ワドルディの食文化大革命

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
和諧の皇帝が貴方を見ている!
中華人民共和国の中央人民政府は認可します。
この文章の内容は中華人民共和国中央人民政府を通じて十分な内容と審査され、脳の不完全な中国の人民と中国共産党の党員に見せることが出来ます。
内容が思想に反して罪を犯すこと思うのなら、自分で公安局に行って自首しなさい。さもなくば中国共産党は貴方を捕まえてこっそりと銃殺します!!

ワドルディの食文化大革命(わどるでぃ - しょくぶんかだいかくめい)は、プププランドにて発生した軍事クーデター、発展して社会主義革命である。ワドルディの乱、首謀者の名をとってワドルドゥの乱とも。クーデタにより、一時的にプププランドはデデデ王政からワドルディ族が支配する共和政となった。

背景[編集]

事の発端はプププランドの軍事防衛費の問題であった。元々軍事費の削減目標を掲げていたデデデ大王は、国防軍兵士の食費の膨大さに激怒。しかも、食事の質も国家元首である自身よりも上(大王自身の食事はカップ麺)であることから兵の食費の削減に着手し、最終的に兵士一人当たりの食費を1デデンにまで削減した。

言うまでも無くこの措置に軍部は大いに不満を抱き、国防軍最高指令ワドルドゥは兵の待遇改善を直訴するも大王はこれを拒否。これにより傾きかけていた国家財政は再建されたが、大王が軍部との間に残した確執はあまりにも致命的なものだった。

経過[編集]

革命時に使用された新国旗

事件は食費削減令実施から数日後に起こった。昼食の時間に兵士の一人が空腹のあまりに調理担当官・コックカワサキに対して食事の増量を要求し、コックカワサキが要求を拒否すると激怒した兵士の一団が暴行を加えたのである。この事件は急速に拡大し、暴動に発展。さらに軍部のクーデタにまで発展した。軍部はデデデ大王の権威を象徴するものすべてを破壊し、さらにデデデ大王・エスカルゴンを一時的に退位させるまでに至った。

さらに人民裁判所を設置し、ブルジョア階級の排除を決行。プププランド国内のブルジョア筆頭であった、大臣・パームとメーム夫人(フームの両親)を逮捕し強制連行(強制起訴)。コックカワサキと共に「人民の敵」「反革命分子」として人民裁判にかける。このことから近年ではこの革命を社会主義革命とする見方が増えてきている。

このとき国旗も変更された。

軍部の行動を鎮めるべく、デデデ大王は軍部を懐柔すべくホーリーナイトメア社からモウ・タクサンを購入し、食事を支給。そしてカービィが連れてきた天空の超古代生物によって、乱は完全に鎮圧された。

関連項目[編集]