レイプ目

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

レイプ目(-もく)とは、哺乳綱に含まれる分類である。霊長目の一部或いは亜目として使われる事も多く、分類上の表記揺らぎがよく見られる。

分布[編集]

温帯系の動物であり、アジアを中心に分布している。特に目立って個体数が多いのは日本近圏である。レイプ目の科は多岐に渡るが、メガネ科やヤンデレ科など日本以外では個体数が極めて少ないものも存在する。ヨーロッパには殆ど生息せず、また南米を含めたアメリカ大陸にもほぼ存在しない。

特徴[編集]

レイプ目は哺乳綱霊長目に極めて近い形態を持つが、眼球の組織に差異があり目に光沢がない事が外見上の特徴として挙げられる。焦点が定まらないように見えるが視認能力は霊長目と同等である。絵画の題材とする場合は瞳を単色に塗り潰す手法が用いられる。

行動の特徴としては非常に受け身であり、魚河岸のマグロのように無気力な個体が多い。言語能力はあるが、何を言ってもただ頷くだけで返答意欲を持たないように見受けられる。その「無抵抗感」故に近縁種からの性的暴行を受けやすく純血個体は極めて少ない。

生態[編集]

レイプ目の多くは夜行性であり、人気のない場所を真夜中に歩き回る。また閉鎖箇所を好み、入り込んで動かない事もある。生活環境は他の霊長目に準じる。

食性は多岐に渡るが、中でも糖分の多い食物を好んで食する。反面拒絶する食物はあまり無く、第三者が口元に何かを押し当てた場合そのまま捕食する。

研究について[編集]

もともとは霊長目の変質系と思われていたレイプ目だが、2003年頃に独立目として研究が始まった事で一気に解明が進んでいった。個体数の多さから研究の先進は日本であり、多くの研究資料が世に出ている。またその過程で生殖遺伝子の環境特異化によるものかメス個体の数が非常に多いことも判明し、同種オスの餌付けを成功させ純血個体の繁殖を進めようという動きも始まっている。

ヒトの近縁種はその殆どが絶滅しているが(ホモ・ギガンテス等)、このままレイプ目の研究が進んでいけばその不幸な道を辿らず共存の道を選べる可能性もある。今後に大きな期待が寄せられる。

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「レイプ目」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「レイプ目」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「レイプ目」の記事を執筆しています。