一色町

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「一色町」の項目を執筆しています。

一色町(いっしょくちょう)とは、東海地方名古屋県にあった町。離れたところにある佐久島という離島も一色町と見なす意見もある。でももう西尾市

地理[編集]

名古屋県の南部、三河湾に面しており、幡豆郡の三貧困自治体(そのあと西尾市に)(一色町・吉良町・幡豆町)の一つ。町の東側に流れる矢作古川は西尾市いじめ事件で亡くなった大河内清輝君が同級生に溺れさせられた川として全国的に有名であり、町の西側には「三河工業地帯」の異名を持つ碧南市、そして北側には一色町民が崇拝する大都会西尾市に囲まれている。 平地であるため山が無く、三河湾に面しているが、海を利用したレジャー産業は海への死体遺棄のみである。 西尾市に吸収合併される事を強く望んでおり、これに対し長年西尾市側が拒否し続けていたが、合併の計画が本格化し、2011年春までに一色町は吉良町、幡豆町と共に西尾市に吸収合併される事が正式に決まった。そのためこのページも消滅する可能性があるが、せめてものはなむけに残していただきたいとUncycropedia財団に対する署名活動が一色町役場玄関ホールで行われている。

交通[編集]

鉄道
なし
復活の展望もなし
行政側が復活させる気力もなし
バス
名鉄三河線廃止後、名鉄交通から廃線後のお情けとして吉良吉田-碧南間を走るバスが与えられた。愛称は「ふれんどバス」と呼ばれ、主に一色町から吉良高校に向かうために使用される。そのため通勤時間帯、休日は利用者が0であるため、名鉄側はこのバスの廃線を検討している。
料金は片道どこまで行っても200円、18歳未満に至っては100円である。赤字であるのにも関わらず、値段は安い。
運転手が高年齢化していることが特徴であり、運転中のアナウンスは非常に聞き取りづらい。

文化[編集]

幡豆群の三貧困自治体での結び付きは非常に強いが、吉良町、幡豆町に対する嫌悪感を持っている。しかし西尾市に対しては絶対的な服従を強いられており、西尾市内での買い物や娯楽は一色町民にとって最高の贅沢とされる。 一色町内にはデパート・カラオケ・ゲームセンター・プリクラがないため、デパートと言えば西尾駅の名鉄百貨店、「シャオ」、「いつも!」を指し、カラオケと言えば西尾の「NEWS」、「日本レンタカー」、ゲームセンターと言えば「U-ファクトリー」、プリクラと言えば西尾駅高架下のゲームセンターでのプリクラの事を言う。マクドナルドミスタードーナッツケンタッキーといった外国料理を食べる時も西尾市まで買いに行かなければならない。西尾市が大都会であり、全国的に有名であると盲信されているので、県外に出た時は「名古屋の中にある西尾市の辺りから来た」と言う。「名古屋から来た」とは名古屋に対しとても恐れ多くて言えない。

東に位置する吉良町は「忠臣蔵」で赤穂浪士に惨殺された暴君・吉良公付助が治めた土地と言う事で有名である。吉良町のさらに東側には東海地区最大のアミューズメントパーク「愛知こどもの国」をもつ幡豆町が位置している。一色町はこれら幡豆群三貧困自治体の中では観光施設もなく、教育レベルも民度も最低であることから吉良町、幡豆町に対し劣等感も抱いている。平成17年に吉良町にある「吉良温泉」が水道水を温めたものであり、温泉効果はないとする報道がされたが、その情報を中日新聞社に垂れこんだのは一色町民である。ただ、一色町は3町の中で人口だけは1位である。 さらに、平成16年の3月に一色町を東西に走る唯一の電車(名鉄ワンマンカー)が業績悪化のため廃線となり、名古屋県において唯一の「電車の無い町」に成り下がる。電車がない事は一色町民が持つ精神的トラウマであり、一色町民は電車復活への淡い期待と懐古の念を込めて撤去された踏切の前で一旦停止する癖が抜けない。吉良町民、幡豆町民から電車が無い事を馬鹿にされると反論の余地もなく顔面蒼白になり、なんとかして話題を変えようと必死になる。

しかし最近では電車が無くなったことへのトラウマが解消され始めた者も少なくなく、県外などで一色町を紹介する際に電車が走って無い事を強調し、いかに田舎であるかを自慢する自虐的な若者も増えてきてる。

