一行記事

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

一行記事  一行記事(いちぎょうきじ)とは、改行を使用せずに一行でかかれた記事のことである。一行であるため縦に長くなることがないのでスペースを無駄なく使用できる上に、改行コードを使用しないため容量の節約にもなる。 概要 一行記事は、1行と複数の文字列から成り立っている。垂直スクロールが存在しないのでマウスでカラカラする必要が無いこと、文中には改行コードが存在しないので非互換が発生しないこと、理論上どの言語でも作成できること、などいくつもの利点があるため、世界中で愛用されている。また、記事を練る際にも文章の構成や改行のことを考えずに作成できるためライトユーザーの中でも人気があり、一部の根強いファンは一行記事を流行らせようと全国的に活発な執筆活動を行い、一行記事の普及を図っている。 ウィキペディアにおいての一行記事 ウィキペディアでは積極的な一行記事の作成が推奨されている。これは、ウィキペディアの競争体質が理由であるとされている。ウィキペディアではウィキペディアンの志気向上のため他の外国版ウィキペディアとの競争を行っている。競争では、記事の内容やユーザの質などは一切評価せずに記事数だけを評価しているため、5時間かけて編集し詳細データもびっちり載せた記事1つより、10分で作った単純明細な一行記事5つのほうが5倍素晴らしいとされている。そのため、ウィキペディアでは記事数を稼ぐために一行記事どころか内容のない記事の投稿も許されている。 アンサイクロペディアにおいての一行記事 アンサイクロペディアにおいて一行記事は推奨されていない。アンサイクロペディアはウィキペディアと違い、独裁者のご機嫌取りをしなければならないのだが、独裁者たちは宗教上の理由から一行記事を嫌悪しているため、これを作成することはタブーとされているのである。しかし、現在のアンサイクロペディアは非常に重いので、サーバの転送量軽減のために一行記事の投稿をせざるをえない状況となっている。 関連項目 アンディクショナリー 読みにくい文章 カテゴリアンサイクロペディアに書くと削除されるページ 自己言及的なページ