レクサス・GS

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
このレクサス・GSは一応馬鹿にはなっていますが、文章構成など変なところがたくさんあります。
早くりっぱな馬鹿にしちゃってください。


Aso03.jpg
埋蔵金のゆうむに
関しては…
日本人は漢字を間違える
この項目は漢字ミスがあることが確認されていますが、誰も気にしないことになっています。
みんなは漢字間違えちゃだめだよ!!
ただしどじょうが政権をとったために漢字ミスが25%削減されるのでご安心を。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「レクサス・GS」の項目を執筆しています。
「グ~」
レクサス・GS について、エドはるみ
「グ~、キュルキュル」
レクサス・GS について、私の中の腹時計

レクサス・GSとは、レクサスで販売される上級セダンの一つである。

概要[編集]

初代(1993年 - 1997年)[編集]

1991年から製造が始まったアリスとのレクサス版として中国メーカーが製造を開始した。(要するにコピー車)
3Lなのに、当時の2Lより貧弱で悲しいエンジンを積んでいたものの、偉大なる将軍様の国で言う「犬野郎ども」は食いついたという伝説が残っているが、悲しいがこれも都市伝説である。
パクリ元のアリストにはターボがあったとかなかったとか。
また、豆知識だが、この初代レクサス・グッドグッドセダンがけざわひがしが建てた国におけるジャイアニズムを確立させたという、ケザワヒ・ガシーヌによる研究書も見つかっているが、何百ページにも及ぶ上、「今日の献立千種」という題名から想像されるように、Auを作ろうと努力して死んでいった仲間たちが暗号化しており、「解読ミスと考えるのが妥当」という噂が流れている。
ちなみに、その手書きの研究書を書き残した人物は肌の白い目の怖い人たちによって殺され、研究書を所蔵していたセントラル図書館第1分館が放火された。

ようするに、つまらないのである。(なぜ?)だからこそ、メーカーオプションでビームライフルが設定されていたのだ。隠れメーカーオプションとして有名であったが、自衛隊員と社長とセンター長と工場長しか知らなかったから、誰もつけなかった。あと、田原工場は陸軍工廠でなかったから、ビームライフルを生産できなかったという話もあるが、彗星から輸出してもらっていた。F-22とは大きな違いである。つまりは、ビームライフルのビームライフルによるビームライフルのための製品は作られず、エリオット・レムのエリオット・レムによるビームライフルのための製品が作られ、ゲルググには標準装備だった。

という話はさておき、最近は不思議なエアロパーツがはやっており、ブドウ型・オレンジ型・赤血球型・折り紙型が確認されている。「なにも付いていなかったのが、古き良き時代ということだな」と渡辺謙も言ったと言われている。なお、栗林大将は騎兵出身である。

アリストももともとは騎兵隊用の戦車として、開発していたが、時々タイヤが飛んでくるクルマのメーカーの盟友に戦車メーカーの座を奪われたため、61式戦車が完成したのだった。アリストにはついていなかったが、もしアリスト派生戦車が完成していたら、第1世代ナイトメアフレームの技術を転用した黄色いレバーを引いてプシューんとなるシステムが搭載され、ATフィールドを搭載した戦車が誕生していた。 デザインは試作5号機に近い感じだったという。そう、アキュラ・NSX後継車を作っていたと信じ込んでいる人は語っていた。

2代目(1998年 - 2005年)[編集]

パクリ元のアリストがモデルチェンジしたのをきっかけに、初代を製造していた某メーカーが再びレクサス・グッドグッドセダン(以下Goodie(グッディー))を製造開始したが、何者か(諸説有)によって工場が破壊され、倒産したため、今度こそと考えたのか卜ヨ夕自動車が製造を開始した。 エンジンは初代をふしゅうした2Lよりも貧弱なエンジン(以下twoy(ツーウィー))に加えて、他のエンジンが搭載されたらしいが、調べるのがメンドクサイノデWikipediaの頭の固い皆さんによる記事レクサス・GSを見てちょ~。
ちなみに、豆知識になるが社長がライバルだと主張している車両である、ホントの高級車が販売している燃費はEわけじゃないClasseの方が先に2眼丸目を採用したというのが現実で、アリストを開発した日本工業界の礎(以下「礎」)はベンツをなんとなんとなんと真似てしまったということだはっはっはっは。
というのは、都市伝説であり、自動車の開発には4~5年かかるうえ、この車をデザインしたのは児蛆荒尾弟挫院有限公司によってデザインされているので、「礎は無実だ」。
しかし、2眼丸目を勉通クンが先に採用したのは事実である。