うなぎ[編集]

町内の小学生は「一色町のうなぎは日本一!」という洗脳を小学校低学年の社会科の授業で受けさせられる。そのため町外の人間から「うなぎと言えば浜松。」と言われると「浜松はうなぎパイだけだん!あんなのは邪道だら!?」と発狂する勢いで否定する。逆に「一色町、ああうなぎで有名な。」と言われると自然と顔が笑顔になり、誇らしげな表情をしながら一色町のうなぎ自慢を聞いてもいないのに語り始める。 一色高校でもうなぎに対する洗脳教育は展開されており、授業では「うなぎ」を題材とした短歌を作る程である。「日本と韓国中国台湾と鰻の世界も国際化して」「海岸ではるか遠くを眺れば鰻の子らよよくぞ来たれり」などという優秀作品が一色町ホームページに掲載されている事でも洗脳教育の片鱗を見る事が出来る。 また、うなぎを養殖する施設は「うなぎハウス」という愛称で呼ばれ、総面積は町全体の約3分の2を占める。半透明の白いビニールシートで覆われ、内部にはうなぎを育てる池のようになっている。ハウス内部はとても暖かく、その高温がうなぎの繁殖に必要不可欠であるため、ビニールシートを傘などの棒状のもので突き、穴を開ける事は町民最大のタブーとされる。 内需拡大のために土用のの日でなくてもうなぎを食べる事が条例で義務化されており、うなぎが高級品であると言う認識はない。町南部に「三水亭」と呼ばれるうなぎ料理屋が2009年に開業したが、ここで使われているうなぎは一色町産のうなぎではない。

大提灯まつり[編集]

大昔、三河湾に妖怪使途のようなもの)が襲来し、口から出す火炎で一色町の約5分の2を焼き払い、多くの死者を出す事件が起きた。翌年も妖怪(使途のようなもの)が現われたため、海岸沿いに火を焚いて妖怪(使途のようなもの)を追い払った。そこから勇敢な町民を讃え、加えてうなぎの繁殖を願い、高さ約115.4Hyde(約180メートル)の提灯を毎年8月の後半に灯す祭「一色町大提灯まつり」が町南部の諏訪神社で開催された。町外からの来客などで、一時は繁栄したが、祭りの最中に町内の暴走族による暴行事件が後を絶たず、昭和60年ごろから他の市町村からの来客は見られなくなり、平成5年に開催を無期限停止になった。再開の見通しは立っていない。この大提灯まつりの復活を願う町民の意思で「大提灯まんじゅう」などが開発され、一色町のマスコットキャラクターには大提灯の形をモチーフにしたキャラクター「あかりちゃん」が採用された。 現在でも、三河湾に妖怪(使途のようなもの)が襲来した場合を想定し、中部地区にある図書館「学びの館」内の吹き抜けホールで大提灯が広げた状態で保管されており、有事の際は消防団がホール天井を開き大提灯を持ち上げ、蝋燭に火を灯す事ができる様になっている。この大提灯は「学びの館」に行くと無料で見学できる。

神話「佐久島」[編集]

一色町に伝わる代表的な神話として「佐久島」が挙げられる。これは一色町から船で約30分の場所に佐久島と呼ばれる孤島が存在する、というものである。 唯一の交通手段として一色町南部の漁港から佐久島行きの船が一ヶ月に一本(第3水曜日の丑三つ時発という説が有力)が運行されているとされ、佐久島は町内本土での社会生活不適合者を隔離するために使用されており、電気、ガスなどが整備されていないという。 本土から佐久島に隔離することを「島流し」と言われ、島流しの刑に会うと二度と本土に帰ってくることはできないとされる。そのため子どもが悪い事をすると、「まああんた、そんな事しとると佐久島に島流しにするでよ!」といって親から叱られる。三河地区においては同様な叱り文句に「まああんた、そんな事しとると美浜ヨットスクールにぶち込むでよ!」がある。このような神話は、町民は両親から語り継がれており、一色町の文化を学ぶ上で重要なキーワードである。


「一色町さかなランド」計画[編集]

