レタス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
レタス
Lettuce iceberg variety.jpg
レタス
分類
: 植物界
: 被子植物門
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
: アキノノゲシ属 Lactuca
: L. sativa
学名
Lactuca sativa
和名
チシャ(非結球)、タマチシャ(結球)
英名
Lettuce

レタスとは、キク科アキノノゲシ属の一年草または二年草。強力な催眠効果があり、野菜としてのみならずとして民間で多く利用されている。

利用[編集]

レタスを積極的に摂取している少年の健康体。

主に生食として利用されるが地域によってはソテーにする事もある。日本では特に、その手軽さとボリュームからあちこちのファーストフードに入っており、気づくと食べていることが多い。

実はこれだけ広く食用に使われているのにはわけがあり、レタスの持つ安眠効果(後述)に目をつけ「全国民に安息を」と配慮した政府により定められた範囲内の量を盛り込んでいるためである。レタス万歳。

催眠効果の発見[編集]

1948年、戦後の帰還兵たちがフラッシュバックに悩まされているを憂いた医師ドクターキリコ(覚醒前)が彼らに安眠を与えるにはどうすればいいのかと悩み研究を開始。しかし研究過程で徐々にキリコは「彼らを安楽死させるにはどうすればいいのか」という方向に研究目的が移行してしまったため、その後の実証研究が閉ざされた状態となっていた。また戦後より3年しか経過していない日本においては、十分な研究設備も発表の機会もなかったとする専門家の見解がある。

一方で、この状況に業を煮やしたのが、当時フランスストラスブール大学助教授だったモノウ・ルッテレ・ベルジャネーゾだった。彼は自身の健康問題に悩まされており、それはまさに「安眠てレベルじゃねーぞ!」という状態であったからである[1]1949年、彼はキリコの部下を引き取ると研究初頭に残された成果を見ながら、研究を再開した。しかし、その後の研究においては、比較実験における優位性や検証可能が十分な結果が思うように得られず(ベルジャネーゾ的に)いちいちキレていたため、思うように研究成果が上がらなかった。

しかし、そんなある日、助教授の故郷より送られてきた「仕送りってレベルじゃねーぞ!」という表現がよく似合う、大量のレタスの存在が研究を思わぬ方向に結び付けることとなる。そのレタスを多方面におすそわけした結果、「おかげで安眠できました」「妻が寝たまま起きない」「おかげさまで……ぐふふ」と感謝感激の声が研究室に大量に寄せられた。このことから、モノウ・ルッテレ・ベルジャネーゾ氏はレタスにおける睡眠成分の存在を仮定のうちに含めることとなった。

これを契機とし、研究チームが研究を重ねた結果、睡眠導入を促す物質ラクッコピコリンを発見することに成功した。数あるレタスの中でもサラダレタスにこの物質は多く含まれていることがわかった一方、調理方法や鮮度に影響されやすく、そのためラクッコピコリンの催眠効果は非常にムラが大きくなりやすいことが判明した。しかしながらそれらの点に配慮すれば人体的影響や依存性はまったくないことが判明し、一時期はDHMOに匹敵する安全サプリとして騒がれた。

ちなみに研究成果発表後のモノウ・ルッテレ・ベルジャネーゾの消息は、いつもどおりつかめていない。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ラクッコピコリン」の項目を執筆しています。

催眠効果の再発見[編集]

例の再報道

現代科学におけるレタスに含まれる物質の催眠効果は、その後目立って取り上げられることなく忘れられたものとなっていた。

しかしながら、1998年フジテレビ系列における健康報道番組発掘!あるある大事典IIによって、レタスに含まれる催眠効果のある物質ラクッコピコリンの存在が報道された。この報道がきっかけとなり、スーパーから軒並みレタスが消えている状態である。

さらに番組では非常に厳密な監視のもと高度な実験を行った結果、ジュース状にした状態が最も催眠効果があると発表、0.03cc程度でマウスが眠ったという結果が報告された(あるある大事典が言っているんだから間違いない)。

レタスの社会的問題[編集]

このようにレタスにおいては睡眠導入物質ラクッコピコリンの存在が明らかとなった一方で、現代社会は様々な問題に直面している。

代表的なのが法整備の問題である。日本において睡眠薬などを購入するには薬事法に従う必要があり、これはあらゆる先進国においても同様の法律が存在する。しかしレタスを購入する際には何ら法的規制はないのが現状である。

また、どの先進国においてもサラダバーやサラダバイキングにおいてはレタスが含まれている。これは睡眠導入物質が含まれる食物を大量に摂取できる機会が存在しているともいえる。しかしレタスをいくら食した後に自動車を運転しても、何ら法的責任を問われることがない。通常であれば、飲酒運転を防止する際のような強い規制が必要なはずである。

また各国では軍事利用されていることも報道され、各国で話題になっている。

脚注[編集]

  1. ^ 第二次世界大戦後のフランスにおいては第四共和制が始まったばかりであり、国内復興と共にド・ゴールらの存在もあったため非常に不安定であり、フランス国民の社会的ストレスにおける不眠問題は社会的側面において一般的な課題でもあった

関連項目[編集]