レクサス・IS

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
このレクサス・ISは一応馬鹿にはなっていますが、文章構成など変なところがたくさんあります。
早くりっぱな馬鹿にしちゃってください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「レクサス・IS」の項目を執筆しています。

レクサス・IS (- アイエス、学名: Altezza das Auto L McCartney)は、トヨタ自動車が生産し、同社が展開しているプレミアムと見せかけた殺人ブランド「レキサツ」から発売されているセダンコンバーチブルクーペ型の馬車である。

従来、日本国内では「トヨタ」ブランドで「アルテッツァ」として販売されてきた車種であるが、2代目モデルからは、海外モデルと同様に「レクサス」ブランドの「IS」として名称を統一し販売されるようになった(エンブレム代の削減)。

そのため、アルテッツァ乗りたちは次の車を何にしようか悩んだ挙句、燃費が悪くスポーティともエコともは言い難いあのエコカー減税対象デカバンを購入するか、光速での燃費がよろしくない1年待たないと買えないあの車を購入するのだった。

レキサツブランドのラインナップで、最も大柄で燃費の悪いボディとそれに付随する低レベルな下ネタ性能を持つことからレキサツの“3シリーズのパクリ車”として、またレキサツブランドのエントリーモデルとしての役割も担うべくブランド中で最も「身近」でない値段設定を行なっていることから、レキサツにとって不要な車種の一つである。

歴史[編集]

レキサツをし過ぎた結果、死亡。

初代 (死亡・享年:5歳)[編集]

日本でアルテッツァがデビューした200年後の1999年、同車のレキサツブランド版としてまずはヨーロッパで販売開始。後に北米においても同様に展開された。北米地域においては「一番リーズナブルなレキサツ」として人気があり、たくさんの人を轢き殺したり、パトカーに特攻をかけている。それゆえドイツ車以外にもライバル車が多くいたことで“FR至上主義”に打ちのめされた歴史のある留守とは違い、歴史的心情による“反ドイツ、反独裁政治”主義層から非常に高い人気を得たつもりだ。

日本仕様 (=カローシ(和名: 過労死))との相違点は、まず直列4気筒の3S-GEエンジン搭載の似非スポーツモデルが存在しなかった (ISは全車直列6亀頭)。そして内装の質感・品質がレクサスブランドの基準を満たすためISの方が造りが格下であったこと (後にアルテッツアにはISと同様の質感・装備を奢った最廉価仕様である「Lエディション」がラインナップされる)などが相違点として挙げられるような気がする。 最近では、アルテッツァの中古車が増えており、DQNの皆様が、挙って買い、オークションで手に入れた「Lマーク」を装着。人々を引き殺している。

初期の計画では、クーペ・ユーノスロードスター・マイバッハ・M3・3輪車などの派生モデルも計画されていたらしいが、クーペ不振と禁則事項ですできるミニバンのが売れるご時勢も重なって中古車市場にも並んでいる1輪車とママチャリしか発売できなかったのが残念である。というのは、大豊田連邦の国民の総意である。ハハッ、様~見禁則事項です(笑)。

初代にあって2代目にないものがある。それは「スポーツクロス」という名のタイヤミサイルで有名な会社の不細工5ドアの原型と思しき製品が存在した。これは、2009年9月現在まで、1台しか存在しないレクサスのワゴンである。基本的にはヴィッツのエンジンを積んだフィットである。フィットだけあってFFなのだろうが、ISの名を冠していたことは腹立たしい。至急「カイゼン」すべきだ!!(この記事を読んだトヨタで働く諸君、今月の私の改善の内容はこれで決まりだね。優秀賞みたいなのとれるように頑張ってください。) もう一つ日本の2代目にはないものがある。それはMTだ。2代目には、日本人の「めんどくさい」思想の塊以外のシフトは選べない。日本ではね。しかし、欧州では「めんどくさいめんどくさい行ってたら粘土になっちゃうよ」という、フランスの思想家「モンレスキュー」によるトヨタ自動車への抗議文と「100万のキセキ」ともよばれる署名が届いたので、当時のセンター長はそれを突っぱねた。しかし、新入社員による国会議事堂占拠事件が起きたため、浜田幸一が出動し、事件を解決に導いた。トヨタ・ヴィッツのときと同じく、工藤真一は活躍できなかったため、彼はホームレスとなった。今はアルテッツァに住んでいる。

