ロックマンゼクス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ロックマンゼクス」の項目を執筆しています。

ロックマンゼクスは、変態企業インティ・クリエイツが製作し、2006年に発売したアクションゲーム。ロックマンゼロシリーズの数百年後の世界を舞台としている。主人公が派遣社員としてブラック企業に酷使されるというダークな設定が波紋を呼んだ。

概要[編集]

これまでのロックマンシリーズでは、猫型ロボット「ドラえ〇ん」そのものが主人公であったが、ゼクスシリーズでは「異常な人」がロックマンに変身する形式を採っている。この設定には仮面ライダーの影響がある。開発元であるインティ・クリエイツのスタッフ達は変態であることで有名だが、特撮オタクでもあり、毎日特撮板に入り浸り、スタッフ一同に揃って毎週ヒーロータイムを視聴するほど特撮を信奉している。

そのスタッフの趣向が設定に反映されてしまったのである。スタッフ達がなかんずく気に入っているのは仮面ライダー龍騎のようで、続編であるロックマンゼクスアドベントでは、ロックマン同士が殺しあうゲームという、龍騎をそのまま模倣したような設定、ストーリーが展開された。そのため露骨なパクリではないかと批判が寄せられたが、だがちょっと待って欲しい、模倣にしたのはバトル・ロワイアルかもしれないし、同属同士が殺し合うというストーリーは、漫画やゲームにはよくあることであり、それどころか現実世界でも度々行われている。風の息遣いを感じていれば、パクリなどではなく、普遍的な設定であることが分かるはずである。

ゼロやエックス、四天王など、ゼロシリーズの中心人物として活躍したキャラクター達は、その魂をライブメタルという漬物石に封印され、主人公達がロックマンに変身する為の「おもちゃ」として利用されている。彼らを「漬物石」の中に封じ込めたのはゼロシリーズのヒロインにして恐るべきマッドサイエンティストであるシエル様であることが示唆されている。ゼロシリーズの頃から狂暴さの片鱗を見せていたシエル様だが、ゼクスシリーズにおいて「ライブメタルを作った」という設定が加わった事で、益々その狂暴さに拍車がかかった。

主人公について[編集]

プレイヤーは男主人公のヴァンと女主人公のエール、どちらかを選択することが出来る。主人公の男女選択システムを採用した理由は、女性の人権を主張する団体からインティに圧力が掛けられたからだとも、大人気ゲームであるポケットモンスターを模倣したからだとも言われているが、定かではない。

ヴァンとエールは、性別が違うだけで、大まかな人物造形については概ね同じ、中の人も同じ小林沙苗である。

世界観、シリーズ、タイトルと刷新されたが、実質的にはゼロシリーズの続編に辺り、ゼロシリーズのストーリーや、登場したキャラ達が、ストーリー上でしばしば言及される。また、ゼロシリーズから引き続けて登場する人物もいるが、ゼロシリーズ最終作である「ゼロ4」から数百年後という設定になっている為、変わり果てた姿になったり妙齢の女性になっていることが多い。

人間とレプリロイドについて[編集]

ゼクスの前史とも言えるロックマンX、ロックマンゼロシリーズは、人間と、意思と感情を持ち、人間に限りなく近い機会生命体であるレプリロイドとの抗争や共存への模索をストーリー、世界観の主軸に据えており、人間とレプリロイドが峻別されていたが、本作では人間とレプリロイドの境界線が曖昧になっている。人間は寿命の延長や病気、怪我への対策として身体に機械手術を施す法案が制定され、一方でレプリロイドには人間のように寿命が設定され、人間とレプリロイドの垣根が希薄化しつつある。

この設定はロックマンXから更に数千年後の世界を描いたロックマンDASHシリーズを彷彿とさせる。インティ・クリエイツは、XとDASHの間の「黒歴史」を埋める為にゼクスシリーズ作成に着手したのだろう。ところが、厨房や、カプコン本社の一部スタッフ達は、「勝手なことすんな」「オナニーしたいならエグゼ&流星シリーズみたいに独自の世界観立ち上げてやれ」「ZXなんてケツ拭く紙にもならねえもん作ってないで早くゼロ5出せ」と、インティを罵倒した。厨房にはつける薬がないからどうしようもないとして、カプコン本社のスタッフについては、自分達がXシリーズやDASHシリーズを完結させないことを棚に上げて、よくそんな批判ができたものである。