南部地区の三河湾に面した埋立地に、三河湾で採れた魚介類を販売する大型施設「一色さかな広場」が平成2年にオープンした。一階はうなぎ、魚は勿論、えびせんべい、いか焼きなどが格安で販売され町外からの外資を獲得することに成功した。 観光バス30台乗用車200台が駐車可能な大型駐車場、家族連れのために正門前に遊具などが数多く設置され、一時期は三河湾埋め立てを広げ、「一色さかなランド」を作ることが平成5年の一色町総合計画の中に盛り込まれた。 しかし開店当初の賑わいは徐々に失われ、規制緩和政策の影響を受け来場者は激減した。現在、正門前の遊具やゲームセンターは撤去され、周囲に住宅街がない事から、大型駐車場は深夜になると暴走族が中古のセルシオでドリフト走行の練習をする格好の空間となっている。「一色さかなランド」建設のためにさかな広場裏の海が埋め立てられたが、計画が破綻したため今は公園となっている。立地条件の悪さから利用者はいない。しかしベンチやトイレ、植樹が異様に丁寧に整っていることから税金の無駄使いを感じ取ることができる。

特徴[編集]

一色町は大きく分けて小学校を一つずつ持つ4つの地区に分かれ、中部、西部、南部、東部と呼ばれる。

中部地区は町内で最も住宅が密集している。3割の人間がトヨタ系の派遣労働者であり、残り7割は朝鮮式球入れで生計を立てている。町内で最も治安が悪い。 西部地区は西尾市と近く、5割の人間が西尾・碧南・安城にあるトヨタ系工場ライン、2割がカーネーションを栽培し、2割がえびせんべいを作っている。1割は無職である。平成20年に西部小学校内で大麻が横行し、西部小学校は同年をもって閉校となった。現在でも西部地区は大麻の常用者が後を絶たない。 南部地区では4割の人間が漁師、3割の人間がうなぎを養殖し、2割がトヨタ系工場ライン、1割が無職である。 漁業関係者が多いため、過去に一色町は中部国際空港の建設予定地に立候補しようとしたが、空港建設には一色町近辺の海を埋め立てなければならないため、漁業関係者の大反対を受け議会の支持を得られなかった。立候補を提案した町長は次の選挙で大敗している。 東部地区は7割の人間がうなぎを養殖している。1割がトヨタ奴隷、1割がパック寿司チェーン「カネキチ」の製造ライン、1割は無職である。 このように無職が多いのも一色町の特徴である。稼いだ賃金は町民の二大娯楽施設である、南部地区の「丸万」西部地区の「扇屋」で朝鮮式球入れに費やされる。隣の吉良町にある同様の朝鮮式球入れ施設「ミカド」「チャンピオン」に行く者も多い。 他の名古屋県内の市町村同様、トヨタの下僕自治体として存在してきたため、平成20年のトヨタショックによる影響は大きく、町中心部の「一色町交通公園」では派遣村が作られ、一時期は町の人口の5%である1000人もの派遣を解消された若者がいた。しかし町民の約9割はトヨタ教を変わらず信仰しており、中古のセルシオを購入することで一色町内での上流階級の仲間入りを果たすと信じられている。

言語[編集]

一色町民の老若男女は「じゃん、だら、りん」を代表とする三河弁を使用する事が条例により定められている。 使用例:「日本一の一色産うなぎは最高じゃん!」(訳:日本一の一色産うなぎは最高でしょ?そうだよね?) 「うなぎと言えば日本一の一色産だら?」(訳:うなぎと言えば日本一の一色産。浜松市は邪道です。) 「ほえ、日本一の一色産のうなぎ食べりん!」(訳:さあ、日本一の一色産うなぎを食べて下さい。)

また、「~しましょう」を「~しよまい」、「~はやめておきなさい」を「~はやめときん」、部屋などの隅の事を「ぐろ」、座った状態から立たずに体を低くして移動することを「いざる」と言う。特徴的な一色町の方言では、泥などに嵌る事を「ふんごむ」、憎たらしい事を「しゃれえ」などが挙げられる。すごく憎たらしい事を「でげしゃれえ」と言い、語尾に「げー」を付けて「しゃれえげー」、「でげしゃれえげー」と言われることも多い。怒った時に使われる「本当に、もう!」は「ふんとに、まあ!」と言われる事も特徴的である。

教育[編集]