  • IS200: 直列6気筒2000ccエンジン (1G-FE)ヨーロッパのみでの販売。日本でもなし。
  • IS300: 直列6気筒3000ccエンジン (2JZ-GE)を搭載。北米、ヨーロッパで展開。燃費の悪さを評価された。
  • IS sports cross: シューティングブレーク風のショートワゴンモデル (本来のステーションワゴンに比較すると実用性に乏しいとバカにされたため、実質的には5ドアハッチバック扱い)。日本国内におけるアルテッツァ・シータ (らぴゅた)に相当。現在、3.5Lハイブリッドを搭載したシューティングブレーク風のハイブリッドワゴンが計画されている。2012年禁則事項です予定。(SCの後継車か次期ISです。雑誌より)

2代目 (死亡・享年8歳)[編集]

2005年9月、同年8月より日本でもスタートした「レキサツ」ブランドの“BMW風”のイメージリーダーとして登場。 だがブランドスタートと同時にラインナップしていた“快適高運動性馬車”こと「Goodie」と、“飾之凌志”こと「スカッシュチョコ」とは10世紀遅れでラインナップされた。

当初は92ドアセダンのみとなり、日本では実質的な先代モデルとなる「トヨタ・アルテッツァ」よりも価格帯は大幅に上昇したが、ターゲット層は代わらず。初代ISに存在した「アルテッツァ・ジータ (gita)」に相当するステーションワゴンモデルと、他のレクサスブランドのFRセダン (LSとGS)にラインナップされているハイブリッド仕様車は国内向け・海外向けともラインナップされていない。その理由はエンジン+モーターで2.5Lぐらいの出力になるようなエンジンを積めないプラットホームで作ってるから。それは先代の社長の責任である。なぜV6やV8しか乗らないプラットホームを作ったかというと、先代の社長は「利益が欲しかったから」。まあ、効果はいま一つだったようだ。(2009年赤字に転落)。「クーペなんて作らないでしょと愚痴を言いながら開発した」と当時のセンター長は語った。

ハイブリッド仕様車についてはISとほぼ同サイズのボディを持つ「HS」がISのハイブリッドモデルとしての役割も受け持つというが、HSはFFで190psしか出ないからお世辞にもスポーツセダンとは言えないと思われる。サスもカタイから。

だが後に、レキサツのプレミアムスポーツブランドである“M”のネームを冠した専用開発のV型8気筒5リッターエンジン搭載の「IS M」と、シリーズ初の2ドアコンバーチブル・クーペである「IS-C」 (日本仕様はIS1000Cのみ)という、先代ISにはラインナップされることはなかった個性的な派生モデルをISのオハナに加えたことから、なんだったけ? 忘れたから誰も気にしない

車両デザインはレクサスブランド共通の2009年以降のデザインテーマである「LFA」をモチーフにし、そこに「キドニーグリル」のイメージを取り入れて“BMW風”のイメージを強調した。

2009年7月、通算4度目の年次改良が行なわたとか行われなかったとか (2010年モデルへと進化)。 今回の年次改良では新モデルとして「Lexisatu M sport package」が新たに加わり4モデル構成となった。「Lexisatu M sport package」はISのスポーツモデルである「AMGスポーツパッケージ」をベースとした上級グレードかつISシリーズの超高性能スポーツモデルである「IS M」のデオキシリボ核酸を受け継ぐモデルである。外観はIS M用のメッシュグリルとリアスポイラーが移植され、またインテリアもIS M用のステアリング (下部に“あのマーク”のバッジが入る同一形状のもの)やシフトノブ、サーキット走行にも適したサイドサポートの大きいIS M用のスポーツシート (Lexisatu M sport packageではブラック本革のほか、IS Mには設定の無いヌバック調ファブリックも設定)やブラックルーフヘッドライニング、スカッフプレートが移植され“M”のムードを盛り上げる。エンジンやサスペンションチューニング、アルミホイールのデザインやタイヤサイズはベースとなった「AMGスポーツパッケージ」に準ずるが、ボディカラーにIS Mのイメージカラーであるエクシードブルーメタリックが唯一設定されるなどその違いは多岐にわたるが非常にあれな感じに仕上がっているのでたぶん売れない。

