一発屋

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

一発屋(いっぱつや)とは、芸能プロダクションである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「一発屋」の項目を執筆しています。

概要[編集]

芸能界、特にテレビに映っているような世界は、一見華やかで素晴らしいものに見える。それは事実なのであるが、その裏には壮絶な蹴落としあいがあり、テレビの映っていないところでは暗いものが渦巻いているのである。人間だれしも、華やかな世界には飛び込んでみたいが、その裏にあるものに触れるのはごめんである。そこで、数カ月から一年強までの短い期間のみ、テレビ等、芸能界の表舞台で活動し、後は地方の営業等でのんびり暮らそうと考える人たちが現れた。それらタレントの卵たちをまとめて芸能界に送るのが、一発屋と呼ばれる芸能プロダクションである。円広志が会長を務めている。

活動[編集]

一発屋に所属するタレントは、なんでもいいので一芸を磨くことを義務付けられている。たとえば、ワンフレーズのギャグを作ったり、独特な歌を書いて歌ったりすることがそれに当たる。一発屋では、所属タレントが持ってくる芸を精査し、プロデュースすることでテレビ等に売り込みをかける。そうすることで、光るものがあるタレントを番組等で使ってもらえるようになるのである。

しかし、テレビ局としては、たった一つのものしか持っていないタレントは使い捨てにされる。タレントは英訳すると才能と呼ばれるように、よほど素晴らしいものでない限りは一発屋所属タレントは、才能、つまりタレントとはみなされないのである。そのことによって、一時期はテレビ番組等に引っ張りだこにされるが、後は見向きもされないタレントが大量生産されるのである。それが、一発屋プロダクションの狙いでもあるのだが。

中には、きらびやかな生活に慣れてしまい、芸能界に長くいたいと方針転換をするタレントも珍しくないが、一発屋での教育は、芸能界に長くとどまるためのものではないため、悪あがきをするまでもなくテレビからフェードアウトしてしまう。それを避けるためには、一発屋から移籍するか、飽きられつつも周りに媚を売りながら一発芸をし続ける、長い間地方を転々とする羽目になるが、人々が忘れたころに再ブレイクを狙うといった方法しかない。

所属タレント[編集]

Mikuru Asahina.jpg
ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、対象箇所は消去しました。

メディア展開[編集]

一発屋に所属しているのはほぼ芸人歌手であるが、それだけではない。中には俳優声優小説家漫画家にも一発屋に所属する人物がいる。これらの人々には、タレントと呼称するにはあれな人もかなりいるが気にしてはいけない。彼らは、一度ぐらいは成功したいと思って一発屋に所属するのである。もしも、一時的にも人気を爆発させてメディアをにぎわすことができれば、その時に起こした爆風に乗ってそれだけで後は生きていくことが出来るのである。そのため、一時的にしかテレビに出られないとわかっていても、一発屋に所属しようとする人は後を絶たないのである。

一発屋所属タレントは一つだけ大きな花火を挙げてフェードアウトしてしまうが、それを次々と送り出す一発屋は永遠にメディアへ影響力を持ち続ける。一発屋プロダクション自体は芸能界からフェードアウトしないのである。このことについて、週刊誌は「所属タレントには芸能界からさっさと去れという癖に自分は芸能界に恋恋としている。」と辛口の批判をしているが、当の一発屋は全く気にしていない。

空気[編集]

世間からは厳しく冷たい目で見られがちな一発屋達ではあるが、一部では違った見方もある。それは一発屋という形でまだ良かれ悪かれ人々の心に残っていたり、少なからず仕事が来たり、はたまたそれを売りにして生計を立てる事が出来るだけずっとマシであるという考えだ。芸能界にはそのあまりの影の薄さやインパクトの無さやブームの移り変わりの速さから一発屋という称号さえ貰えずモノホンに世間から忘れられている空気な芸能人達が数多くいる。何時復活出来るかも全く分からないし見込みもない。そういった者達からすると一発屋と世間から罵られある意味注目されている彼らがとてもとてもうらやましいのだ。

関連項目[編集]