一人称

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

一人称(いちにんしょう)とは話し手を指す代名詞。言い換えれば自分の事を何と言って私をどう見せるかという自己詐称の一種である。この一人称の使い分けによって、己れの主張に対し、俺様の本音を隠しながら、小生の建前に人々の目を向けさせることが可能となる。

マンガやアニメなどの一人称[編集]

大低マンガやアニメ等に登場する脇役は、現実には使われないような一人称を使用することが多い。

その一例[編集]

わっち(狼と香辛料 ホロ)
俺様ちゃん(戯言シリーズ 玖渚友)
me(おそ松君 イヤミ)
麻呂 (おじゃる丸 おじゃる丸)
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

一人称代名詞[編集]

私(わたし、わたくし)
あなたが日本人であればたぶん一度は使ったであろう(使うだろう)一人称。公の場であれば男性でも使う。
女性で「私」を常用する人は、「あたし」、「うち」等とはあまり使わない。ややまじめな女性の言葉と言われている。
アンサイクロペディアでも使用者が多い。
僕(ぼく)
男性が私的で使う一人称。女性も稀に使用者がいる。ちなみに成人男性が、私的の場でクを使うと、どうしても気弱な印象を与える。実際マンガやアニメ等のヘタレキャラは「僕」を使うものが多いのも否定できない。
最近では、多くの人が「気弱な印象を与えたくないから」と僕の使用を避けているが、それを視野に入れた上で「僕」を使う人は真の強い人間である。
自分(じぶん)
一人称が言えない人が使う事が多い。(内向的でおとなしい人など)
自分の名前
例えば山田花子(やまだはなこ)という人物が使用すると、
  • ねえねえ1組の担任の梅田ってうざくない?(クラスメイト)
  • ああアイツウザイよね〜 この前なんか「ハナコの顔じろじろ見てたし」
と、言うような具合になる。非常にイライラさせられる。また芸能人も宣伝目的で使う者もいる。
俺(おれ)
日本の男性が多く使う一人称。男性が親しい人物等に使う事が多い。ここ数年「俺」を使用する低年齢化が始まっている。
小学校などは1年生などはほとんどが「僕」だが3、4年生あたりから個人差もあるが、男子は「俺」を使い始める。
そして最上級生の6年生の男子は、ほとんどが「俺」を使う。中学生になるとほぼ男子が「俺」を使用し、逆に「僕」を使う者が使用すると周りから浮き気弱な印象を与える。タイミングを逃して「僕」を使用し続ける者もいる。高校に入ると99%の男子が「俺」を使う。また稀に女性でも使用する者もいる。
多くの男性が、強がってこの一人称を使っている。他人にどう思われるかを常に気にしている人はこの一人称を使わざるを得ない。
オレ
何故かは不明だが、マンガ等では「俺」ではなく「オレ」と表記される場合が多い。
ウチ
最近、15歳前後の女性が使い始めてきた一人称。理由、原因は未だに不明。
ワシ
一人称の中では、私に続く2番目に無難な一人称だが、周りからは変わり者というイメージを付けられる可能性が高い一人称。
ワイ
ワシがこてこての関西弁になったもの。工事のおっさんがたまに使っていたりする。

関連項目[編集]


この項目「一人称」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)