世界設定[編集]

セルパン・カンパニーと言う大企業が、政治、交通、福祉、治安など、国家運営に関わる全ての職を掌握しているというとんでもない国が舞台となっている。このセルパン・カンパニーという会社、一見優良企業だが、実は数万規模の社畜を飼い慣らすブラック企業で、民衆の心を掌握する為に、イレギュラーと呼ばれる暴徒やテロリストを操って騒擾を起こさせ、それを自社の警備隊に退治させて人気取りを行うという自作自演を恒常的に行っているとんでもない会社である。しかし、こうしたセルパン・カンパニーの「影の部分」が暴露されることはない。なぜかと言うと、真実を伝える(笑)報道もセルパン・カンパニーに掌握されているからである。この辺りの設定は、現実世界を彷彿とさせ、なんとも風刺に満ちている。

ストーリー[編集]

主人公のヴァン(エール)は、セルパン・カンパニーで派遣社員としてデリバリー(配達)担当に従事していた。労働は過酷であり、機械的な動きしか出来ない、無愛想でどいつもこいつも同じような顔つきの正社員共の格下に置かれて酷使されていた。主人公はセルパン・カンパニーに不満を抱きながらも、派遣社員の先輩であるジルウェと共に、切磋琢磨して配達を行っていた。

ところが、とある配達の仕事の際、セルパン・カンパニーの「闇の部分」を知ってしまったが為に、ジルウェと共に友愛の対象にされてしまう。刺客として派遣されてきたのは正社員として羽振りを利かせているプロメテとパンドラ。彼らによって襲われた主人公とジルウェは致命傷を負い、ジルウェは主人公を生かす為に死んでしまう。

九死に一生を得た主人公だが、セルパン・カンパニーから追われる立場となってしまう。そんな主人公を助けてくれたのが、「報われない人々の味方」を自称する反政府宗教組織団体「ガーディアン」と呼ばれる胡散臭い連中である。ガーディアンの人々の温かい援助に感化された主人公は「アカルイミライヲー」を標語に、セルパン・カンパニーと戦う決意を固めるのであった。

総括[編集]

結局のところ、搾取、酷使するのがセルパン・カンパニーからガーディアンズに変わっただけで、主人公はエンディングまでずっと派遣社員として酷使されている。しかもガーディアンズの元では洗脳されてしまっており、救いがない。続編のロックマンゼクスアドベントでは、成長した主人公の姿を拝む事が出来るが、相変わらず派遣社員として酷使されていて、プレイヤーの涙を誘った。

アクションゲームとしての出来[編集]

本作では、主人公が様々な「ロックマン」に変身できる為、攻撃や動作の幅が広がっている。だが裏を返せばかえってややこしいということにもなる。加えて特定の変身形態でしか通過できないエリアや特定の武器でしか入手できないアイテムもあり、難解さに拍車をかけている。

その上、ゼロシリーズでは往々に仕掛けはあれど基本的には一本道であったステージが迷路のように交錯しており、バスターショットとヒッフッハのみでクリアしてきたアナクロ達にはついていけない領域と化している。

登場人物[編集]

