レミング

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「レミング」の項目を執筆しています。

レミング(英:Lemming)とは、ネズミのキャラクターを有しているはずのウォルト・ディズニー・カンパニー妄想捏造でそれを描写したおかげで、「集団自殺を行う愚かな生物」というレッテルを貼られてしまったネズミの一種である。

日本では旅鼠(たびねずみ)といい、その名の通り移動を繰り返していることで知られている。

妄想と現実[編集]

レミングは個体数が増えすぎると、種を守るためにいっせいに川に飛び込んで自殺すると考えられていた。

しかしこれは、自社のキャラクターを守るため、類似したネズミであるレミングの地位を落とさなければと考えたディズニーが、映画によって「自殺を行う愚かな生物」とレッテル張りをしたために、それまで都市伝説としてヨーロッパの一部で唱えられていた話が、全世界の人々に定着してしまったものである。現実にはそんな事実は存在しないのである。

よく考えれば分かるが、もしレミングが自殺を行うと仮定して、その集団の中に個体数が増えても自殺しないものが発生したとすれば、そちらのほうが適応度(繁殖率)が高く、子孫を多く残せることになる。結果、自殺しないレミングの比率が代を経るにつれて高まっていき、最終的には自殺などしないレミングだけが残ることになる。

集団の適応度よりも個々の適応度のほうが優先されるのは、昨今の生物学では常識となったことであり、この集団自殺の話を信じている人は、生物に関する古い時代の知識に縛られたままになっているに過ぎない。

実際の所は、集団移動中に進路を誤ったレミングの一部が、押し出される形や慣性で海に落ちただけだといわれている。

ちなみに自ら海に飛び込む者も確かにいるらしいがマンガ版だと鼻が大変な事になってる小栗旬が「死ぬのではなく、生きるために海を渡り新天地を探す」と親切に説明してくれている。この発言のせいでディズニーを敵に回した小栗は浮気をバラされ河童に改造されたりしたらしいがどうでもいい

ディズニーの犯罪[編集]

集団自殺の妄想を広げるべく、今では擬人化した画像もすりこみに用いられている

「レミングが集団自殺する」と広く世間で信じられるようになったのは、上記の通りディズニーが1958年に「白い荒野」という映画を作成する時、レミングが海中に飛び込む場面を描写したからである。

彼らは「レミングが集団自殺する」という妄想を視聴者に信じさせるべく、レミングを大量に演出のため海中に投げ込むというヤラセかつ動物虐待行為を行っており、ディズニーの悪行為の中でも極めて罪は重い。

現在なら動物愛護団体の会長が卒倒したと思われる。

食品としての利用[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「シュールストレミング」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「レミングス」の項目を執筆しています。

一部の国や地域では、レミングを食用にしている。発酵食品としてレミングの缶詰がスウェーデンで販売されており、世界一香りの強い缶詰として有名である。

また硝酸発酵のため、しばしば爆発性のある高圧ガスが生成されており、密閉空間で開けるのは極めて危険な食品である。そのため2006年4月ごろから多くの航空会社が航空輸送の引き受けを断るようになり、産地以外での入手は困難になっている。

日本では危険物取扱免許乙五種もしくは甲種の資格が必要となるが、伊豆大島などでは、かやくごはんには欠かせない爆発物として食卓にあがることも少なくない。また危険物ゆえ一部施設内での開封が禁止されていることがある。

2007年9月、無資格でこの缶詰を所持・貯蔵し、あろうことか西武新宿線の車内で開けようとした41歳の男が爆発物取締罰則違反で逮捕された。爆発の危険があるため本来は静電気対策のなされた安全な缶切りを用いて水中で開缶することが必要であり、もし実際にエクストリーム・通勤に用いられたら大惨事になっていたと考えられる。

この爆発缶詰はシュールストレミング(もしくは略称であるレミングス)と呼ばれ、テレビCMで秒読みのあと缶が自爆するシーンが流されたことから、レミングの集団自殺説が広まる一因ともなった。

のちにこの缶詰の逸話はビデオゲーム化され、AmigaAtariSTX68000TOWNSなどといったマニアックなPCのユーザーの間で大人気となったが、その後は他の退屈なPCにも移植された。

なお、レミングスは鼠を常食とする肉食獣爆殺駆除する目的でも使用される。但し、駆除した相手が実は妖怪だったりすると後々祟られるかも知れないので、注意が必要である。


関連項目[編集]

ヘムレン - 外見が擬人化したレミングと酷似している


この項目「レミング」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)