一色町内の小学校を卒業した者は例外なく一色中学校に進学する。過去に一色中学校は中部地区にあったが、一色中学校の学生の問題行動が後を絶たず、住民からの要請で町の最南端に海を埋め立てて新校舎を作り、中学生を隔離した。一色中学校では3年間を、吉良中学校、幡豆中学校に部活動の試合で勝つ事に費やされるため、万が一この2中学校に負けた場合その部活は男子は坊主、女子はボブカットが強制される。 卒業後は隣町の吉良高校に進学し、トヨタ系孫請け工場のラインとして働くことが一色町民としてエリートであり、愛知工業大学大同工業大学愛知工科大学を卒業しトヨタ系下請工場に入る事は貴族階級とみなされる。また一色町には高校がなく、「一色高校」と呼ばれる教育施設は一色中学校に入学したが中等教育が不合格と見なされた者が入学する再教育施設であるため小学校に分類される。 大学は中部地区に「一色こども大学」があり、人気学部である「パソコン学部」ではパソコン起動技術、キーボードの間に溜まる埃の除去技術などの習得に定評があり、教室は高齢者で賑わう。また「料理学部」ではうなぎ料理に関する研究が盛んであり、うなぎの骨を煎餅のように加工した「うなぎ骨チップス」やうなぎの内臓を利用した「うなぎ内臓ゼリー」などが開発され、うなぎから廃棄物を出さない環境に配慮した取り組みが高く評価され、平成9年に同学部はイグ・ノーベル賞を獲得している。

生活[編集]

商業施設は中部地区にある「Aコープ」と東部地区にある「ドミー」が主流である。「Aコープ」のAは農業を意味するagricultureの頭文字から取っており、西三河農業協同組合が営業している。また「ドミー」が平成10年に開店した当初はマクドナルドが店舗内に営業され、これが一色町にとって初めてのマクドナルド店舗であったが、わずか2カ月に閉店となり、現在町内にマクドナルドはない。あまりにも短い営業期間だったため、本当にマクドナルドが存在していたのか、町民の幻想ではなかったのかという意見もある。衣服は「ドミー」の中にある衣料品売り場か、東部地区にある「しまむら」で購入する。結婚式や同窓会に出席する時などの服は西尾市にある「ユニクロ」で買う。なお町民は「ドミー」「Aコープ」が全国区であり、「しまむら」は西三河ローカルであると思っている。

コンビニエンスストアサークルKが3店舗、ファミリーマートが1店舗、ミニストップが1店舗、セブンイレブンが1店舗営業されており、深夜は暴走族の集会所として利用されている。なお、セブンイレブンは治安の悪さなどが原因のため、名前の通りに7時から23時までのみ営業する。なお町民は「サークルK」が全国区であると疑った事がない。

西部地区に「ジョイフル」という町内唯一のファミリーレストランがあるが、近くに一色高校があり、過去に一色高校の学生が放課後来店し、テーブルに落書きをする、他の客に迷惑をかける、えびせんべいを持ち込んで食べる、ドリンクバーでメロンソーダとコーヒーと醤油をミックスして遊ぶ、と言った迷惑行為が横行した。そのため苦慮した店舗側は「一色高校学生の制服着用時における店舗内進入を禁止する条例」を町議会に要請し、町議会で可決されたため一色高校の学生は制服を着て店舗内に侵入することが条例で禁止されている。この出来事は一色高校の学生の荒んだ資質を顕著に表している。 中部地区に商店街があったという逸話があるが、現在では商店街の跡地を含めた明確な資料が見つかっていない。 また、中部地区にカラオケ施設「おーな」、東部地区に漫画喫茶「ドリーム」が存在するというが、これも明確な資料が見つかっていない。商店街とともに一色町民の都会へのコンプレックスが魅せた幻惑なのではないかとの説が有力である。

無関係なもの[編集]

  • AV女優の一色明奈(いっしき あきな)
  • 一色あずさ(いっしき あずさ)
  • 一色彩果(いっしき あやか)
  • 一色さくら(いっしき さくら)
  • 一色志乃(いっしき しの =南えり、西田有紀 )
  • 一色麗矢(いっしき れいや)
  • 一色れな(いっしき れな)

全て女性なのは気のせい。主にアダルトゲーム声優の一色ヒカル、グラビアアイドルの一色雅、女優の一色彩子、漫画家の一色まこと、とも無関係である。中京都中川区にある一色町とも無関係である。