エール
本作の主人公。魔法少女リリカルエールとしてアニメ化されている、ゲーム中で。フリューより発売されたラストバレットの主人公である響花梨と仲が良く、「私、絶対に誰も傷つけない。」というエックスと同じく好戦的でない一面がある。
よくエイフッニャーや土偶をする。 間違ってもヒッフッハはしない
ライブメタル・モデルXの適合者で、ロックマン・モデルXにロックオン(変身)することができ、さらに他のライブメタルを使用して、ダブルロックオン(合体変身)もできる
口で言っても分からない子は容赦なく真っ二つにしたり風穴を開けたりする
もう一人主人公がいた?なんのことか分からないな。それに対するある人物のコメント「ムセテンナヨ!!俺も主人公ダ!ヴァガッデンノガヨ!!!!!!!」
汁ウェ
エールの先輩。めがね美少年。
もちろんエールに惚れられている……ってこともない。噛ませいぬ。
漬物石(ライブメタル)
意思を持った石。基本はエールの変身ストーン
漬物石(製造法)
製造方法は不明だが、ある筋から入手した極秘情報によると
新鮮なレプリロイドを生きたまま検閲により削除して禁則事項ですしたのち、
腹黒い禁則事項ですの手で超高温で生きたまま検閲により削除検閲により削除すると出来るらしい。
なお、この情報は不確定なので信じないでおこう。
モデルV
集めると願いが叶ったり、ロックマンの王になれる素敵な漬物石。
なんか加齢臭がする。
自己進化、自己再生、自己増殖の三大理論を備えるが
某デビルガンダム細胞とはいかなる関係もありません。
セルパンマン
野望と恐怖だけがトモダチのタイツマン。
モデルVと融合した姿はどうみてもデビルガンダムです。
負けるとかんしゃくを起こして自分のビルを崩壊させる困ったチャン。
パンドラ
影のヒロイン 年齢不詳
氷属性と雷属性を使い分ける魔女
無類の犬スキーである
プロメテ
パンドラの兄。
ムノウ、テツクズ、ゼンマイジカケと駄目要素が揃ったバカ
あの男
正体はアルバート・土下座・賄リーである
アルエッたんプレリー
ガーディアンの司令官。
人外ロリ。
初代司令官
正体はロックマンゼロのコレと思われる
ジョン
名前有りのモブキャラ、時々背景に居る
ヴァン
オイヨイヨ!アヤグ!ムセテンナヨ!ウェミダー!危ネー!

ロックマン[編集]

エールがライブメタルで変身した状態のこと

モデルX
同名の漬物石でエールがロックオンしたロックマン
武器はチャージ可能なXバスター 
壁蹴りやダッシュなど、ロックマンに必要な基本的な能力が使える
ダブルチャージバスター
大きなエネルギー弾をニ連続で放つ。 
ぶっちゃ毛るとこの技のだけで十分だったりするというか最強
波動拳
正面にエネルギー弾を放つ。相手はティウンティウンする
昇竜拳
アッパーカット。アジフライ殲滅用奥義(アジールフライヤーのことかぁぁぁ!!
モデルZX
モデルZとダブルロックオンしたロックマン
武器はZXバスターとZXセイバー
エールおきにいりの形体
エイフッニャー
エール必殺三段切り。真っ二つどころか三枚卸にできる
土偶
エール蝶必殺チャージセイバー。コイツゥに聞こえるのは仕様です。
チャージバスター
別に必殺では無い特大エネルギー弾。 敵に風穴を開けることができる
モデルHX
バッタ。モデルHと…言わなくてもわかるでしょ?
武器はダブルセイバー
ヒュンパ切り
ヒュンパおにいさん直伝の三段切り
プラズマサイクロン
目の前に竜巻を出す。 エアーマンの竜巻なんて目じゃない…たぶん
モデルLX
水中戦専用…ではない モデルLと(ry
武器はハルバート っていうより薙刀って言ったほうが正しい気もする
氷竜
ゆっくりと追尾する氷製の竜 正直切りに行った方が早いような気もする
モデルFX
モデルFと(略  もうめんどくさい
武器はナックルバスター
バスターエディット
自分でバスターの軌道をいじくれる。 それはもういろいろと
メガトンクラッシュ
おとなもこどももおねーさんも吹き飛ばせるパンチ。
グラウンドブレイク
まずはグランドブレイクなのかどうかはっきりしようか
モデルPX
モデルP(ry 忍者。
武器はクナイと手裏剣 忍者刀?なにそれおいしいの?
シャドウダッシュ
めんどくさい敵をスルーできる便利なダッシュ
モデルOX
ワレハ飯屋ナリ!ハーハッハ!
武器はバスターショットとZセイバーもどき
  • ダブルチャージウェーブ ヒロシ!ヒロシ!オワリダ!
  • 滅閃光  ホロビヨ!
  • 龍炎刃 ザンッ!
  • 裂光覇 キエサレ!
  • ヒッフッハ エイサットウ

用語[編集]

  • エイフッニャー  三段切りのときの掛け声。それ以上でも以下でもない
  • 土偶   チャージセイバーのときの掛け声 断じてコイツゥではない
  • あの男   土下座マン。
  • ガーディアン  反政宗教組織団体 オウム真…めんどくさいから後は自分で調べれば?


うぐぐぐ、この「ロックマンゼクス」はこれで充分ではない何度でも、な・ん・ど・で・も、書き加えてやる…あなたの奴め… (Portal:スタブ)