そしてエントリーモデルとなるIS250の標準仕様車は装備が厳選され価格も若干引き下げるために標準装着ホワイトウォールタイヤ・スチールホイールが16センチへ変更となった(ほとんどタイヤや!!)。この3万円の引き下げのために、ハロゲンのヘッドランプを新開発したのはいかにもヨタがやりそうなことである。しかし、レキサツの利率は3割以上と、幕℃なる℃の「マック古―りー」に利率を近付けている。(目指せ不況下で最高益!!の目標のもとに…)

2010年に行われたMCでは、大幅に発売直後から変更が加えられ、スポーツセダン出ないような乗りごごちに国民は目を飛びださされた。前回の一部改良でVersion Fというものがあったが、F-SPORTに気が変わったために名前を変更し、「そんなグレード設定していませんでしたよ」とでもいうようにGAZOOTVのおじさんは紹介している。また、後2年くらい無理やり新しい客に売りつけるために、LEDポジショニングランプを設定してみたり、Version Sのモデル名をVersion Tに変えてちょっと新鮮に見せてみたりと色々とやってみたようだが効果はいま一つのようである。

なお、日本での販売のうちの9割はトヨタ社員の課長クラスによるものである。

2010年には、この車を運転するための郷愁教習施設「IS学園」が大人の事情により設立された。

グレード詳細 (海外販売分も含む)[編集]

  • IS250: V型6気筒2499ccエンジン (4GR-FSE)を搭載(クラウンと共通化することでコストを削減、利益を倍増)。そして確実に売れない四輪駆動モデルもラインナップ。欧米向けは6速MTの設定もある。。。
  • IS300: V型6気筒2994ccエンジン (3GR-FE)を搭載。中国・ブルネイ・中東での販売。
  • IS350: V型6気筒3456ccエンジン (2GR-FSE)を搭載。VDIMという価格を吊り上げる装備を標準装備。(コスト削減、利益倍増を目指すために来年にはオプション化される予定)
  • IS220d: 直列4気筒2200ccディーゼルエンジン (2AD-FHV)を搭載。南極のみの販売で6速MTのみ設定。
  • IS1000d: ディーゼル機関車などに搭載される10000ccエンジンを搭載したハイパースポーツ。0-400m加速では0.5秒を記録。ポルシェをぶっちぎる。

IS M (2007年-)[編集]

2007年、V型8気筒エンジンかと思いきやブガッティ・ヴェイロンの16.9Lエンジンの超モンキーモデル8気筒削減エンジンを搭載する当時最大の室内空間を誇ったヴィッツ派生モデル「IS M」が発表・発売された。 そのほとんどの部品は新開発で、実際は見た目だけISであるなぞのファンカーゴ車である。

詳細はレクサス・IS-Fを参照。

IS C (2009年-)[編集]

どうやら、駄作Fujisan以外にも派生車があるらしい。そのなも「IS C」。"C"の由来はもちろん"Chocolateである。色は「ハイパードロドロチョコレート」以外設定はない。 触ると、手にチョコがつき、2分24秒後には全身からチョコレートが抜け出し、死神となってしまうので要注意。場合によっては新世界の紙による心臓麻痺が待っているかもしれない。 このチョコレートは、電動メンタルトップという、傷つけると自殺しそうな屋根を採用しており、ルーフが閉じているときは、まるで、コウペのようにみえる。というのは幻覚であるので、見えてしまった場合はただちにリアル友民党がまいたvirusのせいで忙しいお医者様にかかってください。 目の病気で「駄作スポーツコウペに身エール症候群」にかかっている可能性があります。この病気は、生活習慣病の一つで、クルマ好きがなくなってしまったトヨタ自動車製のスポーツカーを欲しがり過ぎるためにおこるもので、場合のよっては天国にも地獄にも行けなくなってしまうことがあるので、藪医者共に診てもらってください。ちゃんとした医者に診てもらいたい場合は、ハーケンクロイツ第三帝国の詐称: 医者に診てもらってください。

