ワールド・ベースボール・クラシック

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「感動した!! 日本もまだまだ捨てたもんじゃない!!」
WBC について、織田信長

ワールド・ベースボール・クラシック(通称WBC)とは、現実に起こった超展開奇跡の物語である。


スポイラー
スポイラー

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、セブルス・スネイプは二重スパイであり裏切っていないことや、生命宇宙そして万物についての究極の疑問の答えは42であることや、ソウルジェムが濁ると魔法少女は魔女になることや、黒崎一護の父親はもともと死神で護廷十三隊十一番隊隊長だったことや、ヴァン・ホーエンハイムは人の形をした賢者の石であることや、アンドルフの真の姿は巨大な脳であることや、遠野志貴は遠野家に引き取られた養子であり本名は七夜志貴であることや、遠山博士の正体は夢野久太郎であることや、「先生」は「私」が父親の病気のため里帰りしている時に自殺して遺書を郵送してくることや、ウィキペディアアンサイクロペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、救急箱を手放さないようにしてください。

内容[編集]

注:アンサイクロペディアは、嘘と出鱈目にまみれています。
ここに書かれた内容も嘘や出鱈目である可能性が高いです。
…と、言いたい所ですが、アンサイクロペディアにあるまじき事態なのだが……この節に書かれている漫画のような超展開は全て事実です。

第1章[編集]

誤審監督もカンカン。
マウンドにフラグを立てる愛国心が強い人
甦ったツンデレ男

第2章[編集]

2009年日本代表のロゴ。
圧勝!!
能力超過で思わず絶頂しかけたリーダー
  • 同点で迎えた延長戦、マウンドには豪腕クローザー、2アウトニ・三塁。打席には大スランプのリーダー。大不振を託っていた彼に、ついに神が降りた。相手ベンチはボール球での勝負を指示するが、天才打者はファールでカットし四球を許さない。外しきれなくなった8球目、遂にリーダーのバットが火を噴いた。センター前に抜ける打球、歓喜に沸く日本ベンチ、落ちる鯖。(後にこの現象は有識者会議により鯖オチローと命名された)……勝負は決まった。
  • その裏、日本のエースが今度こそ雪辱を果たし、因縁の相手を抑え連覇達成。偉大な監督の後継者は偉大な監督となり、ロスの宙を舞った……。
    • 試合後の会見では興奮を隠し切れずいつものキャラが崩壊気味のリーダーから「ほぼイキかけました」との名言が飛び出した。

連覇を果たした日本代表。だがその後その日本の野球の情熱を弄ぶ者が背後で着々と計画を進行させている事を、日の丸の侍たちは知らない……

To be continued to 2013!!!

第3章[編集]

To be continued to 2017!!!

主な登場人物[編集]

イチロー(鈴木一朗
主人公。初期は物静かな性格でシャイな一面もあり、識者からは「いけすかないマイペース野郎」と罵られていたが、過去編が終わるにつれて明るい性格へと変わった。チームのリーダーとして活躍し、第二章では不振で内外から非難の声が上がったがこれは敵チームの油断を誘うための策略であった。見事作戦は成功しチームを二度の勝利へと導いた。ユンケルを飲むと身体能力が飛躍的にアップする。必殺技はレーザービーム振り子打法
ボブ・デービッドソン
第一章の審判として登場。愛娘を合衆国に人質に取られ、仕方なく2試合に渡ってアメリカに有利なミスジャッジを下す。だが最後には苦悩の末相手チームのメキシコ代表にアメリカの弱点を伝える。娘は松井の暗躍で救出された。
村田修一(初代)
第二章にて緒戦で2本のホームラン(内一本は3ラン)を放つも韓国との二度目の戦いで死に至る肉離れを起こす。それでも必死の思いで塁を走り試合後に日本に帰国。栗原に後事を託し、日本の優勝を確認した直後静かに息を引き取った。なお、第三章に出場している村田は巨人のウゴ・ケデブ内野手が村田修一の名跡を襲名したもので別人である。
ダルビッシュ有
日本の若きエース。容姿端麗で女性視聴者のファンも多い。イラン人の父を持ち、日本の代表として優勝することは悲願であった。最終話では勝利を目の前にして、勝利を優先すべきかイチローに指示されたように人質救出の時間稼ぎをするべきか葛藤する。しかし第二章でも国際戦でのヘタレっぷりは変わっていなかった。
内川聖一(愛子さま
第二章で初登場。ほんの1年前まではほぼ無名だったが、2008年にタイトルを獲得して脚光をあびた顎。門倉健の転生した姿。激戦の果てに命を落とした日本でのチームメイトのために打撃・守備双方において大活躍し、優勝に貢献。優勝後にはそのチームメイトのユニフォームを優勝トロフィーにかぶせ、感動的なシーンを作り上げた。その後、意外と傷つきやすいので門倉ネタはやめてといいつつ結構嬉しそうだったり、ブログを始めてみちゃったりなんかして活躍の幅を広げている。第三章では、中心選手として活躍している。
岩隈久志(くまのプーさん
第二章で初登場。前年度の08年シーズンでは21勝で最多勝、最優秀防御率、最優秀勝率、ベストナインとかとってタイトルを総なめにした上、沢村賞もらったピッチャー。今大会ではチートだろ?とまで言われた華麗な投球を披露して祖国の優勝に大きく貢献した。2次ラウンドで前日ダルがやらかして負けたら即WBC敗退となる崖っぷちのキューバ戦に先発。霧の中、見事チームを窮地から救う好投を見せる。決勝戦でも先発。しかし、なぜか記録上勝利投手にはあまりなれず、決勝では野外プレイは不得意なエースに勝ち星を消される・・・。MVPには選ばれなかったが日本国民の心のMVPである。
亀井義行(亀井静香
第二章で初登場。第二章冒頭には、2062年に80歳の老人となった彼の回想が挿入されている。チーム結成当初はいわば「みそっかす」扱い。「守備だけは上手いが、とても日本代表レベルとは言えない」などと日本中の批判を浴びていた。しかし、監督とイチローだけは亀井の才能を信じていた。物語が進むにつれ、チームメイトのアドバイスや、自身の猛練習で大きく成長。第二章エピローグでは、世界制覇後、所属チームへ帰り、主軸選手のひとりとして活躍する彼の姿が描かれている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ワールド・ベースボール・クラシック」の項目を執筆しています。