ワシントン da capo

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ワシントン da capo(Washington da capo)とは、アメリカ合衆国首都である。

誕生[編集]

時は南北戦争の終わり当時北側のトップだったエイブラハム・リンカーンはワシントン全体を首都にする予定だった。しかし、ワシントンはほとんどの部分が戦争で焼けてしまい首都としては使えなくなってしまった。

そこで、リンカーンはワシントンで一部焼け焦げていなかった部分を首都とすることにした。それが後のワシントン da capoとなる。

名前の由来[編集]

リンカーンは南北戦争終了後、すぐにワシントンで焼け残った土地に、ワシントン da capoと名付けた。そう名付けられた理由には演奏記号 da capo のように、建国の父ジョージ・ワシントンのアメリカ独立への思いを、繰り返し伝えていくというリンカーンの強い意志がある。

ただ、一般にはダ・カーポの頭文字をとりワシントンD.C.と呼ばれている。そのため、このような深い意味があることをアメリカ国民はおろか、政治家すら知らない人がいるらしい。

現在[編集]

戦後ワシントンは復興していったが、政府のある部分(ホワイトハウス近く)は、その故事にならい、現在までずっとワシントン da capoとして政府の直轄地にしている。

ワシントンとリンカーンが残したアメリカへの思いは、首都の名を通じてかどうかは知らないが、当初リンカーンが考えた通り、ジョージ・ブッシュバラク・オバマの世代まで引き継がれている。それはアメリカ合衆国という国がある限り永遠に繰り返し引き継がれていくだろう。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ワシントン da capo」の項目を執筆しています。