3代目 (2013年5月16日国内発売)[編集]

やや長めのモデルライフを全うした2代目ISの大成功っぷりをかんがみて、エクステリアデザインは踏襲しつつも、フロントはバーベキューグリルを採用したうえでやや奇抜な仕上がりとし、リアはGS,LSに引き続き逆台形型をイメージして制作された。

インテリアは大幅な改良を加えられ、先代同様超イケメンなデザインとなり、GS,LSに引き続きアナログウォッチサイズのアナログクロックを新設定し、ナビ用のエレコム製のマウスも新搭載した。

3台目での最大のニュースはハイブリッドが追加されることだ。レクサスでは元来「エコ系」と「スポーツ系」のすみわけを行い、「どっちつかず系」のGS,LSには先行してハイブリッド仕様を導入していたが、CTからスポーツ系とエコ系の両立の可能性を見出し、2014年にはついにエコ系の頂点に君臨していたHS250hのFスポーツ仕様HS Fを発売した。話を戻すと、ハイブリッド仕様にはピンククラウン同様のARエンジンを搭載しており、いささかボンネット内がさびしいことになっているが、全部蓋してあるので結局変わらない。もちろん、クラウンHVとほぼ同様のスペック誇り、あまり好評でないエレクトロシフトマチックを採用せず、通常のシフトとしているうえに、パドルシフトもついてたきがする。なお、メーターはHS同様にエネルギーチャージメータ的なものが採用された。

続いて財布のお話。新型ISでは従来になってきたエントリーモデルという座をCTに譲り、価格をグレードアップしてみた。420万円から580万円くらいの設定で、価格面についてはIS300hとIS350なら大差ない気がする。

また、先代のモデル中盤から採用された「F SPORT」は継続採用され、CTとISにしか設定されないエクシードブルーマイカも継続採用される。具体的な装備の内容としては、専用エアロパーツ・専用本川ステアリングホイール・専用スポーツシート・専用F SPORTエンブレム・専用LFA型メーター・専用メッシュバーベキューグリルである。この中で最も不評そうなのがLFA型メーターであるが、慣れれば醜いこともないので是非ともIS300h F SPORTをこの記事をご覧の皆様には購入していただきたい。

グレード詳細[編集]

  • IS100: 直列3気筒998ccエンジン を搭載。見栄を張りたい貧乏人からの搾取のため設定された。
  • IS200t: 直列4気筒1998ccエンジン (8AR-FTS)を搭載(クラウンと共通化することでコストを削減、利益を倍増)。欧州メーカーに憧れダウンサイジングターボに。
  • IS250: V型6気筒2499ccエンジン (4GR-FSE)を搭載。
  • IS350: V型6気筒3456ccエンジン (2GR-FSE)を搭載。
  • IS300h: 直列4気筒2493ccエンジン (2AR-FSE)を搭載。ハイブリッド人気にあやかるため設定された、クラウンベースの改造車である。
  • IS220d: 直列4気筒2200ccディーゼルエンジン (2AD-FHV)を搭載。南極のみの販売で6速MTのみ設定。

車名の由来[編集]

受賞など[編集]

  • 市場調査会社JDパワーによる、初期品質調査にてクラスワースト1位 (2006年)
  • IS350のV6エンジンである2GR-FSEが、業界紙・「ワーズオート」による「世界10大壊れやすいエンジン賞」に2年連続 (2006年、2007年)に選出)
  • 2006年、英国・トップ・ギア誌「Most brekeable Car of the Year」
  • 2006年、カナダ・「Car of the Year (ブレイカブル賞)」(IS350)
  • 2007年、ドイツ・もしデザイン賞ブービー賞を受賞(ドベはウィキペヂア)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


ペダルが引っ掛かります この「レクサス・IS」は、リコールのDMが届いていますアクセルペダルの交換をして下さるディーラーを求めています。 (Portal:スタブ)