏壇
僧侶の力を借り、亜空間を作り出すことで、有事の際にはシェルターとして機能する。
暖簾
陰陽師の力を借り、結界を張ることで、敵の攻撃を回避することが可能である。
和蝋燭
山伏の力を借り、山化マジカリウム(空素系とも土素系ともつかないマジカリウム化合物)を注入することで、手榴弾ミサイルに変形する。

飲食店・小売店事情[編集]

スーパーマーケット事情[編集]

七尾にはあちこちに独占企業「どんたく」が存在する。スーパーマーケットと呼べるものは「どんたく」とユニー・アピタ系列の「パトリア」と和倉の「業務スーパー」と田鶴浜の「ダイヤス」ぐらいしかない。七尾はもはやどんたくの独壇場である。

しかしながら、市民は隣の中能登町の平和堂まで足を伸ばすことが多く、それに対抗すべくどんたくでは市内の既存の店舗を閉鎖しショッピングモールを新規開業する事象が起きている。そのうち能登海浜無料化、能越道全線開通になれば高岡、宇ノ気、金沢にさらなる流出が懸念されるため、金沢にも手を広げ始めた。七尾の店舗より金沢一号店の方が色々と充実していたりする。そのうち加賀地区も乗っ取ろうと躍起になっている。

コンビニ事情[編集]

現在、七尾にはローソン、ファミマ、サークルK、サンクスがある。一時期七尾~和倉間の松百(まっとう。松任とは違う)辺りに石川最北端のサンクスが店を構えていたが、撤退した為現在のサンクス最北端は七尾駅前になる。

現在、七尾最北端のコンビニは中島のサークルKであると思われている。忘れられがちだが、近年、能登島に島民念願のコンビニが初めてオープンした。セブンイレブンは七尾より先に隣の中能登町にオープンしたが・・・「nanaoに来い来いセブンセブン♪

ドラッグストア事情[編集]

クスリのアオキ、シメノドラッグ、ドラッグフジイなど、県内の主なドラッグストアは一通り揃っている。マツキヨはない。 シメノドラッグはマツキヨ配下に墜ちたので、事実上マツキヨだらけになった(看板はシメノドラッグのまんま)

レンタルビデオ店事情[編集]

七尾、鹿島地区でレンタルビデオ店といえば「RENTAL-YA」が主流というか、これしかなかったが、00年代半ば以降、事情が変わってきた。突然「TSUTA-YA」とか、「GE-O」といった大手全国チェーンのレンタルビデオ店がオープンした。TSUTAYAが無く、まだローソンでTカードが使えた頃、自慢気に七尾のローソンでTカードを提示していた金沢市民の俺。

飲食店事情[編集]

全体的に言えることは、競争率が低く、安メシ屋が少ないということ。

ファミレス
七尾には2008年にココスがオープンするまでファミリーレストランというものが一切存在しなかった。(20数年近く無かったと思うがそれ以前は不明)そのため週末は隣の「鹿島町」(現・中能登町)のココスが同町内以外に七尾からの客で異様に大混雑するという事態がたびたび起こっていた。しかしそれ以外にジョイフルなどのファミレスがいつまでたっても存在しない為、現在でもココスの客は多い。盆暮れ正月土休日の混雑っぷりは相変わらず酷い。
七尾の民は【ファミレス=ココス】だと思い込んでいるようで、例えるならデニーズやロイホへ行くにも「ココスいこー!」のようである。
ハンバーガー
金沢市内には過剰なほどあるマクドナルドの県内最北地点は鹿島であり、七尾には存在しない。七尾には古くからはモスバーガーがあり、近年ではフレッシュネスバーガーが進出している。特に競争している様子はない。七尾市民はマックのマズさをよく理解しているから、存在しないのである。残念なことにフレッシュネスは5月10日に撤退することになった。まあ高校生しか来ないような立地であの値段じゃ難しいわな。実に残念!
牛丼店
現在牛丼チェーンの県内最北端は羽咋市の「すき家」であり、七尾には「吉野家」も「松屋」も「すき家」も「なか卯」もない。そもそも、七尾市民って、牛丼知ってるの??
と、書いてはみたが現在、藤橋の元じんずしの場所に「すき家」を建設中。牛丼チェーンが七尾市民にどれだけ受け入れられるか興味深い。
実際出来てみると、なかなかの大盛況。土休日は店外にまで行列ができることもしばしば。(オープンして1年以上たつケド今も土日は長蛇の列)
カレー店
古くからココイチが店を構えている他、カレーのチャンピオン(言うまでも無く通称チャンカレが「どんたくナッピィ店」敷地内と「どんたくアスティ店」そばにある。和倉~田鶴浜の間には「ターバン」も細々と営業中。
ラーメン店
「8番ラーメン」や「すしべん」や駅前の「がんばり屋」や「太郎」、「蘇州」くらいしか思い当たらない程ラーメン不毛地帯である。皮肉にも「すしべん」はラーメン屋ではない。「蘇州」は和倉~田鶴浜に向かう道の途中で350円のラーメンを出している。一度金沢に移転?したが、なぜかまた同じ地に戻ってきた。その他旧中島町内には明らかに8番のパクリの「3番ラーメン」が存在する。地元特産の中島菜ラーメンがウリ
回転寿司
魚処であるため普通の寿司屋はそこそこあるようだが回転寿司に関してはミナクルの一階の回転寿司屋と、まぐろや、「じんずし」以外に存在しない。魚に関してはプライドが高い為「無添」や「あきんど」などの100円寿司は拒絶しているもの思われる。が、これまた鹿島の平和堂近くに105円(特ネタ157円)の回転寿司屋がオープンし、安いもの好きの市民達はレーンのごとく鹿島まで流れている。土休日は大混雑。こんなに大勢どこから沸いてきたのやら??
すしべん
石川県各所に点在する「八幡のすしべん」がもちろん七尾にもある。8番と並び、石川県で知らない人は居ない。何気に八幡から巾を取ると八番ということに今気付いた。
焼肉
近年、金沢市内にも手を広げ始めた「焼肉蔵」やその他大小様々で個人営業の店が多い。金沢近郊では「恵比寿」が大胆な価格破壊を行った為熾烈な価格競争が繰り広げられているが、七尾にはそのような流れが無い。金沢の「蔵」は価格競争に乗ったが、七尾の「蔵」は安くならなかった。金沢から羽咋に、格安食べ放題の「焦げた」焼肉店が進出するのに合わせ、蔵も157円メニューの価格競争に乗り出したが、その直後、2011年のゴールデンウィークに恵比寿がお察し下さい

ラブホテル事情[編集]

市内各地にラブホテルがある。人口6万人で5ヶ所。まあお盛んで…。いずれも徒歩で行くことは困難で車で行くことを勧める。

関連項目[編集]


この項目「七尾市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)