レッド・アイ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「レッド・アイ」の項目を執筆しています。

レッド・アイ(Red Eye、赤目酒)とは、いわゆる血(ぢ)ビールである。

概要[編集]

爽やかな朝を演出。
飲みすぎて眼が赤い。そして焦点も合っていない
「ほれ、バーテンダーの朝食だ」
レッド・アイ について、バーテンダー

中国の古い伝承に「人の肉を食べ続けると眼が赤くなる」というものがあり、杯に注がれた酒が赤い眼のようであるとする説、人間のに酵母を加えて醸造した酒であるとする説、あるいはその酒を飲み続けた人の眼が赤くなるためとする説、もしくはそれらの諸説すべてであるとする説が存在しているが、正直どうでもいい。何はなくとも二日酔いの朝にガツンと活力を与えてくれるワイルドな流動食、それがレッド・アイである。

レシピ[編集]

本来であれば血を醸造したビールと新鮮な血を1対1で割るのが伝統なのだが、人肉食を禁じられている国や地域で作る場合は、仕方なくホップで醸造したビールとトマトジュースで代用するのが基本である。この場合、蛋白質の味わいとして生卵[1]を加えるのは鉄則であり、ご時勢柄ビールとトマトジュースによる代用は百歩譲って認めざるを得なくても、生卵を入れずしてレッド・アイを名乗ることは断じて認められない、とあるバーテンは主張している。また、トッピングにタバスコ胡椒オイスターソース生姜汁、中にはドレッシングマヨネーズオリーブオイルを加える猛者もいるが、ここまで来るとまさに飲むサラダである。そして付け合せにレモンの薄切りとセロリを一本丸ごと添え、セロリはカクテルのステア(攪拌)に使ったらそのままバリバリと豪快に食べるのが最高[不要出典]である。

愛飲者[編集]

著名なところではみのもんた(コメディアン)や華原朋美チバユウスケ(音楽家)に吉行淳之介(作家)らが愛飲している(いた)と言われているが、彼らの目の色をよく見ると、うっすら赤く色づいているのがわかる筈である。彼らが飲んでいる(いた)のは、きっと伝統的なレッド・アイである。その証拠にほら、彼らの言動はいつもどこかちょっとおkうわなにをするやめr……

この節を書いた人は当局により粛清されました

脚注[編集]

  1. ^ その時、卵の中身が孵化しかけていても、縁起物なのでそのまま入れて、豪快にステアする。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「Category:ビールベースのカクテル」の項目を執筆しています。