まとめ[編集]

パクリは日本にも広がりつつある。

3代目(2005年 - present)[編集]

詳しくはその辺を走っているGoodieを穴があくほどじっくり見てほしい。そして穴をあけてきて♪(実際に開けるな)
ちなみに、「"present"は贈り物って意味だよ馬鹿じゃないの」と思った小学生諸君、辞書をひけ♪ 「ちょっと英語がわかるぐらいで浮かれていると因幡の白ウサギになるぞ」と仙波さんからの通達だ。
さて、3代目にモデルチェンジしたGoodieだが、燃費はそんなに良くない駄作ハイブリッドが追加された、3.5L 2GR-FSE型エンジンとモーターを組み合わせたそのシステムは、4Lエンジン+の代わりに発売されたことで有名で、Goodieの歴代モデルの中で、もっともくそなモデルであるのは周知の事実であるので仕方がないが、意外と燃費が良かったりするのがこの駄作Goodieハイブリッドである。

ノーマルエンジンのモデルでは、日本から駄作スーパースポーツを生み出さなくて済んだ諸悪の根源とも言える280ps自主規制のせいで、4Lなのに280psしか出ないくそエンジンを積んでいたGoodie430がGoodie350の後に発売されたが、滅ぼされた。滅ぼされた代わりにLSと同じエンジンを積んだGoodie460が発売されたが、ゲッパン台数は2ケタ以下と、カローラ並みである。

なお、Goodie350に標準装備となるのが、45インチハイパーレールガンという、防衛研究所の最新の技術を使っても作れないビームライフルを搭載しており、大日本帝國偉大なる将軍様の国に責められるような有事には一般人でもGoodiw350をもっていれば、愛する国家と国民のためそして何より敬愛するマリアンヌ皇妃(天皇陛下万歳)のために戦うことができる。さぁ、DQN共、レクサスの中古車を買え!(ただし、2095年モデルから標準装備)

なお、オレンジ色はない。

インテリアには、古さが漂い、BMWや超高級車にお取り、BMW・5シリーズなどには劣る。

有名な話、Goodieは可哀そうなことに、ESの次に地味な車種なのである。

あぁ、もう、DQNの諸君はアウディを買って。

4代目[編集]

ずーーーーーーーーと続いてきたため、誰もが採用されると信じていた4灯ランプは「4灯じゃなきゃだめなんですか?」しじみ廃止!!、ただの2灯ランプになってしまい、なんだかゴッテリとしたレゾリュートルックになってしまった。

エクステリアで目新しいものと言えば…、ホンダ・アコードBMW・3シリーズを足して2で割ったようなかっこいいテールランプを採用してみたり、「スピンドルグリル」と呼ばれる女性のくびれを思わせるセクシーなバーベキューグリルを設けた。

インテリアは「本棚のよう」と言われてきたが、まあ…、なんとなく本棚かな…。カーナビはiDriveに負けないように設置したリモートタッチに続き、BMWでみたような超ワイドな画面を搭載しているが、ナビゲーションの画面は普通サイズで、残りは別の情報が表示される。アメリカで大人気だったような気がするあの無限のブランドスカイラインとして売る気もまったくもってなかったミッドサイズFRセダンやダジャレを凝らした車名を付けた風雅でト短調な車のインテリアのカッコよさを見て、アナログウォッチサイズのアナログクロックをインパネど真ん中に鎮座させた。

エンジンはこれもまたバイエルン自動車製作所やメルセデスさんとベンツさんに関係のあるあの会社のように大胆なダウンサイジングを実施し、ヤマハと共同開発した新興国向け800cc 2気筒エンジンを搭載。その機動性は三輪車よりも低い。トヨタ・クラウンなどに搭載されるのと同じ4GR-FSE2,499ccの215ps(財布のひもが固くてエコな廃屋をつかはない日本では馬力を落としてレギュラー仕様に)を搭載した。

車名の由来[編集]

  • Glanza S - 要するにスターレットの1グレードということ。ちなみにGlanza Vにあたる「レクサス・GV」は存在しない。

関連項目[編集]


ペダルが引っ掛かります この「レクサス・GS」は、リコールのDMが届いていますアクセルペダルの交換をして下さるディーラーを求めています。 (Portal:スタブ)