ロマン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ロマン(ろまん、浪漫、ロマンス)とは、追い求めても決して叶わない永遠のの事である。

かのオスカー・ワイルドが、永遠の夢に関するエッセイ集人間革命」を上奏した際、本文がTimes Roman活字で印刷されたことに因んで命名された。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ロマン」の項目を執筆しています。

概要[編集]

他にも「ラテン語の事だろ」とか色々突っ込みは受けるかも知れないが、そんな細かい事を気にしていたら絶対に追い求める事なんて出来ない物、それがロマンである。

ロマンを追い求める為には「日本人ならお茶漬けだろ」という発言を受け入れる位の寛容さが必要とされる。

またロマンチック(浪漫病)とは、一種の精神病(クソ真面目が売りな百科事典による「チック」の解説)である為、完治するまでに時間が掛かったり、一生治らなかったりするのは仕方がないとされる。

まめちしき[編集]

  • 「浪漫」という字を創作したのは夏目漱石である。
  • ロマンスカーに乗ったからと言って、特別なロマンスが発生する訳では無い。
  • 風呂の中に入れると温まる。これを利用した入浴剤「バスロマン」については、潜望鏡の項目を参照のこと。
  • ケーキの上に乗っていることもある。

ロマン工学[編集]

ロマン工学(ろまんこうがく)とは、理性的な営みを要求する事である。おかしい事を、どこまで真剣におかしくやれるか、命と人生をかけて求める物語である。バカな事を一種懸命やれば誰でもロマンチストになれる。

食事[編集]

例えば、君は人生のすべてを一杯のお茶漬けのために捧げた者を、愚かだと嘲笑するだろう。しかし、ロマンとはそもそも、非合理なものであり理由を求めてはいけない。全財産を投げ打ち、家族は崩壊し、子供の命まで失い、権力との闘争、マフィアとの駆け引き、全てを失い、何もかもなくなった。残りの人生もあと僅かとなった時、終焉の塔の果てに辿り着いた。その先で差し出された一杯のお茶漬け。お茶漬けを前にして、求道者はすべてを悟るだろう。かの者を誰が嘲笑えるのか? もはやロマンの風は、周囲にいる物すべてを一体化させる。愚かであっても構わないとする無我の境地がロマンへの旅路である。しかしお茶漬けなんて永谷園で十分であるのだが、いまの君は永谷園に神秘を感ずるはずだ。

ロマンに関するさまざまな人間のコメント[編集]

  • 「誰か浪漫病、止めて浪漫病」
    ロマン について、ссв(ツェー・ツェー・ベー)
  • 「浪漫病あげるよ」
    ロマン について、龍珠の初期の頃のエンディング曲
  • 「ロマンティックな人間は、きつい体臭すらもロマンに満ちている」
    ロマン について、オスカー・ワイルド
  • 「自分を愛することは一生のロマンスの始まり」
    ロマン について、オスカー・ワイルド
  • 「トランク一つだけで浪漫飛行へ」
    ロマン について、米米(よねよね)クラブ
  • 「神様この人でしょうか」
    ロマン について、広瀬香美
  • 「そんな風に恋して彼とスキャンダル」
    ロマン について、広瀬香美
  • 「う~ん、ロマンですなぁ」
    ロマン について、Dr.ロマン「探検ロマン世界遺産」
  • 「ゲージ半分とボタン3つで出来るキャンセルに決まってんだろうが・・・」
    ロマン について、ソル・バッドガイ
  • 「ベ・・・ベタをバカにしないで!!バカにしないでっ!!」
    ロマン について、早乙女浪漫

関連項目[編集]

この項目「ロマン」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)